Canonレンズ Canon標準レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 特許情報

キヤノン「RF-S 15-45mm F4.5-6.5」「RF-S 24-35mm F9.5-11」となりそうな特許出願

【広告】Amazon prime day開催中 2021/6/21~6/22

2021年6月3日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開。APS-Cミラーレス用と思われる「15-45mm F4.5-6.5」や「24-35mm F9.5-F11」など小型標準ズームレンズに関する実施例を含んでいます。

  • 【公開番号】特開2021-86024(P2021-86024A)
  • 【公開日】2021年6月3日
  • 【発明の名称】ズームレンズおよびそれを有する撮像装置
  • 【出願日】2019年11月28日
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】 軽量でありながら優れた光学性能を有するズームレンズを実現すること。

実施例1 実施例2
焦点距離 15.46-43.65 18.53-43.65
F値 4.16-6.50 4.56-6.50
半画角 38.73-17.38 33.78-17.38
像高 12.40-13.66 12.40-13.66
全長 96.84-84.27 89.11-81.40
BF 26.19-49.18 28.48-47.77
実施例5 実施例6
焦点距離 16.41-43.65 20.01-43.65
F値 4.21-6.50 4.60-6.50
半画角 37.08-17.38 31.79-17.38
像高 12.40-13.66 12.40-13.66
全長 99.00-83.61 92.00-83.15
BF 24.60-45.64 33.77-52.69
実施例8 実施例
焦点距離 24.50-35.50
F値 9.41-11.00
半画角 23.84-21.05
像高 12.40-13.66
全長 85.00-76.68
BF 36.70-43.53

像高からキヤノンAPS-Cセンサー向けの標準ズームレンズを想定した特許のようです。現行の「EF-M15-45mm F3.5-6,3 IS STM」とは異なる、レンズ構成枚数の少ない標準ズームですね。ミラーレス用としてはバックフォーカスが少し長く、沈胴機構を搭載する余地があるかもしれません。
パラメータを確認してみると、開放F値が比較的大きく、カメラのレンズキット用のような印象を受けます。広角側でキヤノンAPS-Cセンサーよりも小さな像高となってしまいますが、おそらく現行の「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」と同じく、強い歪曲収差補正で引き延ばすものと思われます。収差図を見ると、歪曲収差が完全にデジタル補正丸投げとなっていることからも、その可能性が高い。(普段は収差図までブログで取り上げないものの、歪曲収差の曲線が左隣の非点収差までかかっているのが面白かったので掲載しました。)

また、最後の実施例で「25-35mm F9.5-11」とショートズームの面白いパラメータを掲載しています。絶望的な開放F値ですが、そのぶん非常にコンパクトなズームレンズとなりそうです。
いつものように、これらの特許出願が実用化されるかどうかはまだ不明です。ですが、キヤノンが小まめにAPS-Cミラーレス用レンズの特許を出願しているのは事実です。将来的にAPS-Cミラーレスが登場するかもしれませんね。

参考:キヤノンRFレンズ一覧

RF ズームレンズ
RF 単焦点レンズ

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Canonレンズ, Canon標準レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 特許情報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER