SONYレンズ カメラ 機材レビュー 海外の評価

E PZ 10-20mm F4 Gのパワーズーム構造は過去最高

PhotographyBlogがソニー「E PZ 10-20mm F4 G」のレビューを公開。優れたパワーズームレンズと高く評価し、小型軽量ながら静止画にも耐用できる光学性能と言及しています。

PhotographyBlog:Sony E PZ 10-20mm F4 G Review

外観・構造:

  • レンズマウントは金属製だ。
  • 防塵防滴仕様だが、耐候性を獲得するにはボディ側の防塵防滴仕様も必要だ。
  • 小型軽量だが他のGレンズと同じビルドクオリティである。
  • スリムな花形レンズフードが付属する。

携帯性:

  • 重量は僅か178gだ。
  • サイズは69.8×55.0mmと非常にコンパクトである。
  • 一日中持ち歩くことが出来る超広角ズームだ。
  • ZV-E10との組み合わせでバランスが取れている。
  • インナーズーム構造のため、ズーム中にレンズが伸びることは無い。

操作性:

  • ズームリングは電子制御、リニアモーターを駆動するズーム構造だ。
  • ズームリングの操作に遅延は見られない。
  • ズームリングの他に、スイッチやリモコン、カメラ側のズームスイッチで操作可能である。
  • ズームリングに焦点距離は表示されていないが、代わりにライブビュー上に焦点距離が表示される。
  • フォーカスリングはリニアレスポンスで動作する。
  • ズームリングとフォーカスリングは隣接しているが、間には隙間があるので簡単に区別できる。

フォーカス:

  • 高速でほぼ無音のAFだ。
  • 近距離と遠景を切り替える際もほぼ瞬間的に動作する。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は搭載していない。

解像性能:

  • 10mmの中央はF4からシャープで、F5.6でピークとなる。端は中央ほどではなく、F5.6でピークを迎える。
  • 15mmの中央はF4からシャープで、F5.6でピークとなる。端は中央ほどではなく、F5.6でピークを迎える。
  • 20mm中央はF4からシャープで、F5.6でピークとなる。端は中央ほどではなく、F5.6でピークを迎える。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 広角ズームレンズとしてはとても良好だ。

色収差:

  • 高コントラストな領域を除いてそれほど問題とはならない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • カメラ側で自動補正される。
  • RAWには大きな樽型歪曲が残っているので補正必須だ。

周辺減光:

  • F4で光量落ちが発生する。
  • 解消するには少なくとも3段絞る必要がある。

コマ収差:

逆光耐性:

  • F16-F22で素敵な光条が発生する。

作例集

総評

信じられない程コンパクトなミラーレス用の良好な超広角ズームだ。パワーズームとしては過去最高で、間違いなくビデオグラファーが喜ぶポイントとなるだろう。パワーズームにより動画撮影やVlogにも適しているが、静止画撮影用としても良好な光学性能である。

とのこと。
APS-C用の広角F4ズームレンズとしては驚くほどコンパクトですが、良好な光学性能に加えて優れたパワーズームを搭載しているようですね。E 10-18mm F4 G OSSのように光学手ぶれ補正を搭載していないのが悩ましいところですが、将来的にボディ内手ぶれ補正を搭載したカメラが増えてくると問題と感じなくなることでしょう。

私は手ぶれ補正を搭載したα7R IVと組み合わせて使用しています。光学性能は確かに良好で、特に遠景ではズーム全域で絞り開放から良好な結果を得ることが出来ました。歪曲収差は確かに後処理必須ですが、メジャーな現像ソフトであれば補正プロファイルに対応しているので問題とはならないはず。大きなボケや明るさが必要なければおススメしやすい広角レンズに仕上がっています。

ソニー E PZ 10-20mm F4 G 最新情報まとめ

E PZ 10-20mm F4 G
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-SONYレンズ, カメラ, 機材レビュー, 海外の評価
-