Canonレンズ Canon標準レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 特許情報

キヤノン「RF-S18-45mm F4.5-6.3」となりそうな特許出願

2021年10月11日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開。APS-Cミラーレス用の「18-45mm F4.5-6.3」となりそうな実施例を含んでいます。

概要

  • 【公開番号】特開2021-162822(P2021-162822A)
  • 【公開日】2021年10月11日
  • 【発明の名称】ズームレンズおよび撮像装置
  • 【出願日】2020年4月3日
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】軽量化されたズームレンズを提供する。
  • 【0002】
    スチルカメラ、ビデオカメラおよび監視用カメラ等の撮像装置に用いられるズームレンズとして、特許文献1には、最も物体側のレンズ群が負の屈折力を有するネガティブリード型ズームレンズが開示されている。

実施例1

  • 焦点距離:18.53-43.65
  • F値:4.54-6.50
  • 半画角:33.78-17.38
  • 像高:12.40-13.66
  • 全長:92.00-83.05
  • バックフォーカス:30.20-51.20

像高から察するに、キヤノンAPS-Cセンサー用のズームレンズ。ただし、広角側は像高が12.40mmと少し小さすぎるので、画像処理によって引き延ばす可能性あり。全体的にバックフォーカスが長めとなっているので、沈胴構造を採用したミラーレス用レンズでしょうか?収納時はコンパクトですが、バックフォーカスがかなり長く、使用時の全長は長すぎるように見えます。

2019年に登場した特許出願と似ていますが、今回は別物。広角端の焦点距離が18.53mmと抑え気味で、動画撮影には画角が少し狭いと感じるかも。
問題はこのレンズがRFマウント用なのか、EF-M用なのか、ということ。正直にな所、EOS Mシステムのレンズラインアップを更新するとは思えず、EOS Mユーザーの受け皿として、手ごろなRFマウントシステム登場のほうが可能性が高そう。

実施例4

  • 焦点距離:20.01-43.64
  • F値:4.60-6.50
  • 半画角:31.79-17.38
  • 像高:12.40-13.66
  • 全長:90.65-80.61
  • バックフォーカス:32.94-50.55

全体的に似たコンセプトのレンズですが、広角側の焦点距離はさらに長い20.01mm。面白い試みのようにも見えますが、キヤノンがこのようなレンズをリリースするとは思えません。

 EF-M レンズ

特許関連記事

-Canonレンズ, Canon標準レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 特許情報