LUMIX S5 LUMIX フルサイズ Panasonic カメラ 機材レビュー 海外の評価

DXOMARKがパナソニック「LUMIX S5」のセンサースコアを公開

DXOMARKがパナソニック「LUMIX S5」のセンサーレビューを公開。他の2400万画素機と似たようなパフォーマンスですが、低照度ISOのカテゴリのみ0.3EVほど差が見られる模様。

DXOMARK:Panasonic Lumix DC-S5 Sensor review: Smaller than the Lumix DC-S1, but similar

解像度
MP
総合 色深度
Bit
DR
EV
低照度
ISO
S5 24.2 94 25.1 14.5 2697
α7 III 24.2 96 25.0 14.7 3730
S1 24.2 95 25.2 14.5 3333
EOS R5 45.0 95 25.3 14.6 3042
Z 6 24.5 95 25.3 14.3 3299
α7C 24.2 95 25.0 14.7 3407
α9 II 24.2 93 25.0 14.0 3434
α9 24.2 92 24.9 13.3 3517
α7 24.0 90 24.8 14.2 2248
EOS R6 20.1 90 24.2 14.3 3394
EOS R 30.3 89 24.5 13.5 2742

2400万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載したLUMIX DC-S5は、DXOMARKスコア「94」を達成し、非常に高い評価を得ている。センサー出力は、「LUMIX DC-S1」「Nikon Z 6 II」「α7C」および「α7 III」と同等のレベルだ。

DC-S5のセンサーは、ベースISO感度で25bitの非常に優れた最大色深度を持ち、同時にダイナミックレンジはピークで14.5EVと優れている。センサーは「α7 III」の性能と非常によく似ているが、低照度ISOは「ISO 2697」とあまり良い結果では無い。

今回は、DC-S5と同じセンサーを搭載していると思われる、「LUMIX DC-S1」との比較を行った。また、ハイエンドモデルである「α9 II」と比較している。

色深度

  • LUMIX S5はすべてのISO設定で、色深度の面で良好な性能を発揮している。特に、拡張ISO50とベースISO100の両方の設定で、最大25.1ビットという強力な数値を示している。
  • LUMIX DC-S1にも同じセンサーが搭載されていると思われ、S5と同様の性能を発揮してもそれほど不思議では無い。
  • しかし、LUMIX DC-S5がDC-S1にわずかに及ばず、ストップ間の平均で約0.2~0.3ビット低いのに対し、DC-S1はISO200以降の各ISO設定で約+0.3EVの感度優位性を持っている。
  • α9 IIは、ISO800までDC-S1と同様だ。同程度の色深度であればDC-S5に比べて約+0.3EVの改善が見られる。しかし、それ以上になると、α9はDC-S5よりも色深度が少し低くなる。

ダイナミックレンジ

  • LUMIX DC-S5は、色深度の反応と同様、低ISOでの性能が非常に高く、特にベースISOでは14段以上(14.45EV)という広いダイナミックレンジを持つ。
  • また、感度範囲全体で非常に優れたレスポンスを示しており、ISO400からISO800の間では、色感度の結果で見られたよりも顕著にダイナミックレンジが上昇する。
  • ISO1600で1段分(1EV)と比較的大きなロスが発生し、その後はISOを1段上げるごとにダイナミックレンジが約0.75EVずつ低下する。
  • 「DC-S5」と「DC-S1」のダイナミックレンジは、各ISO域でほぼ同じで、ISO800では同じように向上する。しかし、「DC-S1」は、色深度応答で示される各ISO設定で感度がほぼ同じ+0.3EV向上していることから、「DC-S5」の方が若干ノイズレベルが高いと考えられる。
  • α9 IIと比較すると、LUMIX DC-S5のダイナミックレンジは約半段(+0.5EV)広くなっているが、DC-S1と同様、ソニーの実効感度における+0.3EVの優位性がこれを多少相殺している。

低照度ISO

  • パナソニックLUMIX DC-S5は、ベースISOでLUMIX DC-S1と実質的に同じSNRレスポンスを示している。
  • しかし、他のすべてのISO設定では、SNRがDC-S1よりもわずかに低く、実効感度では約3分の1段(0.3EV)の差がある。
  • α9 IIについて、DC-S5の方がベースではSNRが高く、その後ISO51,200までの各ISO設定では同程度のSNRだ。
  • しかし、DC-S1と同様、α9 IIの方が実効感度で約3分の1段(0.3EV)有利である。DC-S5に比べて3分の1段(0.3EV)向上していることは、低照度ISOのスコアでも証明されている。
  • ダイナミックレンジが9EV以上、色深度が18ビット以上であることを前提に、SNRが30dBの閾値を設定した場合、LUMIX DC-S5の感度はISO2697、LUMIX DC-S1の感度はISO3333と、約-0.3EVの差がある。

総評

LUMIX DC-S5は、LUMIX DC-S1よりも小型・軽量化されており、価格差もさることながら、予算が限られている人にとっては非常に魅力的な選択肢となるだろう。しかし、パナソニックのLUMIX DC-S5は非常に高性能で、優れたLUMIX DC-S1とほぼ同じ出力を持っていますが、ノイズレベルがわずかに高く、低照度での性能もわずかに劣っています。もちろんそれは相対的なもので、パナソニックLUMIX DC-S5は依然として優れた性能を持っており、幅広いジャンルに対応する優れた選択肢であることに変わりはない。

とのこと。
色深度やダイナミックレンジのパフォーマンスはS1やα7Cなど、競合の2400万画素センサー搭載モデルと同等ですが、低照度ISOのみ0.3EVほど見劣りする模様。大きな差ではありませんが、低照度における高感度性能を重視するのであれば注意したほうが良いかも。多少差はあるものの、手ごろな価格Lマウントカメラとしては面白い選択肢に違いありません。

α7 III(2018年)から始まった2400万画素 裏面照射型CMOSセンサーはソニー・パナソニック・シグマ・ニコンで採用しており、ほぼ横並びの性能。このため、差別化を図るのであれば、センサー由来の画質差は大きくないので、プロセッサ側の画像処理やボディの発熱対策などが重要と言えそうですね。そろそろ新型センサーの話も聞きたいところですが…。

LUMIX S5 最新情報・噂情報データベース

LUMIX S5 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
LUMIX S5 レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連カメラ

関連記事

サイト案内情報

LUMIX Sシリーズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-LUMIX S5, LUMIX フルサイズ, Panasonic, カメラ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER