Canon Canon関連の情報 EOS R5 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

キヤノンが「EOS R5」「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」他7本のレンズを開発発表

キヤノンが噂されていた新型フルサイズミラーレス「EOS R5」「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」他8本のレンズを開発発表しました。

キヤノンは、長年カメラの自社開発で培ってきたCMOSセンサーや映像エンジン、光学などの技術を結集し、「EOS Rシステム」の次世代フルサイズミラーレスカメラ"EOS R5"を開発しています。
また、2020年中の発売を目指し、計9機種のRFレンズの開発を進めています。魅力的なカメラ、レンズをラインアップに加えることで「EOS Rシステム」を強化していきます。

プレスリリース/スペシャルサイト

  • EOS R5
  • 8K・4K動画
  • 新開発のフルサイズCMOSセンサー
  • 電子シャッターによる20コマ秒連写
  • メカシャッターによる12コマ秒連写
  • ボディ内手ぶれ補正
  • レンズ光学手ぶれ補正との協調補正
  • マルチコントローラー
  • 背面ホイール
  • デュアルメモリーカードスロット
  • クラウドプラットフォームへの自動転送機能
  • RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM
  • エクステンダーRF1.4×
  • エクステンダーRF2.0×
  • 他6本のRFレンズを開発中であり、2020年内の発売を目指す

ついに「EOS R5」が開発発表されましたね。噂通り、キヤノン初となるボディ内手ぶれ補正やマルチコントローラー、背面ホイールを搭載したカメラとなるようです。8K動画に対応とは驚きですね。それなりの解像性能を期待できそうです。

EOS-1D X Mark IIIと同じAF-ONデバイスは搭載していないように見え、EOS Rのタッチバーも無くなっているように見えます。EOS Rと同じ小型ボディながら、操作性は5Dシリーズに近づいている模様。

RFレンズは「100-500mm」とエクステンダー2本が明らかとなり、さらに6本のレンズを開発中とのこと。レンズロードマップは明らかとしていませんが、キヤノンのスピード感は凄いですね。どのようなレンズが今後登場するのか気になる所です。

(追記:同時発表の「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」も含まれている模様。このため、未公開の開発中レンズは5本です。)

EOS R5に関する情報はコチラ

噂情報

赤色は確定・太字が可能性の高い情報

  • モデルネーム:EOS R5
  • 4500万画素 フルサイズCMOSセンサー
  • ボディ内手ぶれ補正
    ・ボディ内5段補正
    ・レンズ協調補正で7~8段
  • メカシャッター12fps連写
  • 電子シャッター20fps連写
  • 背面にスクロールホイール
  • タッチバー無し
  • 一眼レフのような静止画・動画切替
  • 大容量バッテリーだがLP-E6のように見える
  • 8K 30fps
  • 4K 120fps
  • 4K 60fps
  • 5GHz WiFi
  • 新型バッテリーだが、EOS 5D Mark IVと互換性あり
  • CP+に向けて(開発)発表される
  • 2020年7月にローンチ
    (我々はこれが発売日を意味していると想定している)

サイト案内情報

EOS R5関連記事

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-Canon, Canon関連の情報, EOS R5, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~