Tamronの情報 Tamronレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 特許情報

タムロンのAPS-C一眼レフ向け高倍率ズームレンズに関する特許出願

18-200mm DI II VCリニューアルなるか?

2020年6月4日付けでタムロンの気になる特許出願が公開されています。APS-C一眼レフに適した高倍率ズームレンズのようですね。18-200mmVCをリニューアルするのか、はたまたP社のOEMなのか?そもそも実用化されないか?

  • 【公開番号】特開2020-86323(P2020-86323A)
  • 【公開日】2020年6月4日
  • 【発明の名称】ズームレンズ及び撮像装置
  • 【出願日】2018年11月30日
  • 【出願人】
    【識別番号】000133227
    【氏名又は名称】株式会社タムロン
  • 【課題】本件発明の課題は、低コスト化を図りつつ、小型で光学性能の高いズームレンズ及び撮像装置を提供することにある。
実施例1 実施例2 実施例3
焦点距離 18.442-103.541 18.495-194.355 18.508-104.128
F値 3.728-5.718 3.606-6.486 4.089-5.791
半画角 39.955-7.706 40.246-4.182 40.739-7706
像高 14.500 14.500 14.500
全長 128.620-185.651 122.371-189.958 123.965-182.641

類似する特許出願

  • 【公開番号】特開2020-86324(P2020-86324A)
  • 【公開番号】特開2020-86325(P2020-86325A)
  • 【公開番号】特開2020-86326(P2020-86326A)
  • 【公開番号】特開2020-86327(P2020-86327A)
  • 【公開番号】特開2020-86328(P2020-86328A)
  • 【公開番号】特開2020-86331(P2020-86331A)

バックフォーカスが長く、一眼レフに適した設計の高倍率ズームレンズのようですね。像高はAPS-C用となっており、光学手ぶれ補正も想定している模様。
似たような特許出願が6つも存在しますが、基本的には「小型軽量」「低価格」「光学手ぶれ補正」を基調としている模様。

レンズ構成を見た限りでは既存の「18-200mm F/3.5-6.3 Di Ⅱ VC」では無さそうですね。2015年に登場した高倍率ズームレンズですが、そろそろリニューアルを検討しているのでしょうか?
正直なところ、今さらAPS-C一眼レフ用の高倍率ズームを投入するとは思えません。実用化されることは無いのかなと…。(ひょっとしたらPENTAX Kマウント向けのOEMとなる可能性あり?)

参考:タムロン製APS-C一眼レフ用レンズ

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Tamronの情報, Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 特許情報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~