「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Panasonicレンズ Panasonic関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

LUMIX S用テレコンDMW-STC14・DMW-STC20の画質と作りは一級品【海外の評価】

投稿日:

Richard WongがパナソニックのLUMIX Sシリーズ用テレコンバージョンレンズ「×1.4・×2.0」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

画質低下が極僅かなテレコンバージョンレンズ

  • 2つのテレコンバージョンレンズは金属製で非常にしっかりとした作りだ。全ての電子制御・オートフォーカス・手ぶれ補正・EXIF情報はマスターレンズと同様に機能する。
  • レンズは大きく突出しているため、大部分の既存Lマウントレンズとは互換性が無い。現状で動作するのはLUMIX S PRO 70-200mm F4 OISのみだ。しかし、今後のロードマップではLUMIX S 70-200mm F2.8が登場予定である。さらに2020年には超望遠レンズを発売するはずだ。
  • テレコンバージョンレンズ装着時は僅かにアソビがあるものの、全体的にバランスは取れている。
  • LUMIX S PRO 70-200mm F4は4700万画素のS1Rに装着しても絞り開放から非常にシャープな画質だ。×1.4テレコンを装着しても画質に目立った違いは見られない。
  • ×2.0テレコンではいくらか画質低下が見られる。絞り開放F8の四隅はマスターレンズや×1.4装着時と比べてややソフトである。違いは顕著でないものの、S1Rで撮影したイメージを等倍で確認すると目立つ。
  • ハイレゾモードで撮影してもマスターレンズと×1.4の画質はとても似ている。しかし、×2.0テレコン使用時はハイレゾモードの恩恵が少なく、通常時と同程度の画質だ。
  • ×1.4・×2.0どちらのテレコンを装着しても、レンズフレアが僅かに増加する傾向がある。違いは少なく顕著ではないので実写でどうなるかは分からない。
  • 明るい晴れた環境ではテレコン装着時でもオートフォーカス性能に違いはほとんど見られない。非常に高速で正確だ。しかし、暗所では×1.4が少し遅くなり、×2.0では大きな違いが出てくる。

どちらのテレコンバージョンレンズも非常にハイクオリティで一級品の画質と作りだ。多くの人にとって画質やオートフォーカスに影響は無いが、×1.4が良い選択肢となるはずだ。

Panasonic Lumix S 1.4x 2x Teleconverter Review

とのこと。

LUMIX S PRO 70-200mm/F4.0」がハイパフォーマンスと言うこともあるのでしょうが、テレコンバージョンレンズもなかなか良好なようですね。作例を確認する限りではかなり期待できそうです。プリプロダクションモデルと言うこともあってか、オートフォーカスに関する参考動画は無い模様。ただし、かなり良好に動作する模様。

プレスリリースでは今年7月に登場予定。499・599ドルと安くないテレコンですが悪く無い選択肢のようです。

スポンサーリンク

サイト案内情報

パナソニックレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Panasonicレンズ, Panasonic関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価