「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Panasonicレンズ Panasonic標準レンズ カメラ レンズ 海外の評価

パナソニックLUMIX S PRO 50mm F1.4は過去最高の50mm単焦点【海外の評価】

更新日:

PhotographyBlogがパナソニックの交換レンズ「LUMIX S PRO 50mm F1.4」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

高い・重い・大きいレンズだが高性能

  • なんと重量955g、全長約13cmと非常に大きく重いレンズだ。
  • LUMIX S1Rと組み合わせるとバランスは取れている。ただし、左手でレンズを支える必要はあるだろう。
  • ビルドクオリティはとても優れている。信じられない程に頑丈だと感じる。
  • 絞リングは1/3段ごとに動作する。
  • 手振れ補正を備えていないが、LUMIX Sカメラのボディ内手ぶれ補正を利用可能だ。
  • オートフォーカスは非常に高速だ。被写体をロックするのに0.05秒ほどである。S1Rの驚くべき低照度AF性能により、良光でも暗所でもピントの迷いを経験しなかった。駆動音は静かで動画に適している。
  • 色収差はとても良好に補正されており、テストでは僅かなサンプルでしか見つけることが出来なかった。
  • 絞り開放で目立つ周辺減光が発生する。F4まで絞ると解消する。
  • 歪曲収差はとても良好に補正されている。
  • ボケの評価には個人差があるものの、我々の見解から述べると間違いなく大成功しているように見える。
  • シャープネス:LUMIX S1R:中央も隅もF1.2からexcellent、F1.4-F8ではoutstandingまで上昇し、F11-F16では回折の影響で低下する。

驚くほど高価だが、素晴らしレンズに違いない。これまでレビューしてきた多くのブランドの50mm(Otus 55mm F1.4やRF50mm F1.2Lも含めた)の中でベストな一本である。

隅から隅までシャープなレンズで、色収差は見つけるのが難しい。歪曲収差は無視できるレベルに抑えられている。唯一の欠点は周辺減光だが、F4まで絞れば解消する。ボケは素晴らしく、低照度AFは良好だ。

カジュアルユーザーには縁のないレンズかもしれないが、初期投資はすぐに回収できるほど良いレンズだ。

とのこと。

数ある50mm単焦点の中でも非常に高価なレンズですね。さらに大きく、重いレンズとなっていますが、パフォーマンスはそれに見合うものを持っているようです。ボケも作例を確認するととても滑らかな描写と感じます。

画質のみならず、オートフォーカスや操作性も非常に良さそうですね。

LUMIX S PRO 50mm F1.4のレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

LUMIX S PRO 50mm/F1.4
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

パナソニックレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

現在のキャッシュバックキャンペーン一覧表

キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/1 -2019/9/17
ツアイス ミラーレス 最大2万円 -2019/8/18 -2019/8/21
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 -2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/1 -2019/9/17
RX100シリーズ 5千円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony α7 最大3万円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony APS-C α 最大1.5万円 -2019/7/28 -2019/8/13
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 -2019/10/15
Nikon Z 最大4万円 -2019/7/29 -2019/8/23

-Panasonicレンズ, Panasonic標準レンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価