「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

LUMIX フルサイズ Panasonic S1R / S1 カメラ 海外の評価

LUMIX S1RはISO12800まで後処理要らずの高感度画質【海外の評価】

Lesnumeriqueが正式発表されたLUMIX S1RとS1のレビューを公開しています。

スポンサーリンク

大きなカメラだが魅力的な1台

  • 一眼レフのクイックリターンミラーを搭載していないにも関わらず、S1Rはとても大きく重いボディだ。しかし、とても大きく良好なカメラグリップを備えている。
  • S PRO 50mm F/1.4を装着すると約2Kgとなる。
  • 他のLUMIXと同様にカスタマイズが豊富で設定は簡単だ。最初にカスタマイズで時間をかけることによって理想的な操作性を手に入れることが出来るだろう。
  • ファインダーは高解像で120fpsの滑らかなリフレッシュレートを備えている。しかし、非常に暗い環境では速度が低下して不快な像となる。
  • 背面モニタは従来のバリアングルモニタでは無く3軸チルト機構を備えており、とても頑丈に見える。
  • タッチ操作はとても直感的で滑らかだ。
  • バッテリー容量は3050mAhと見事だが、撮影枚数は少ない。撮影枚数を伸ばす場合は省電力モードが効果的だ。スリープからの復帰が速いのでおススメである。
  • メディアはXQDとSD UHS-IIのデュアルスロットだ。書き込み中にアクセサリドアを開くと警告音が発生する。
  • Dual.I.Sの手ぶれ補正はとても効果的だ。4700万画素は手ぶれ補正の要求水準が高いにも関わらず、3段分の補正効果は100%の成功率だ。4段でも60%と4700万画素としてはみごとな結果である。それ以上では安定しないが、1秒でも実用的なカットを撮影することが可能だった。
  • レスポンス
    ・起動時間:1.05秒
    ・広角フォーカス速度:0.13秒
    ・遠景フォーカス速度:0.20秒
    ・低照度フォーカス速度:0.62秒
    ・書き込み時間 JPEG:0.19秒
    ・書き込み時間 RAW:0.16秒
  • DFD技術のコントラストAFはとても良好だ。特に人体・顔・動物の検出はとても高速で、追従性能は見事なものだ。
  • AF-Cでは僅かなちらつき(ピントが小刻みに前後する動作)が発生し、低照度ではその傾向が強まる。この状況ではα7 IIIよりもレスポンスが低く、EOS RPと同程度だ。
  • AF-Sの連写速度はRAWでもJPEGでも8.89fps、AF-Cでは6fpsまで低下する。
  • 明るい環境での人体認識を使った追従連写は良好だ。約70%の成功率が得られた。
  • 高感度画質は未処理のISO6400でもそれほど問題は無く、ISO12800でも(後処理せずに)実用的な画質だ。α7R IIIと同じくらい良好で、Z 7よりも優れている。
  • 残念なことに我々がダイナミックレンジ判定用に使っているソフトウェアとRAWの互換性が無い。そこでSilkypixを使ってハイライトとシャドーの復元力を確認してみた。Silkypixの効率が悪いのか、1.3EVオーバーのエリアを復元することが出来なかった。Adobe LightroomやRawTherapeeが対応し次第この項目を再確認したい。
  • 動画の画質はドットバイドットよりAPS-Cモードが良好だ。α7R IIIやZ 7との違いは僅かだが、Z 7がよりシャープだ。しかし、Z 7はモアレが目立っている。S1Rは少しソフトでシャープさが劣っているものの、バランスが取れている。
  • 動画撮影におけるオートフォーカスのレスポンスは良好だ。滑らかさを維持しつつ良好に動作する。
  • ローリングシャッターの影響は限られており、上手く抑えられている。

長所:良好なグリップ・防塵防滴・高度なカスタマイズ・ISO12800までの優れたノイズ耐性・手ぶれ補正・1億8700万画素ハイレゾモード・人体認識・明かるい環境でのAF・最高の電子ファインダー・遠隔操作性・タッチ式チルトモニタ・4K UHD 60/50p・1/16000秒電子シャッター

短所:サイズ・重量・4K編集に向いたコーデックが無い・Log機能が無い・HLG機能が無い・C-AFで6fps・低照度で低下するAF・低照度におけるファインダー像・今のところレンズが高価

大きく重いカメラだが、フルサイズ一眼レフのフォトグラファーが乗り換える理由は数多くある。

とのこと。

低照度におけるC-AFやファインダー像は要確認と言ったポイントがあるようですが、基本的な画質や被写体認識機能はとても良好なようですね。辛口な評価が多いLesnumeriqueとしては高評価となっているように見えます。

個人的にはハイレゾモードを使った際のRAW柔軟性がどれほど向上するのかなのですが、そこまで突っ込んだテストは実施していない模様。

参考
関連ページ

スポンサーリンク

購入早見表

LUMIX S1R
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
LUMIX S1R レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

LUMIX S1R関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31
フルサイズα 最大4万円 -2019/9/30 2019/10/15
APS-C α 最大1.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
ソニーRX 最大1万円 -2019/9/30 2019/10/15
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/30 2019/10/11
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/30 2019/10/11
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 2019/10/15

-LUMIX フルサイズ, Panasonic, S1R / S1, カメラ, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.