「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

KAMLAN カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

KAMLAN FS 50mm F1.1 IIの光学性能は初期型から大きく改善している【海外の評価】

Sony Alpha BlogがMachang Optical Co., Ltd.の交換レンズ「KAMLAN FS 50mm F1.1 II」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

大型化で画質改善

  • I型と大きな違いは重量で、II型はI型の2.5倍である。
  • ビルドクオリティはとても良好だ。
    ・金属製鏡筒とレンズフード
    ・滑らかなフォーカスリング
    ・プロトタイプの絞りリングはクリック感が小さく少し硬い
  • シャープネス:α6000
    ・中央:F1.1 good、F1.4 very good、F2-F8 excellent
    ・四隅:中央と同じパフォーマンス
    ・これは隅から隅までとても良好な性能のレンズだ。初期型と比べて遥かに大きくなったレンズ口径が功を奏している。
  • I型は開放がソフトで絞ってもvery good止まりだった。パフォーマンスは劇的に改善している。
  • サムヤン50mm F1.2 AS UMC CSは開放の性能がさらに良好だがF2-F2.8は同程度だ。
  • 周辺減光はF1.1で目立つが、F2.8まで絞ると解消する。
  • 歪曲はとても小さい。
  • 逆光耐性は平均以下だ。
  • 色収差は目に付くがF2-2.8まで絞ると解消する。
  • サムヤンは逆光耐性が比較的良好である。
  • ボケはとても心地よい。11枚の絞り羽根が効いているようだ。
  • 玉ボケは非常に良好で口径食の影響は無い完璧な円形だ。
  • 発色は良好~とても良好だがいくらかナチュラルさを欠く

KALMAN 50mm F1.1 IIは優れたポートレートレンズだ。I型と比較してクオリティは非常に高くなっている。

長所:F1.1で良好なシャープネス・F2で非常に良好なシャープネス・全体的に良好な画質・とても良好なビルドクオリティ・優れた玉ボケ・美しいボケ質・良好な発色・低歪曲・低周辺減光・低価格・40cmの最短撮影距離・クリックレスの絞りリング

短所:逆光耐性と色収差補正・電子接点無し・サイズと重量・絞りリングはもう少し滑らかだと良かった

ライバルとなるサムヤン50mm F1.2は…

  • F1.2からシャープなレンズだがより高価である。
  • 後ボケは柔らかいがKamlanほどではない。
  • 玉ねぎボケと口径食が目立つ。この点でKamlanは遥かに優れている。
  • 発色はサムヤンのほうが自然だ。
  • 最短撮影距離はサムヤンのほうが長い。
  • 歪曲・周辺減光・ビルドクオリティは同程度だ。

可能な限りシャープさを求めるならサムヤンだが、最高のボケを得たいと思ったらKamlanを選ぶと良いだろう。

とのこと。

イメージサークル(レンズがセンサー面へ投影する面積)を押し広げることで高画質化を達成したようです。もはや別物と言っていいくらいの変化が見られますね。安価ながらボケのクオリティはかなり良好のようです。

KAMLAN 50mm F1.1 IIのレビュー・作例を集めているページはコチラ

スポンサーリンク

KAMLAN FS 50mm F1.1(*I型です)
Sony E 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
Fuji X 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
MFT 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EOS M 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

KAMLAN関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-KAMLAN, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.