SIGMAレンズ 機材レビュー 海外の評価

シグマ 50-100mm F1.8 DC HSMは非常にお買い得なレンズ

Digital Camera Worldがシグマ「50-100mm F1.8 DC HSM」のレビューを公開。ズーム全域で一貫した解像性能を備え、色収差や歪曲収差も良く抑えられている模様。

Digital Camera World:Sigma 50-100mm f/1.8 DC HSM Art review

外観・構造:

  • F2.8レンズと比べて1.33段も大きな口径のレンズだ。

携帯性:

  • 記載なし。

操作性:

  • 記載なし。

フォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 手ぶれ補正は搭載していないが、F1.8を活かした高速シャッターを利用できる。

解像性能:

  • 絞り開放から良好なシャープネスでコントラストも高い。
  • F2.8まで絞るとさらにシャープとなる。
  • ズーム両端で中央はとても良好だ。中間域で少し低下するが、絞ると改善する。
  • 隅は絞り開放で平凡だが、欠点は見当たらない。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • F2.8まで絞るとボケ味が良くなる。

色収差:

  • 隅に向かって色収差が少し残っているが無視できるレベルだ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 広角側で僅かな樽型だ。
  • 望遠側で最小限の糸巻き型である。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

キヤノンおよびニコンデジタル一眼レフカメラで、それぞれ80-160mmおよび75-150mmに相当するズームレンズだ。70-200mmほど幅広いズームレンジではないが、ズーム全域でF1.8を利用できるのは魅力的だ。F1.8の単焦点レンズ3本を置き換えることができると考えれば、非常にお買い得なレンズである。

  • 長所
    ・F1.8
    ・ズームレンジ
    ・見事な性能
  • 短所
    ・防塵防滴に非対応
    ・重い
    ・動画に適さないAF

とのこと。
2016年に登場したAPS-C用の望遠大口径ズームレンズですね。前代未聞の18-35mm F1.8に引き続き、開放F値 F1.8で50-100mmの焦点距離をカバーしています。解像性能はズームレンジ全域で一貫しており、特に中央は非常にシャープである模様。APS-C用のシグマレンズとしては高価ですが、F1.8ズームと考えると安いと言えるかもしれません。アダプター経由で利用できる「EOS R7」の登場で、手ぶれ補正や高性能のAFを利用できるようになり扱いやすくなりましたね。もちろん、カメラとのバランスは悪いかもしれませんが…。

シグマ 50-100mm F1.8 DC HSM|Art 最新情報まとめ

50-100mm F1.8 DC HSM Canon EF
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
50-100mm F1.8 DC HSM Nikon F
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
50-100mm F1.8 DC HSM SIGMA SA
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連記事

-SIGMAレンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-