Canon Canon関連の情報 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 海外の評価

キヤノン EOS R10はアマ・プロどちらも納得させる期待通りのカメラ

Lesnumeriquesがキヤノン「EOS R10」のレビューを公開。バッファやインターフェースについていくつか指摘しつつも、優れた応答性やAFを高く評価。アマ・プロどちらも納得させる期待通りのカメラと言及しています。

Lesnumeriques:Test EOS R10 : un excellent appareil pour débuter ou se perfectionner en photographie

ビルド・外観

  • 外観は他のEOS Rシリーズと同じだ。
  • 防塵防滴には非対応で、構造とハンドリングに僅かな安っぽさがある。
  • 全体的にしっかりとした作りで、大きな欠点は見られない。
  • 応答性は良好だ。我々のテストでは、ほぼすべてのラインで非常に優れた性能を発揮している。
  • 起動が1秒以下とやや高速だ。

バッテリー

  • USB-Cによる充電と撮影中の給電どちらにも対応している。
  • CIPA準拠でファインダー撮影時に260枚だ。これはEOS R7の約半分であり、富士フイルム X-S1よりも少ない。

インターフェース

  • 2022年のカメラとしては珍しくフラッシュ内蔵のミラーレスカメラだ。
  • USB-C、マイク端子、リモコン端子、そしてHDMIのD型端子も搭載している。
  • ビデオグラファーにとって常に非常に便利なヘッドホンソケットが省略されている。
  • UHS-II SDカードの収納スペースがカメラの底面にあるため、三脚に乗せたときに実用的でない。

携帯性

  • 記載なし。

グリップ

  • 記載なし。

操作性

  • 奇抜さはなく、アマチュアとプロどちらも納得させる合理的で期待通りのデザインだ。
  • 少し退屈なデザインだが、大きな不具合はない。
  • ミドルレンジの位置づけを裏切るような仕上がりもある。例えば、ボタンのクリック感などは、兄貴分のEOS R7とはまったく違う。また、シャッターボタンのクリック感も中級クラスだ。
  • 前後にコマンドダイヤルを搭載し、様々なカスタマイズに対応している。
  • M-Fnボタンやジョイスティックを搭載しているのは注目に値する。
  • ハイエンドモデルに存在する背面のホイールは非搭載だ。

手ぶれ補正

  • 記載なし。

ファインダー

  • 360万ドットのOLEDファインダーを搭載し、比較的低倍率だ。
  • 現在の標準を下回るが、快適なファインダー体験を妨げるものではない。
  • 120fpsの表示に対応しているが、撮影時は60fpsに制限される。

モニター

  • 背面モニターはタッチ操作対応だが、やはり解像度はやや低い(104万ドット)。
  • バリアングル式の可動液晶は静止画でも動画でも歓迎される。

メニューシステム

  • 記載なし。

フォーカスシステム

  • 日中のAFが0.14秒と超高速だ。
  • EOS R10とEOS R7を比較すると、低照度では性能が落ちて0.33秒となり、連続撮影速度も少し遅くなる。それでも全体としてはかなりいい感じだ。
  • EOS R7と同様に、顔や目だけでなく、頭や体、動物、鳥、車、2輪車までオートフォーカスで検出・追尾が可能だ。
  • 被写体検出は静止画と動画の両方で利用できる。
  • 時々のベストカメラには及ばないが、EOS R10はAF性能で何も恥じることはない。
  • パーソナライズされたトラッキングは少し一貫性がないのが残念だ。

ドライブ性能

  • 金属的な音色の甲高い低音域のメカニカルシャッターが不快だ。この点の改善にもっと努力できなかったのか。
  • 連続撮影速度はメカシャッターで12.5fps、電子シャッターで19fpsだ。これらは、特にC-AFを作動させた状態で、非常に良い測定値である。
  • RAWバーストモードに切り替えることで、30fpsとなる。
  • バッファはスペシャルではなく、JPEGで37フレーム、JPEG+RAWで23フレームしか対応できない点に注意が必要だ。

解像性能:

  • 記載なし。

高感度ISOノイズ

  • デフォルトでISO100から32,000の感度設定が可能。
  • 拡張モードではISO51,200まで対応している。
  • ノイズはISO1600まで問題ない。
  • 画像が劣化するのはISO3200で、これは低い数値だ。
  • ISO 6400および12,800以上は、慎重に使用する必要があり、避けるべき感度だ。
  • JPEGはデジタルノイズを低減するには破壊力が強すぎるため、RAWファイルの使用を強く推奨する。

ダイナミックレンジ

  • EOS R7に近い立派な性能だ。
  • シャドーは-3EVまで、ハイライトは+2EVまで回復しやすい。

画質・仕上がり機能

  • 記載なし。

動画

  • 4K UHD 30fpsで収録可能だが、ビットレートは4:2:0 8bitサンプリングで230Mbpsに制限される。
  • 圧縮はIPBモード限定だ。ALL-Iモードは、タイムラプスモードのみである。つまり、HDRモードがあっても、ポストプロダクション用のLOGプロファイルがないことからもわかるように、映像性能は少し物足りない。
  • 4K 60fpsに切り替えると、1.5倍程度の大幅なクロッピングが発生するのは残念だ。
  • 動画撮影時のAFは良好な性能を発揮。若干のカクつきやトランジションの遅れ、ポンピング効果の散見など見られるが、全体としては非常に満足のいくものだ。
  • 撮影後のフォーカス切り替えは、全体的にレスポンスが良く、かなりスムーズだ。
  • 顔認識はディスプレイと同期しているとは言い難いが、それでもトラッキングはかなり効果的だ。
  • ローリングシャッター効果は4Kのクロップモードで少し軽減され、FHDで解消されます。

総評

控えめながら、大成功のカメラだ。欠点もいくつかあるが、このカメラの位置づけを考慮すると妥協できる範囲内だ。良いカメラと言える十分な理由がある。芸術性を高めたい趣味の方も、熟練した写真家の方にも適したカメラである。

  • 長所
    ・優れたエルゴノミクス
    ・簡単に理解できる操作
    ・応答性の高いAF
    ・AF追従で20コマ秒
    ・被写体検出AF
    ・4K 30p ノンクロップ
    ・バリアングルモニタ
    ・USB充電と給電に対応
  • 短所
    ・JPEGのNR
    ・手振れ補正なし
    ・防塵防滴ではない
    ・メカニカルシャッターの音
    ・ヘッドホンジャックなし
    ・メモリーカードスロットが下部
    ・動画モードが限定的
    ・ローリングシャッター効果

とのこと。
ミドルクラスのAPS-Cミラーレスカメラですが、上位機種と同程度のAFシステムを搭載。特にこの価格帯では珍しい被写体検出AFに対応しているのが印象的ですね。Lesnumeriquesのテストではカメラの応答性も良く、全体的に満足のいく結果が得られる模様。連続撮影も20fpsまで対応しているのが魅力的ではあるものの、バッファは価格なりに抑えられてるようです。ただし、カードスロットはSD UHS-IIに対応しているので、バッファクリアは快適と感じるはず。ほかに気を付ける点があるとすれば、ISO感度ノイズは2022年の2400万画素センサーとしては少し目立つくらいでしょうか?

私も実際にEOS R10を入手。同価格帯のEOSシリーズとしては異例のAFジョイスティックや高性能AF、上位機種と遜色のないメニューシステムなど、見どころが多いカメラに仕上がっています。ボタンカスタマイズの自由度も高く、連写性能やカードスロットなどにこだわらなければEOS R7よりもコストパフォーマンスの高いカメラと感じるかもしれません(ただしボディ内手ぶれ補正や防塵防滴には対応していない点に注意)。

特にこの価格帯では珍しい被写体検出AFやSD UHS-IIスロットに対応しており、快適なAFやバッファクリアを利用できるのが魅力的。子供の運動会や家族写真、ペットのカジュアルな撮影などに適した1台だと感じています。個人的には競合他社と含めて同価格帯でイチオシのカメラ。

キヤノン EOS R10 最新情報まとめ

EOS R10 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
EOS R10 18-45mm キット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
EOS R10 18-150mm キット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連ボディ

関連記事

-Canon, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 海外の評価
-,