Canonレンズ Canon広角レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー 解像力チャート

キヤノン「EF-S24mm F2.8 STM」交換レンズレビュー 近距離解像編

このページではキヤノン「EF-S24mm F2.8 STM」の近距離における解像性能のレビューを掲載しています。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2014年11月13日 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:5群6枚
  • 開放絞り:F2.8
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:7枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.16m
  • 最大撮影倍率:0.27倍
  • フィルター径:φ52mm
  • レンズサイズ:φ68.2×22.8mm
  • 重量:125g

2014年に登場したEOS APS-C一眼レフに対応する単焦点レンズ。
比較的新しいキヤノン製APS-C用レンズであり、これ以降のレンズは「EF-S 18-135mm USM」「EF-S 18-55mm STM(後期型)」「EF-S 35mm F2.8」のみ。以降はミラーレスへと軸足が移り、新レンズ登場の兆しはありません。

EF-S 24mm F2.8 STMは重量が僅か125g、全長22.8mmと非常に短く、いわゆる「パンケーキレンズ」と呼ばれているコンパクトな形状のレンズです。小型軽量なEOS Kissシリーズと相性が良いほか、アダプター経由でEOS Mシリーズと組み合わせても十分満足のいく携帯性を発揮します。

開放F値は「F2.8」と、単焦点レンズとしてはやや暗めで夜間や屋内の撮影に強いと言えず、ボケもあまり大きくなりません。正直に言えば「安くてコンパクト」が強みと言えるレンズです。
ただし、最短撮影距離が0.16mと短く、撮影倍率は0.27倍と高いため、被写体へ一歩踏み込んでボケを大きくすることが可能。

レンズ構成は5群6枚。うち1枚に非球面レンズを使用して収差を効果的に補正しています。MTF特性図を確認すると、30本/mmにおける非点収差の補正がイマイチのように見えますが、四隅まで極端に荒れない安定した描写が得られるように見えます。

価格のチェック

新品で15,000円前後、中古で12,000円程度と手ごろな価格設定です。キヤノン純正のAPS-C用レンズとしては最も安く、キットレンズに追加する単焦点レンズとして検討している人も多いはず。15,000円の価格設定が適正と言えるのかどうか、これから見ていきたいと思います。

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
EF-S24mm F2.8 STM 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報
レンズフード ES-52 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報
レンズポーチ LP811 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報
レンズキャップ E-52 II 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報
レンズダストキャップ E 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報

解像力チャート

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:EOS R5(APS-Cクロップ)
  • 交換レンズ:EF-S 24mm F2.8 STM
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • EOS R5のRAWファイルを使用
  • ISO 100 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェックしています)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証しています。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性があります。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

テスト結果

中央

F2.8から「2500」を超える非常に良好な性能を発揮しています。1700万画素のAPS-Cクロップでここまで解像するなら文句なし。2400万画素や3250万画素でも良好なパフォーマンスを期待出来るはず。

絞ると徐々に向上し、最終的にF5.6でピークの「3545」に到達します。これは文句なしに素晴らしい性能。そこから先は回折の影響で性能が急速に低下します。F11付近までは実用的な画質と言えますが、F16付近からコントラストの低下などが顕著。F16~F22は必要な場合を除いて避けたい絞り値。

周辺

絞り開放は中央と比べるとややソフトな描写です。コントラストも低いので、ヌケの良いシャープな画質を得るには少なくとも1段、出来れば2段絞りたいところ。
F5.6からF11までは安定したパフォーマンスを得ることが出来ます。被写界深度と四隅の必要性のバランスを取りながら絞り値を調整すると良い感じ。

四隅

F2.8の結果は周辺テストと比べても少しソフトな描写に見えます。これを改善するのであれば、2段は絞りたいところ。ピークの性能を得るにはさらに1段絞り、F8~F11付近を使うのがおススメ。フレーム全体のバランスを考慮すると、ベストな選択肢はF8。四隅の画質が問題なければF4~F5.6を選択するのもアリ。

数値確認

中央 周辺部 四隅
F2.8 2815 1859 1602
F4.0 3060 2348 1621
F5.6 3545 2658 2221
F8.0 2873 2715 2538
F11 2640 2715 2536
F16 2377 2287 2442
F22 1968 2012 1937

実写確認

実写を確認しても中央は絞り開放からとてもシャープな描写。周辺もまずまず良好ですが、四隅は少しソフトに見えます。全体的な画質の均質性を重視するのであれば、F5.6~F11あたりを使うと良い感じ。

総評

価格とレンズを考慮すると十分良好だと思います。特に中央解像は最新の高画素センサーでも十分に耐えうる性能を持っているのではないかなと。2600万画素のFUJIFILM X-S10でも快適な解像性能と感じています。

抜群の性能とは言えませんが、絞ることで接写でもまずまず良好なパフォーマンスを得られるのはGood。四隅の端以外は満足のいく性能です。無限遠ではさらに性能が安定します。

管理人
満足度は90点。
2~3回の飲み代で新品が買えると思えば面白い選択肢。特に2400~3250万画素の高画素機を使う場合、ズームレンズでは得られない非常に良好な中央~周辺画質を獲得できると思います。

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
EF-S24mm F2.8 STM 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報
レンズフード ES-52 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報
レンズポーチ LP811 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報
レンズキャップ E-52 II 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報
レンズダストキャップ E 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報 新品・中古情報

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

-Canonレンズ, Canon広角レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー, 解像力チャート
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER