Canon関連の情報 EOS-1D X Mark III カメラ 機材の噂情報・速報 海外の評価

キヤノン EOS-1D X Mark IIIのスマートコントローラーは手袋を装着しても使用可能【海外の評価】

スポンサーリンク

DPReviewが正式発表されたばかりのキヤノン一眼レフ「EOS-1D X Mark III」の実機写真を交えながら注目ポイントを紹介しています。

DPReview:Hands on with the Canon EOS-1D X Mark III

AF・シャッターなど

  • 光学ファインダーのAFシステムは全く新しいものだ。Mark IIと同じカバーエリアだが、191点と密度が高くなり、155点がクロスタイプである。
  • AFセンサーは従来のラインセンサーとは異なり、正方画素を初めて使用している。
  • F8までの望遠レンズとテレコンバージョンレンズとの組み合わせでファインダーAFが可能だ。
  • AFカスタマイズの「Case」には新しく自動調整「Caseオート」が追加されている。
  • 再設計されたシャッターユニットは高速連写を実現し、ブラックアウト時間の短縮化に繋がっている。耐久回数は50万回と必要十分だ。
    シャッターショックが気になる場合は電子先幕シャッターを利用可能である。
  • Mark IIと同程度の解像性能だが、新開発のイメージセンサーは読み出し速度が高速化している。このため、完全電子シャッター時のローリングシャッターによる影響は非常に良く抑えられている。
  • 新型プロセッサー「DIGIC X」はデュアルDIGIC 6+と比べて何倍も高速だ。センサー性能と組み合わせることで、ライブビュー時の20fps連写やとても見事な動画仕様を実現している。

動画

  • 静止画・動画モードは撮影モードや露出設定を独立して記憶する便利な仕様だ。例えば、スポーツ撮影において静止画では1/1000秒を使用し、動画では1/50秒前後を瞬時に切り替えたい時に重宝する。
  • なんとこのカメラでは5.5K RAW動画の内部記録が可能だ。ただし、6分で128GBの容量を使い切ってしまうことに注意したい。必要に応じてALL-I/IPB圧縮、4:2:2 10bit ログ撮影を使った滑らかでディテール豊富な4K 60pを利用可能である。4K 60pではデュアルピクセルCMOS AFを利用できないので、4K 30p以下に落とす必要がある。
  • ボディ内手ぶれ補正は備えていないが、電子手ぶれ補正を利用可能だ。

AFスマートコントローラー

  • AF-ONボタンはある種のトラックパッド機能を利用できるようになった。ボタン上で親指を動かすことでファインダー使用時・ライブビュー使用時どちらもでもAFポイントを移動することが出来る。
  • 操作感度の微調整が可能だ。
  • 光学技術に基づいたデバイスのため、厚い手袋を装着していても動作する。
  • プリプロダクションモデルの段階で、このデバイスが上手く機能していると感じた。しかし、操作感度は好みが異なると思う。
  • 正直に言うと、無意識のうちにジョイスティックを操作してしまうので、この操作に慣れるまで苦労した。少し練習すると、傑出した機能の一つとなるはずと考えている。

その他エルゴノミクス

  • 背面ボタンの大部分をイルミネーションに対応させているため低照度での操作が簡単だ。
  • タッチパネルはAFやメニューの操作に加え、ピンチイン・アウトでメニューを確認し易くなっている。
  • 特定のファイルに音声メモを添付できるマイクとスピーカーが配置された。

トッププレート

  • 特に驚くポイントは無いが、上部LCDを点灯させるとボタンイルミネーションも連動する。
  • ホットシュー前のカバープレートとのみ非金属パーツの外装だ。ここに内蔵GPSやWiFi、Bluetoothが収まっている。

CFexpress

  • 前モデルのCFast/CFと不揃いのカードスロットをやめ、CFexpressデュアルカードスロットを採用した。
  • 高速書き込みに対応した非常に高価なメディアだが、5.5K RAW動画を利用するには重要な仕様である。また、連続撮影中にほぼ無限のバッファを与えてくれる。
  • カメラ16fpsに設定すると、9時間以内にシャッター耐久回数の50万回に到達する。

バッテリー

  • 引き続きLP-E19バッテリーを使用していることは既存1Dユーザーや代理店にとって朗報だ。
  • 容量は増えていないものの、カメラの低消費電力化で撮影枚数が跳ね上がっている。

DPReview:Hands on with the Canon EOS-1D X Mark III

とのこと。
見た目こそEOS-1D X Mark IIと変わりませんが、中身は全くの別物として生まれ変わっていますね。光学ファインダー・ライブビューともに強化され、出し惜しみ無しのプロフェッショナルモデルとなっています。
パフォーマンスのみならず、「Case オート」「EOS iTR AF X」「スマートコントローラー」などエルゴノミクスの観点から見ても大きく強化されているのが凄い。

特に全く新しい操作デバイス「スマートコントローラー」は今後の注目株。言ってしまえばPCマウスの光学センサーのようなものでしょうか?EOS Rのような「静電容量方式」では無いので手袋を装着して操作できるのが便利そうですねえ。厚手の手袋でジョイスティックを操作し辛い時などに重宝しそう。ただし、誤操作が気になる所ですが…。

次世代メモリーカード「CFexpress」を導入したことによって、従来のCFカードは利用できなくなっています。CFastの規格的な寿命が短かったのは残念ですが、今回は競合他社の導入も始まっているので息の長いメモリカード規格となりそうです。

EOS-1D X Mark IIIの最新情報を集めるページはコチラ

EOS-1D X Mark III
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay
ソフマップ icon プレモア icon

サイト案内情報

EOS-1D X Mark III関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Canon関連の情報, EOS-1D X Mark III, カメラ, 機材の噂情報・速報, 海外の評価

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER