FUJIFILMレンズ FUJIFILM標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

富士フイルム「GF80mmF1.7 R WR」は強くおススメできる仕事のための撮影機材

【広告】Amazon prime day開催中 2021/6/21~6/22

ePHOTOzineが富士フイルム「GF80mmF1.7 R WR」のレビューを公開。普段使いには少し大きいものの、高い解像性能と滑らかなボケを併せ持つ優れたレンズと評価しています。

ePHOTOzine:Fujifilm Fujinon GF 80mm f/1.7 R WR Lens Review

ビルドクオリティ:

  • 前面には、バヨネット式の丸型レンズフードに対応しており、簡単かつ確実に固定できる。固定されているので、不意に外れることは無い。
  • フッ素コーティングされた大きな前玉の周囲には、77mmフィルターに対応したソケットを搭載している。
  • フッ素コーティングは、汚れや油脂、水分をはじく効果がある。さらに、耐候性にも優れている。
  • 光学系は9群12枚で、うち2枚はスーパーED(超低分散)、1枚は非球面だ。
  • 絞りは9枚羽根で、滑らかなボケ味を向上させている。
  • EBCマルチコーティングは、いつものように完璧に機能している。
  • 80mmはこのフォーマットで中望遠レンズであり、「35mm換算」では63mmに相当する画角となる。ポートレートの描写を非常に魅力的なものにするのに十分であり、一般的に画像を少し選択的に切り取るのに役立つ。
  • F1.7のレンズ口径は、暗い場所でより低いISO感度を使用することができ、被写界深度が被写体に適していれば、より滑らかなシャドウのディテールを維持することができる。

携帯性:

  • 重さは795gとずっしりとしているが、過度に重いという印象はなく、GFX 100Sと組み合わせても違和感がない。この2つがうまく調和して、中判カメラの中でも最も使いやすいアプローチになっていると思う。

操作性:

  • マニュアルフォーカスリングは幅が広く、グリップ感も良好だ。電子式であるため、操作も非常に滑らかだ。
  • 70cmまでのピント合わせが可能で、最大倍率は0.15倍である。
  • フジのレンズらしく、絞りリングの操作が華やかだ。3分の1段の間隔でクリックして絞るか、リングを「A」に設定してカメラでシャッタースピードを設定し、自動的に絞りを設定するか、Cに設定してカメラのコマンドダイヤルで絞りを設定するかを選ぶことが出来る。
  • 個人的には、あらゆる選択肢を提供した富士フイルムには満点の評価を与えたい。さらに絞りリングリングをAまたはCの位置に固定するための機構も搭載している。

オートフォーカス:

  • AFはDCモーターを使用しており、高速かつ正確に動作する。
  • 穏やかな回転音が聞こえるが、これは特に大きくなく、邪魔にもならない。
  • AF速度は中程度だが、精度は非常に確実だ。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • このレンズには手ぶれ補正機能がない。しかし、カメラには非常に効果的なセンサーシフト式の手ぶれ補正システムが内蔵されている。

解像性能:

  • 素晴らしいシャープネスだ。
  • 中心部はF1.7で優れたシャープネスが得られ、F2からF8までは傑出した結果となる。F11で優れた結果となり、F16とF22も非常に良好だ。
  • この「非常に良い」というのは、ここでのピーク性能との比較であり、5000万画素のシステムに期待される以上のディテールだ。
  • フレーム端は、F1.7からF4までは非常に良好、F5.6からF11まで優れた結果となり、F16で非常に良好、F22では良好だ。
  • 富士フイルムは最小絞りをF22に設定しており、絞り値全域で優れた結果を得ることが出来る。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • ボケ味は美しい。フォーマットが大きくなったことで、背景が劇的にボケるようになり、そのグラデーションは非常に滑らかだ。
  • 小さいフォーマットでも、特にアポダイゼーションエレメントを使用した場合に見られる効果だが、この大きなフォーマットでは自然な結果として現れる。

色収差:

  • 色収差の補正状態も見事だ。少し絞ると中央部はゼロに近くとなる。
  • 周辺部もうまくコントロールされている。
  • 全体的に見て色収差が問題になる可能性は低い。いずれにしても、必要であればソフトウェアにより修正が可能だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 糸巻き型の歪みはわずか+0.12%とほぼ直線的だ。建築物であっても、フレーム端まで直線は直線のままだ。

周辺減光:

  • 周辺光量の低下は非常に小さい。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • フジノンレンズは一般的にフレアの抑制に優れており、このレンズも例外ではない。一般的な使用状況でフレアを引き起こそうと努力しても、問題にはならない。

総評

どこにでも持ち運べて、他のカメラを圧倒するような高品質のシステムになると考えたくなる。実際には、確かに素晴らしいカメラだが、かさばることもあり、ロケの仕事で使う場合に適している。ポートレート、ファッション、風景、建築、社会派の写真に最適で、多くの写真家にとっての主力レンズとなるだろう。F1.7の絞り値は、大型フォーマットの大きな利点の一つである被写界深度に新たな可能性をもたらすものだ。バターのように驚くべき滑らかな描写と相まって、非常に多くの魅力を備えている。
結論として、一般的な日常使用には適していないが、必要であれば、高品質な素晴らしい撮影機材として、強くおススメできるものだ。

  • 長所
    ・優れたシャープネスとディテール
    ・低色収差
    ・逆光耐性
    ・低歪曲
    ・F1.7
    ・防塵防滴
    ・優れた操作性
    ・美しいボケ味
  • 短所
    ・嵩張る

とのこと。
フジノンGFレンズの中では最も明るく、まずまず手ごろな価格で購入することができる単焦点レンズですね。1億画素のGFX 100Sとの組み合わせでも良好な解像性能を発揮し、同時に滑らかで大きなボケを実現している模様。実写作例を確認すると、確かにシャープでボケも綺麗なレンズに見えます。(1億画素の作例はJPEGでもファイルサイズが非常に大きいので注意)
他のレビューサイトでは軸上色収差が残存していると指摘されていましたが、ePHOTOzineの作例ではあまり目立たないように見えます。(収差のせいか、わずかにコントラストが低下しているように見えますが…)
ちなみにFlickrには既に200点以上のユーザー投稿が公開されています。併せて確認しておくのがおススメです。

GF80mmF1.7 R WR交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER