Canon Canon関連の情報 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンは2022年に間違いなくAPS-C EOS Rカメラを発表する?

Canon Rumorsが「CR3」と高い格付けで、キヤノンAPS-C EOS Rについて噂情報を発信。確かなソースから「2022年に間違いなくEOS R APS-Cカメラを発表する」と教えられた模様。今のところ機種は不明。

Canon Rumors:Canon will release an APS-C RF mount camera(s) later in 2022 [CR3]

長らく噂されていたキヤノン APS-C RFマウントカメラの可能性がますます高まってきた。私は、ある確かな情報源から、キヤノンが2022年にAPS-C RFマウントカメラを「間違いなく」発表すると聞いている。

さて、これが「EOS R7」のようなもののことを言っているのか、EOS Mラインに代わるカメラのことを言っているのかは分からない。

とのこと。
今年の9月にもAPS-C EOS Rの噂情報を発信していましたが、今回は「CR2」ではなく「CR3」と最高ランクの格付けで噂情報を発信しています。この情報に相当の自信があるみたいですね。どのようなカメラが登場するのか不明ですが、現行の一眼レフ「EOS 90D」が置き換わるようなカメラとなるのか、ミラーレス「EOS M6 Mark II」のRFマウント化なのか気になるところ。

APS-C一眼レフユーザーの移行を促すとしたら、やはり「EOS R7」のようなスポーツタイプのカメラとなるのでしょうか?それとも「EOS M」シリーズを終了の方向で、手ごろな価格のAPS-C EOS Rをリリースし、RFシステムに収束させようとするのか…。既にいくつかのAPS-Cミラーレス向けレンズの特許出願も公開されています。水面下では着々と準備が進んでいるのかもしれませんね。続報に期待。

噂のまとめ

コードネーム一覧

EOS R5C

  • 2022年Q1登場予定(以前の情報)
  • Canon Log 3
  • Canon Log2はまだ検討中
  • 8K 30p Cinema RAW Light・XF-AVC・MP4の無制限録画
  • タイムコード in/out
  • EOS R3と同じ新型ホットシュー搭載
  • アクティブ冷却
  • 電子ファインダー上部にホットシューに干渉しないトップハンドル用の3/8型か1/4型のマウントポイント(ネジ穴)
  • フルサイズHDMIポート
  • 空冷ファン搭載のため、背面モニタが後方へ移動し、EOS R5のように収納はできない

APS-C EOS R

  • 2022年に間違いなく登場する
  • 裏面照射型CMOSセンサー
  • 1台以上のカメラに搭載される
  • 2800~3200万画素かもしれない

その他ボディ

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS RPに代わる新しいエントリーモデル
    ・EOS RPよりも低価格
    ・2021年前半
    ・999ドル以下
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • EOS RP後継の上位ボディ
    ・EOS RPよりも高価
    ・EOS R6とRPの中間
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • APS-C RF
    ・2021年発表の可能性がある
    ・2021年後半
    ・裏面照射型センサー
    ・静止画と動画の両方で訴求力がある
    ・EOS RPより小さくなるわけではない
    ・RF-Sレンズの計画はない
    ・新型APS-Cセンサー
    ・新型APS-Hセンサー
    ・2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
    ・DIGIC Xプロセッサ
    ・デュアルピクセルCMOS AF II
    ・4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
    ・5軸ボディ内手ぶれ補正
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年
  • RF800mm F5.6 L IS USM
  • RF1200mm F8 L IS USM

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報