「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニーE 50mm F1.8 OSSは色収差が目立つもののコスパ良好のレンズ【海外の評価】

投稿日:

ePHOTOzineが過去にソニーの交換レンズ「E 50mm F1.8 OSS」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

唯一の弱点は色収差のみ

  • 鏡筒はクローム仕上がりのハイクオリティなプラスチック製だ。
  • たった202gと重くないレンズである。NEX-5Rとの組み合わせでは完璧なバランスだ。
  • オートフォーカスはとても高速で正確だ。暗所でも明るい絞り値で信頼性の高いフォーカシングである。
  • マニュアルフォーカスリングは滑らかで良好な抵抗感の動作だ。
  • 手振れ補正は3段ほどの補正効果があった。
  • シャープネス:NEX-5R(1600万画素)
    ・F1.8ですでに中央はとても良好なシャープネスだが、フレーム端は明らかに劣っており、「悪くはない」レベルだ。
    ・F4まで絞ると全体的に改善するがフレーム端は「良好」止まりで、F5.6まで絞るとフレーム端は優れた水準まで向上する。その時中央は際立ったシャープネスだ。
  • 色収差は50mm F1.8というスペック以上に大きい。フレーム周辺部でコントラストが高いと目立つことがあるだろう。
  • 周辺減光は良く抑えられており、F1.8でー1.08EVほどだ。F2.8まで絞ると解消する。
  • 歪曲は適度な糸巻き型だ。
  • フード無しでも逆光耐性はとても良好だ。

ソニーは優れた50mmを作りだしたようだ。手ごろな価格設定でシャープかつコントラストの高い描写、さらに光学手振れ補正とF1.8の明るさと言う贅沢な組み合わせである。

唯一の弱点は絞り開放のフレーム周辺部における色収差だが、このレンズの肯定的な特性を考えると見落としてしまうような些細な欠点だ。

長所:良好なビルドクオリティ・シャープ・低照度性能・光学手振れ補正

短所:色収差

とのこと。

テスト機が1600万画素のNEX-5Rなので2400万画素となった現行モデルにとってあまり参考とはならないかもしれませんが、α6000でテストしているSony Alpha Blogと全体的に同じ傾向の評価となっていますね。

作例を見るとこの価格帯の50mmとしてはボケが綺麗で使いやすそうですねえ。光学手振れ補正が入っているので絞っても良いですね。これで2.5万円ならなかなかコスパの良いレンズと言えるのでは無いでしょうか。

ネックとなる色収差も後処理しやすい収差なので心配する必要はありませんね。

E 50mm F1.8 OSSのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

E 50mm F1.8 OSS シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
E 50mm F1.8 OSS ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
フロントキャップ ALC-F49S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフトキャリングケース LCS-FEA1
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

ソニー関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SONYレンズ, SONY中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価