「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Nikonレンズ SIGMAレンズ SONYレンズ Tamronレンズ カメラ レンズ

Lensrenralsが各社70-200mm F2.8のMTFテスト結果を公開 ベストはニコンFE ED VR

スポンサーリンク

Lensrenralsが各社の70-200mm F2.8を使ったMTFテストの結果を公開しています。

Lensrenrals:Just the MTF Charts: 70-200mm f2.8 Zoom Lenses

EF70-200mm F2.8L USM

現行で最も古い設計のレンズだ。「クラス最高」のレンズより10年以上も前のクラシックレンズだが良好な性能だ。

200mmより70mmのほうがシャープで、像高5割はとても良好だ。主にポートレートやスポーツで使われるので四隅の解像性能はあまり重要では無いだろう。

EF70-200mm F2.8L IS II USM(III型も同光学系)

中央・周辺部ともに非ISより遥かに優れている。200mmの性能がまだ比較的弱いものの、非ISほど性能は低下しない。非点収差が改善している点も注目に値する。

ただし、非ISでもまだ素晴らしい写真を撮ることが出来る。2本のレンズを見比べると違いに気が付くだろうが、決して扱き下ろすことはないだろう。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

多くの70-200mmと少し異なり、最も弱い部分は(多くの個体で)ズームレンジ中間だ。

200mmでの性能はとても強力である。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

私はニコンの長ったらしいレンズ名をからかうのが好きだ。

しかし、ここ数年にリリースされた70-200mmの中でもスタンダードとなる性能だ。さらに現在もその地位を維持している。と言う訳で、からかうことが出来ない。

FE 70-200mm F2.8 GM OSS

我々が最も多くの個体をテストしたレンズだ。

何故多くの個体をテストしたのか?それはソニーのファンボーイが過去最高の70-200mmと信じて疑わないからでは無い。個体により性能にバラつきがあるからだ。

良い個体は優秀なレンズである「EF70-200mm F2.8L IS II USM」と同じくらい良好だが、多くの個体はそれ程でも無い。

私はソニーと仕事をするし、ソニーが好きである。しかし、このレンズは嫌いである。もしあなたがこのレンズを譲ってくれたとしたら、私は翌日に売り払うだろう。

SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD

ニコンと同じく長ったらしい名前のレンズだ。「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」ほど良好では無い。しかし見栄えが悪い訳でもなく、「EF70-200mm F2.8L IS II USM」と全体的によく似ており、フレーム隅までパフォーマンスが維持されている。

70-200mm F2.8 DG OS HSM

「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」とよく似た傾向だ。70mmの中央は最もシャープで、ズーム中間は平凡、そして200mmで再びシャープとなる。

最も弱い135mmでも低周波特性に優れており、大きな被写体のコントラストとシャープネスの見栄えが良い。70-200mmで細部のディテールを再現する高周波特性はそれほど重要なポイントではない。

まとめ

結論はシンプルだ。

もしあなたがニコンユーザーで購入する余裕があるのであれば、FL ED VRは自分へのご褒美となるだろう。もし、他マウントユーザーであれば、価格・操作性・フォーカス性能で選ぶと良い。どのレンズもMTF曲線はとても良好だ。

とのこと。

本文から察するに、高周波特性よりも低周波特性の性能を重視してコメントしているようですね。

キヤノンは最新のIII型でもII型と同じ光学設計を採用していますが、設計を変えない程度に良好なパフォーマンスを発揮している模様。最新のNIKKOR FL ED VRは流石のニコンと言ったところでしょうか。

ソニーの個体差が酷く、Lensrenralsでここまで扱き下ろされるとは意外でした。高価なレンズで個体差が大きく、なかなか気難しいレンズのようですね。個人で2本以上を撮り比べるのは難しいため、レンタルで何度か異なる個体を試してみると性能差が分かるかもしれません。(DxOMarkの評価は高かったりするので、色々なレビューサイトや作例を確認してみるのが良いでしょう。)

タムロン70-200mmはコメントの内容ほど酷くはなく、他のレンズと比べてフレーム全域の一貫性が高いように見えます。シグマは一貫性の点でタムロンほどでは無いようですが、Lensrenralsが述べているように低周波特性は優れている模様。

それぞれのデータベースページはコチラ

スポンサーリンク

サイト案内情報

交換レンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 -2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 -2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/1 -2019/9/17
ツアイス ミラーレス 最大2万円 -2019/8/18 -2019/8/21
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 -2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/1 -2019/9/17
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 -2019/10/15

-Canonレンズ, Nikonレンズ, SIGMAレンズ, SONYレンズ, Tamronレンズ, カメラ, レンズ

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.