SIGMAレンズ カメラ レンズ 海外の評価

シグマ24-70mm F2.8 DG DNはデジタル補正を活用しながら最高のパフォーマンスを目指したレンズ【海外の評価】

【広告】ワイドトレード Leofoto製品などのスーパーセール開催中

スポンサーリンク

Digital Camera Worldがシグマのフルサイズミラーレス用レンズ「24-70mm F2.8 DG DN」のレビューを掲載しています。

Sigma 24-70mm f/2.8 AF DG DN Art review

  • 19枚のレンズ構成のうち、3枚の非球面レンズ、3枚のSLDレンズ、そしてFLDレンズを6枚も使用している。
  • 一眼レフ用「24-70mm F2.8 DG OS HSM」と比べて絞り羽根の枚数が増加し、ナノポーラスコーティングを導入している。
  • オートフォーカスはリングタイプUSMからステッピングモーターへ置き換わっている。マニュアルフォーカスは電子制御式だ。
  • 真鍮製のレンズマウントから樹脂製フードに至るまで、プログレードのビルドクオリティだ。さらに防塵防滴仕様が施されている。
  • ズームリングにはロックスイッチがあるものの、自重落下の兆候は見られない。
  • ズームリングとフォーカスリングの配置は一眼レフ用と逆になっている。
  • カメラ内補正をオフにすると周辺減光と歪曲収差が目立つ。
  • オートフォーカスは非常に高速で静かだ。最短撮影距離が短いので、有効活用する場合はフードを外す必要がある。
  • ズームレンジ全域でシャープネスとコントラストが優れている。ただし、F2.8で周辺減光がとても目立ち、広角側で陣笠状の樽型歪曲が発生する。ただし、これらはボディ内補正で調整可能だ。
  • 逆光耐性はとても優れている。
  • ボケは綺麗で滑らかだ。
  • 中央シャープネスはズームレンジ全域で優れている。四隅は中央ほど見事では無いが、全ての絞り値で一貫したパフォーマンスを得ることが出来る。
  • 倍率色収差は全域で良好に補正している。
  • 歪曲収差は24mmで中程度の樽型、50mm以上で糸巻き型だ。

最高のビルドクオリティと操作性だ。ズームリングやフォーカスリング、そしてボタンやスイッチが洗練されている。レンズは適切な重量でとても頑丈だ。オートフォーカスは超高速・正確・無音で動作する。

光学性能は他のミラーレス用レンズと同じく完璧では無い。歪曲や周辺減光はボディ内補正に依存している。しかし、最高のパフォーマンスを実現するためには、ある程度カメラ内補正を活用する必要があるのだろう。

価格設定を考慮すると非常に価値のあるレンズだ。純正24-70mm F2.8の半値で買うことができる。

長所:優れたビルドクオリティ・ハイテク光学性能・超高速AF

短所:一般的だが大きく重い・未補正時の歪曲収差と周辺減光

Digital Camera World:Sigma 24-70mm f/2.8 AF DG DN Art review

とのこと。
確かに周辺減光や歪曲収差は目立ちますが、解像性能やボケの綺麗なレンズに仕上がっていますね。既にAdobe製品ではレンズプロファイルに対応しているので、パソコンでのRAW現像時に歪曲や周辺減光が問題となることは少ないはず。

解像性能は確かに良好。特に望遠端でパフォーマンスを維持した大口径ズームは少ないはず。ただし周辺減光が強く、補正時のノイズ増加が懸念されます。解像性能で最高のパフォーマンスを得たいのであれば少し絞って使った方が良いでしょう。

24-70mm F2.8 DG DNの最新情報を集めるページはコチラ

サイト案内情報

24-70mm F2.8 DG DN関連記事

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.