「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon Canonレンズ EOS R EOS ミラーレス一眼 Nikon Nikon Z 7 / Z 6 Nikonレンズ RFレンズ Z NIKKOR カメラ デジタルカメラ総合 レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

RF24-105mmとNIKKOR Z 24-70mmとM.ZUIKO 12-100mmの点光源を撮り比べる

投稿日:

RF35mm F1.8 MACRO IS STMをレビューするついでに「キヤノン RF24-105mm F4L IS USM」と「ニコン NIKKOR Z 24-70mm F4 S」の点光源(イルミネーション)描写をチェックしてみました。

点光源撮り比べ

光学倍率やセンサーサイズが異なるので参考までに。

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

光条

絞り羽根は7枚の円形絞り。キヤノンやソニーの標準ズームが9枚絞りと考えるとやや少ない。

これがボケに悪影響を出しているとは感じられませんが、光条の形状は9枚絞りとは明らかに異なります。(9枚絞り=18本・7枚絞り=14本)派手さは劣りますが、点光源が多いイルミネーションでは程よい光条の本数だと感じます。

コマ収差

像高7~8割程度は(多少変形するが)絞り開放からまずまず良好。

四隅の点光源変形は比較してやや大きめ。ただし、キヤノンRF24-105mmほどではない感じ。

作例

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

RF24-105mm F4L IS USM

光条

Z 24-70mm F4と比べて絞り羽根が多い。点光源が多いとやや騒がしい光条となってしまうが、工場や夜景などではイイ感じ。

コマ収差

Z 24-70mm F4よりも点光源が変形する領域が広く、変形度合いがやや強め。

作例

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

コマ収差

「おお、そういえば悪魔のズームレンズもカバンに入っていたな」と言うことで緊急参戦。(場所と距離、露出が少し違うので参考までに)

結果から言うと3本で最も良好。

なんで高倍率なのにここまで良いの?と感じる程に狂気の良補正。フルサイズほどカメラの高感度や低照度性能は良くないものの、このレンズの手振れ補正やコマ収差補正、そして深い被写界深度を考えると十分に使えるレベル。

光条

今回はサンプルを用意していないので感想のみ。

絞り羽根は7枚で14本光条。

ただし、他2本と比べるとかなり控え目な形状。F11で僅かに光条となり始め、最小口径のF22まで絞ってやっと光条っぽくなる。

完全無欠と思われる悪魔のズームレンズでは貴重なウィークポイント。

作例

スライドショーには JavaScript が必要です。

今回使用した機材

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canon, Canonレンズ, EOS R, EOS ミラーレス一眼, Nikon, Nikon Z 7 / Z 6, Nikonレンズ, RFレンズ, Z NIKKOR, カメラ, デジタルカメラ総合, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー