Tamronレンズ レンズ 機材の噂情報・速報 海外の評価

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 小型軽量ながらハイエンドのAF性能

2020年4月15日

スポンサーリンク

Mobile01がタムロンのソニーEマウント用交換レンズ「70-180mm F/2.8 Di III VXD」のレビューを公開しています。オートフォーカスはAF-S・AF-Cでフォーカス速度に大きな違いがありますね。AF-Cは本当に速い、これがフルサイズ用望遠ズームなのかと疑ってしまうほど電光石火。

Tamron 70-180mm f/2.8 DiIII VXD (A056) 重量與價格砍半 最高CP值望遠大三元鏡頭參上

  • タムロンは「28-75mm F/2.8 Di III RXD」「17-28mm F/2.8 Di III RXD」に引き続き、コンパクトながら開放F値をF2.8に維持した望遠ズームを投入した。
  • 他社の遥かに大きい「70-200mm F2.8」と比べて重量は半分である。そしてなお良好な画質・高速AF・接写性能を備えて、純正価格から40%オフと安いレンズだ。
  • 全長14.9cm、重量は815gだ。このようなF2.8望遠ズームレンズを見たことがあるだろうか?
  • 通常、70-200mm F2.8を「Peak Design エブリデイバックパック 20L」に収納する場合はカメラからレンズを外す必要がある。しかし、このレンズはα7R IIIに装着したままバックパックに収納することが可能だ。
  • レンズはベトナム製だ。大三元の3本が全てベトナム製と言う訳では無く、A036は中国製、A046とA056がベトナム製である。全てのレンズは日本設計を明記してある。
  • 最大撮影倍率は0.21倍だが、MF操作で70mm時に0.5倍までクローズアップすることが可能だ。
  • 驚いたことに他のレンズと同じくフィルター径67mmを維持している。全てのレンズを67mmフィルターに統一しているため、フィルターワークのコストを大幅に節約できる。
  • 14群19枚のレンズ構成でLDレンズ5枚、XLD1枚を贅沢に使用している。
  • 180mmにズームしても内筒は3cmほどしか伸びない。
  • 中央領域は70mm・180mmともに最高画質だ。
  • 四隅はF2.8とF4で画質が発生するものだが、このレンズは周辺減光以外に大きな違いは無い。絞った際の画質差はほんのわずかだ。シャープネスを気にすることなくF2.8を利用できる。
  • オートフォーカスはAF-Sで利用する限り、あまり速くない。しかし、AF-Cに切り替えるとまったく別物のようなAF速度となる。これはまさにハイエンドのパフォーマンスだ。なぜAF-Sでこれほど遅くなるのか理解できない。控えめに言っても80~90%の人はフォーカス速度に満足できるだろう。
  • 70mm時にMFで最短撮影距離27cmと驚異的な接写性能を備えている。この時の撮影倍率は0.5倍だ。シャープネスが低下するので、画質を重視する場合はこの機能を使わないほうが良いだろう。撮影距離が短いのでレンズフードが影となってしまう可能性がある。
  • ボケ描写は実写作例を確認して欲しい。70-200mm F2.8と見分けがつかないのであれば、このレンズのボケ描写に心配する必要は無い。
  • 色収差の影響は極僅かだ。
  • 最近のレンズとしてはフレアが目立つ。太陽をフレームに入れるとフレアが発生して全体的に白っぽくなる。この描写を好む人もいるだろうが、問題を回避するのであれば明るい光源にレンズを向けない事だ。

実際に使うことができる時間は短かったが、本当に印象的だったのはレンズサイズと重量だ。この軽快さは過去様々な70-200mm F2.8をレビューしても感じなかった特徴である。70-300mmクラスのレンズを使っているような感覚だ。

画質に関して心配することはない。シャープネスは四隅まで優れている。オートフォーカスは優れており、少なくとも8割のカメラマンが必要とするフォーカス速度を満たしているはずだ。AF-SとAF-Cでフォーカス速度が大きく異なる点には注意する必要がある。

欠点が無いわけでは無い。光学手ぶれ補正を搭載していないこと、そして逆光耐性だ。しかし手ぶれ補正はボディ側で対応できるので大きな問題とはならない。さらに逆光耐性も角度を少し調整することで対処できる。

価格設定もこのレンズの強みとなる。純正レンズの40%オフとなる手頃な価格に加え、67mmと小さなフィルター径でアクセサリー費を安く抑えている。Di IIIシリーズでフィルター径が統一されているのも特徴的だ。

5点満点のズームレンズだ。抜群の性能でリーズナブルな価格設定であり、本当に売れるだろう。興味があるなら早めに行動するのがおススメだ。

Mobile01:Tamron 70-180mm f/2.8 DiIII VXD (A056) 重量與價格砍半 最高CP值望遠大三元鏡頭參上

参考動画:AF-S

参考動画:AF-C

参考動画:70mm MFマクロ

参考動画:逆光

とのこと。
AF-Cが尋常ではないスピードですね。まさに電光石火、これがデュアルフォーカス仕様のリニアモーター駆動の本領と言ったところでしょうか。ソニーの優れたAF性能を相まってハイパフォーマンスな望遠ズームレンズとして活躍できそうです。

高速AFのみならず、4200万画素のα7R IIIと組み合わせて四隅まで非常に高解像な画質となっています。Sony Alpha Blogのレビューでも高く評価されていたように、望遠側の画質はソニーGM以上と言えるかもしれませんね。逆光耐性がいくらか気になるものの、画角が狭く調整しやすいので大きな問題とは感じないかも。

Di IIIシリーズで最も高価ですが、それでも純正70-200mm F2.8と比べると半値に近いリーズナブルな価格設定。確かに人気の高い望遠ズームレンズとなりそうです。ちなみに私も予約開始と同時に注文しました。

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 交換レンズデータベースはコチラ

70-180mm F/2.8 Di III VXD
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon PREMOA icon

関連記事

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Tamronレンズ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.