「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニーE 18-135mm F3.5-5.6 OSSは高倍率ズームの確かな選択肢【海外の評価】

更新日:

Sony Alpha Blogがソニーの交換レンズ「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

Sony Alpha Blog

  • プラスチック製のレンズだが、ビルドクオリティに問題は無い。
  • とてもコンパクトで携帯性に優れているが、135mmで数センチ伸びる。
  • F値は50mmを超えるとかなり暗い。
  • AFは高速で正確だ。
  • シャープネス:
    ・18/24mm:F3.5-F8まで中央が優れ、絞ると四隅も非常に良好だ。
    ・34/50/100mm:中央は全ての絞り値で優れ、四隅はとても良好だ。
    ・135mm:F5.6以降で中央はとても良好だ。四隅はまずまずでF5.6以降は良好となる。
    ・全ての焦点距離でF8がスウィートスポットとなり、F11で低下傾向にある。
    ・全体的に良好なパフォーマンスだ。
  • 歪曲は35mm未満でかなり大きい。18mmで黒い四隅が見える。35mmより先でも歪曲はあるものの、遥かに良好だ。
  • 絞りを2段閉じるまでは減光が発生する。
  • 色収差はとても良好に補正されている。
  • 後ボケ・玉ボケは良好だがE 18-105mm F4Gほど滑らかでは無い。
  • 個人的に鮮やかすぎる発色で、微妙な色合いが足らない。
  • 動画にも使えるが、一定の絞り開放値では無く、電動ズームでも無い。E 18-105mm F4 G OSSがはるかに適しているだろう。

本レンズはPZ 16-50や18-200よりも優れたレンズだ。主に静止画用途で「広いズームレンジを光学性能の犠牲無しで手に入れたい」と思うなら最適な一本である。

とのこと。

他のレビューサイトでは望遠側(135mm)の性能がやや低下の傾向を示していましたが、Sony Alpha Blogでは特に不満の無い画質のようですね。

ただし、既存の標準ズームレンズも高く評価しており、高倍率が必要なければ以下の2本を推薦しています。

E 18-135mm F3.5-5.6 OSSのレビュー・作例を集めるページはこちら

スポンサーリンク

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SONYレンズ, SONY標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価