fp L SIGMA カメラ デジタルカメラ総合 機材レビュー 海外の評価

シグマ「fp L」多少の違和感があるエルゴノミクスだが興味深いカメラ

Digital Camera Worldがシグマ「fp L」のハンズオンを公開。個性的で可能性に満ちたカメラと評価しつつ、誰向けのカメラなのか分からない違和感が残ると言及しています。

Digital Camera World:Hands on: Sigma fp L review

SIGMA fp Lは、高解像カメラの中で最も個性的なカメラのひとつだ。小さなカメラでありながら、強力なパンチ力を持っている。6100万画素センサーを搭載し、フルサイズカメラの中では最高レベルの解像度を誇る。これに匹敵するカメラは、ソニーのα7R IVだけであり、価格はfp Lのほうが遥かに安い。

SIGMA fp Lは、初代SIGMA fpと同じボディとデザインを採用している。また、動画撮影機能が若干強化されているだけで、ほとんどの機能は同じだ。SIGMA fp Lのクロップファクターは1.67倍となり、1080pで100コマ/秒、119.88コマ/秒での撮影が可能となっている。

新機種の最大の話題は、やはり高画素センサーだ。この変更により、Sigma fp Lはビデオグラファーではなく、フォトグラファーに近い存在になった。しかし操作性やデザインは従来と同じなので、このカメラを使うには少々難しいところがある。

6100万画素センサーの最大の利点は、驚くべき画質を実現できる可能性があることだ。特に、ライカ SUMMILUX SL 50mm F1.4のようなLマウント高級レンズと組み合わせた場合、その可能性が高まるだろう。しかし、このようなレンズを装着すると、カメラ前部が非常に重くなり、取り回しが悪くなる可能性がある。しかし、シグマは「SIGMA 45mm F2.8 DG DN」のようなコンパクトな単焦点レンズを多数ラインナップしている。シグマは45mm F2.8 DG DNのようなコンパクトな単焦点レンズを数多く手がけており、画質と携帯性を両立させることができる。

外観・操作性

前述したように、fp Lの操作性やデザインは、従来のモデルと同じだ。fpは、カメラシステムの核となることを意図している。これは、特定の要件に合わせてカスタムメイドのシステムを構築するビデオグラファーに適している。しかし、fp Lはどちらかというとフォトグラファー向けで、一般的にフォトグラファーはカメラリグを作らない。

そう考えると、このカメラのエルゴノミクスやハンドリングは、控えめに言っても違和感がある。長方形のデザインは、フロントグリップがなく、カメラの底部の角が手のひらに食い込むようになっている。シグマから発売されているグリップアタッチメントを使えば、カメラの前面に指を置くことができるものの、それでもやはり違和感がある。

性能

fp Lのフセンサーは、6100万画素のファイルを生成する。これだけの解像度を持つカメラは、ソニーα7R IVしか存在しない。この小さなカメラで、このようなクオリティを実現しているのは驚異的だ。また、Lマウントのレンズ交換式カメラであるため、レンズ選択の自由度が高いことも魅力となる。

fp Lの画像は、ディテールに優れ、自由度が高い。新開発の「パウダーブルー」をはじめとするカメラ内のカラープロファイルが、クリエイティブな表現を可能とする。これらのプロファイルはJPEGにのみ反映されるが、RAWファイルでも十分に操作可能だ。

このカメラ最大の問題点は、オートフォーカスだ。多くの場合、カメラは何にフォーカスすべきか混乱してしまう。被写体が画面いっぱいに写っていても、fp Lではピントが合わないことがある。これではイライラしてしまうので、固定式のフォーカスポイントが必須となる。

オートフォーカスの問題を除けば、このカメラは素晴らしい性能を発揮している。それは主に解像力の強さによるものだ。これらは初期段階での結論であり、詳細やサンプルについては後ほどレビューを行う予定だ。

結論

SIGMA fp Lは、今までに発売されたカメラの中で最も興味深いカメラの一つだ。6100万画素センサーなどの主要機能はフォトグラファーにとって有益であるのに、カメラボディはビデオグラファーのために設計されているかのようで、ぎこちなく、不快である。そのため、多少の違和感がある。しかし、いくつかの癖やエルゴノミクス的な問題を克服することができれば、このカメラは素晴らしいものになるだろう。

この小さなフォームファクターは、フォトグラファーにとって最もポータブルなフルサイズカメラとなる可能性を秘めている。さらに素晴らしいのは、シグマがこの携帯性と現在市販されている最高解像度センサーを両立させていることだ。こんなに小さいのに、こんなに大きなファイルが撮れるなんて......と驚くばかりだ。一般的にコンパクトカメラは、持ち運びの利便性を追求するあまり、画質を犠牲にしているものだ。しかし、fp Lはその両方の長所を兼ね備えていると思う。

まとめ

SIGMA fp Lは、フォトグラファーのために解像度を大きく向上させた。6100万画素が生み出す高精細な描写は、非常に魅力的なものとなるだろう。画質にこだわるのであれば、Sigma fp Lは他社のフラッグシップカメラに匹敵する性能を持っている。

しかし、このカメラのデザインについては賛否両論あると思う。SIGMA fp Lは、先代モデルに引き続き、文字通りポケットに入れて持ち運べるほどの小さなサイズだ。このコンパクトさは、携帯性に優れたカメラで撮影したいと考えるフォトグラファーにとって、大きなメリットになるかもしれない。ただ、エルゴノミクス的には問題があるので、ねじ込み式のグリップなどのアクセサリーを使うことで改善できるかもしれない。

全体的には、コンパクトなデザインと高解像度のセンサーを搭載した、非常にユニークな製品だ。フォトグラファーにとっては、新しい創造的な撮影方法を可能にしてくれるかもしれない。ビデオグラファーにとっては、より高解像度のタイムラプス撮影が可能になったこと以外、初代Sigma fpと比べて大きな違いはない。

長所

  • 高解像センサー
  • サイズ・重量
  • 優れた画質

短所

  • シングルSDカードスロット
  • 快適では無いグリップ
  • AFの信頼性が低い

とのこと。
DPReviewのファーストインプレッションと同じく、カメラのコンセプトに戸惑っているように見えます。確かに他社のミラーレスカメラに慣れていると「スチルカメラ」のイメージとは程遠いスタイルですね。とは言え、fpがスチルカメラとして受け入れられている現状(主に日本で)を考えると、慣れの問題かもしれません。

最も悩ましいのはセンサー読み出し速度の低下でしょうか。グリップや操作性は慣れれば問題とならず、手ぶれも三脚などの使用で回避可能。しかし読み出し速度の低下だけは避けることが出来ません。フラッシュ同調速度の上限がさらに低下し、ローリングシャッター歪みも強くなるので動体の撮影で影響を受けやすくなります。もちろん動画撮影にも影響するので注意が必要です。

シグマ「fp L」最新情報・噂まとめページ

購入早見表

ELECTRONIC VIEWFINDER EVF-11
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連カメラなど

関連記事

サイト案内情報

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-fp L, SIGMA, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER