「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Tamronの情報 Tamronレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

タムロン17-28mm F/2.8 Di III RXDはソニーGM以上の遠景解像性能【海外の評価】

スポンサーリンク

Camera Labsがタムロンのミラーレス用交換レンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)」のレビューを掲載しています。

  • サイズは73mm×99mmでズーミングによる全長の変化は無い。重量は420gであり、F2.8ズームレンズとしてはとても軽量だ。
  • 最短撮影距離は0.23mだが、レンズ前面からわずか0.11mしか余裕が無い。
  • フィルターは67mmである。ソニーGMの82mmと比べて遥かに低コストのフィルターを利用できる。
  • 価格はなんとソニーGMの半値以下だ。
  • 28mm使用時におけるピント位置の再現性は97.2%と良好だ。α7R IIとの組み合わせで40コマ中にピントミスは確認できない。
  • 31mm幅のズームリングは65度の回転角を持つ。かなり硬いので指一本での操作は難しい。
  • 13mm幅のフォーカスリングはとても滑らかで指一本での操作が可能だ。
  • ある程度のフォーカスブリージングが見られる。ピント距離が近いと画角が少し広がってしまう。
  • F2.8ズームは軸上色収差の補正が完璧では無い傾向があるが、このズームレンズはとても良好な性能だ。絞り開放から色ずれはほとんど無い。ただし、F2.8からF4に絞るとピントが少し移動する。
  • シャープネス(17mm)はAPS-Cイメージサークル内において全域がとても良好だ。ただし、フルサイズ四隅、特に17mmは強い非点収差で甘くなっている。ソニーGMの絞り開放はタムロンより中央や四隅がよりシャープだ。しかし、タムロンはF4まで絞ると中央やAPS-Cフレームまでとてもシャープになる。
  • シャープネス(20mm)はF4まで絞ると優れた中央解像となり、APS-CフレームはF5.6まで絞ると同様に優れた解像性能を発揮する。フルサイズ四隅もまたとても良好だ。ソニーGMはタムロンのF4と同程度に開放から優れている。
  • シャープネス(24mm)の中央解像はソニーと同程度だが、絞り開放におけるAPS-C枠やフルサイズ四隅はまだ少し劣っている。
  • シャープネス(28mm)はF4でとても優れたパフォーマンスを発揮するが、フルサイズ四隅はF5.6まで絞る必要がある。ソニーGMは四隅のパフォーマンスでまだ有利だ。
  • 遠景では非常に優れたパフォーマンスを発揮する。フルサイズ四隅でさえ、F2.8からとても実用的だ。ただし、28mmだけ少しソフトである。
    ・17mmはソニーGMと非常によく似た性能だ。
    ・20mmでもソニーGMと非常によく似た性能だ。
    ・24mmではソニーGMよりもシャープなAPS-C、四隅の画質となる。
    ・28mmでもソニーGMより良好だ。
    ・遠景解像はとても見事なパフォーマンスである。
  • 周辺減光はレンズプロファイルを適用しても完全には解消しない。
  • 歪曲収差は17mmで樽型、強い陣笠状となる。ズームすると急速に糸巻き型歪曲へと変化する。
  • コマ収差(17mm)はソニーGMと同じくらい良好な補正だ。28mmでもとても良好である。
  • 玉ボケはソニーGMよりも強めの玉ねぎボケとなる。口径食の影響はどちらも穏やかだ。
  • クローズアップの場合、APS-Cフレームまではとても実用的な結果となる。
  • フレアやゴーストはほとんど発生しない。
  • FE16-35mm F2.8 GMはタムロンより明らかに大きく重く、遥かに高価だ。しかし、2.2倍の光学ズームと近接でも非常にシャープな光学性能である。しかし、遠景や一般的な撮影距離ではタムロンと互角で、24mmや28mmはタムロンのほうが良好だ。軸上色収差・コマ収差・ボケ・逆光耐性もよく似ており、たまにタムロンがリードする。

逆光時でもコントラストが維持され、シャープな描写だ。中距離の四隅はシャープでは無いものの、風景や建築物のような撮影ではソニーGMよりさらにシャープである。光学1.6倍ズームを許容できるのであれば、明らかにおススメできるレンズだ。

長所:F2.8ズーム・小型軽量・防塵防滴・主に遠景で良好な画質・逆光耐性・とても使えるクローズアップ性能・ソニーGMの半値・信頼性の高いAF

短所:近距離における四隅の画質・クローズアップ時の撮影距離がほとんど無い・制限されたズームレンジ・騒がしい後ボケ

Camera Labs:Tamron 17-28mm f2.8 Di III review

とのこと。

全体的にSony Alpha Blogと似たような結果となっていますが、特に遠景解像の評価はソニーGM以上となっているみたいですね。ズームレンジはとても狭いですが許容できればコストパフォーマンスの高い広角ズームレンズとなってくれそうです。

私も発売日にゲットしましたが、確かに遠景解像は良好で2400万画素のα7 IIIでは全く問題無し。Camera Labsではα7R IIと組み合わせで評価の低い近景解像も2400万画素では特に欠点とは感じません。逆光耐性も確かに凄い。

しかし、個人的なおススメポイントは光学性能よりもインナーズーム機構の小型軽量サイズ。これぞミラーレスの広角ズームと言った感じですね。是非ともNikon ZやCanon RFマウントも用意して欲しいところ。

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)のレビュー・作例を集めるページはコチラ

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

スポンサーリンク

関連レンズ

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Tamronの情報, Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.