SONYレンズ SONY中・望遠レンズ 海外の評価

ソニーFE 85mm F1.4 GMは優れた解像性能と綺麗なボケを兼ね備えたポートレートレンズ【海外の評価】

【広告】フジヤエービックで「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」アウトレット82,800 円(税込)

スポンサーリンク

Mobile01がソニー「FE 85mm F1.4 GM」のレビューを掲載しています。

Mobile01:奶油散景的重新定義 Sony 85mm f/1.4 GM

  • M・Aモード時に絞りリングを操作して絞り値を決定することが可能だ。「A」ポジション時はボディ側でダイヤル操作が可能である。右側面のスイッチでクリックを無効にすることができる。これは動画撮影時に便利だ。
  • 後玉は動かないため、内部は密閉されている。
  • レンズマウント部にはガスケットが備わっており、水滴や埃の侵入を防ぐことが可能だ。
  • 側面にはフォーカスホールドボタンを備えている。
  • 最短撮影距離は85cmだが、マニュアル操作で80cmまで寄ることが出来る。
  • 11枚の絞り羽根によりほぼ完璧な円形を維持している。
  • 円形レンズフードの内側には反射防止用の植毛が施されている。
  • ボケはとても良好だ。ボケの縁取りが弱く、全体的にとても柔らかい描写となる。2線ボケの傾向は全くない。四隅における口径食の影響は大きい。
  • 大きく重いレンズのため、フォーカス速度は速くない。とは言え、このクラスのレンズはどれも速くないので、「遅い」と評価することは出来ない。35mmや50mm、70-200mmなどと言ったレンズと比べると遅く感じるかもしれない。85mm F1.4としては十分なフォーカス速度であり、正常だと思われる。
  • 中央シャープネスは絞り開放からとても優れている。F2~F4まで絞っても軸上色収差の色づき以外で違いはほとんど無い。F2.8とF5.6でほぼ同じシャープさである。四隅はF8まで絞ると同程度までシャープとなる。
  • F1.4~F5.6の絞り値で色収差を確認できる。
  • 逆光では緑色のゴーストを見つけることが出来る。
  • コマ収差補正は完璧と言えないが、特に深刻な問題でもない。夜景では軸上色収差による色づきも見られる。
  • シャープネスはOtusと同等と言う訳では無いが、とても良好な性能に違いない。実写では大部分がF1.4から実用的な画質だ。パープルフリンジが少し目に付くが、拡大しなければ大きな問題とはならない。

優れた解像性能と非常に良好なボケ描写を兼ね備えたレンズだ。Eマウント用ポートレートレンズとしては最適な1本である。

参考:クリック時の絞り操作

参考:デクリック時の絞り操作

参考:フォーカススピード

Mobile01:奶油散景的重新定義 Sony 85mm f/1.4 GM

とのこと。

発売から3年ほど経ちますが、ソニーEマウント用85mm大口径レンズの有力候補として筆頭となるレンズですね。最新レンズほど完璧な軸上色収差の補正ではありませんが、作例を見る限りでは他社の一眼レフ用レンズと比べて十分良好な補正状態と言うことが出来そうです。
解像性能もF4まで絞れば四隅までかなりシャープな描写に見えます。
オートフォーカスはポートレートには十分な速度に見えますが、動き物を追いかけるには少し心もとないフォーカス速度と感じます。

実勢価格は18万円前後。やや高価な部類のレンズではあるものの、キヤノンの「RF85mm F1.2L USM」と比べるとまだまだ安い。シグマが「DG DN」シリーズの85mmをどのような価格設定で投入するのか気になるところですねえ。

FE 85mm F1.4 GMのレビュー・作例を集めるページはこちら

FE 85mm F1.4 GM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo 直営店icon
フィルター購入早見表
プロテクト C-PL ND ソフト
X-CAP

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
LAOWA 最大1万円 -2020/1/13 2020/1/13
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Nikon 最大4万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SONYレンズ, SONY中・望遠レンズ, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.