「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SIGMAレンズ カメラ デジタルカメラ総合 レンズ 機材レビュー 海外の評価

シグマ 56mm F1.4 DC DN | Cは完全無欠の解像性能と滑らかなボケ【海外の評価】

投稿日:

ePHOTOzineがシグマの交換レンズ「56mm F1.4 DC DN | C」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

未補正の歪曲以外は良好な性能

  • レンズフードは正確かつ滑らかに装着できる。
  • レンズの仕上がりは高水準だ。
  • 光学手振れ補正は搭載されていないため、ボディ内手振れ補正に頼らざるを得ない。
  • 中央シャープネスはF1.4からF11までexcellentであり、F16でも依然としてvery goodだ。四隅はF1.4-F2.8までvery good、F4-F11でexcellent、F16でvery goodだ。パフォーマンスはもちろん完全無欠だ。
  • 色収差はとても高水準に補正されている。四隅でさえ1ピクセル以下だ。
  • 歪曲収差はカメラ内で自動補正されるが、未補正のRAWでは3.36%と目立つ糸巻き型である。ソフトウェアによる補正は間違いなく必要だ。
  • ボケは本当に心地よく滑らかだ。騒がしい兆候はなくポートレートに最適だ。
  • ゴーストがハッキリと見えるため、フレアを発生させることは可能だが実写で大きな問題とはならない。
  • 周辺減光はF1.4で-1.7EV、F2で-1.6EV、F2.8で-1.5EV、F4で-1.4EV、F5.6で-1.3EV、その後は-1.2EVだ。
  • 価格設定を考えると優れたクオリティである。

SIGMA 56mm F1.4 DC DN Cは抜群のパフォーマンスのレンズだ。優れたシャープネスと手ごろな価格設定は特筆に値する。全体的にとても満足のいくレンズでありエディターズチョイス賞に相応しい。

長所:優れたシャープネス・高度に補正された色収差・滑らかなボケ・ハイクオリティな仕上がり・防塵防滴・高速で正確なAF

短所:歪曲・レンズの操作部材が少ない・光学手振れ補正無し

とのこと。

私はマイクロフォーサーズ用を手に入れましたがやはりとても良いレンズだと感じています。指摘されている歪曲収差は自動補正され、特に粗を感じない優れたパフォーマンスです。特に後ボケが滑らかで、この周辺の単焦点レンズとしては貴重な存在かと思います。指摘していませんが、前景の小ボケ領域は少し硬めと感じます。

Sony Eマウント用では周辺減光が1段ちょっと残存するようですが補正しやすいので特に問題とはならないかもしれませんね。

56mm F1.4 DC DN | Cのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

56mm F1.4 DC DN Contemporary ソニー Eマウント
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
56mm F1.4 DC DN Contemporary マイクロフォーサーズ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
LH582-01 レンズフード
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SIGMAレンズ, カメラ, デジタルカメラ総合, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価