未分類

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8はシャープな中央だが周辺部は絞る必要あり

Digital Camera Worldが「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」のレビューを公開。小型軽量でしっかりとした作りのレンズで、中央はF1.8からシャープと評価。ただし、周辺部は絞らないと良い結果が得られないと述べています。

Digital Camera World:Olympus M.Zuiko 17mm f/1.8 review

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • 小型軽量だがビルドクオリティは見事なものだ。
  • 防塵防滴には対応していないが、頑丈な作りである。

携帯性:

  • 記載なし。

操作性:

  • クラッチ構造のフォーカスリングにより、スライドで素早くMFに切り替えることが可能だ。
  • フォーカスリングには被写界深度目盛りがあり、ゾーンフォーカスが可能となっている。

フォーカス:

  • ステッピングモーター駆動のAFは静止画だと高速、動画で滑らか・静かに動作する。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 中央領域は見事な性能だが、フレーム端や隅は際立った性能ではない。
  • 中央はF1.8から非常に良好だ。ピークの性能はF2.8-F5.6で得られる。
  • フレーム端や隅はF4-8でのみ非常に良好な性能となる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 自動補正により綺麗に修正される。
  • F1.8でわずかな色ずれが見られるものの、絞るとほぼ解消する。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 自動補正により綺麗に修正される。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

パンケーキレンズよりも僅かに大きいだけの小型軽量なレンズだ。フルサイズ判換算で35mm相当となる自然な広い画角のレンズであり、オートフォーカスでもマニュアルフォーカスでもピントを合わせやすく、高品質の金属製外装でありながら超軽量だ。お写ん歩やストリートフォトに最適なレンズである。

  • 長所
    ・実用的な焦点距離
    ・F1.8
    ・小型軽量
    ・ビルドクオリティ
  • 短所
    ・防塵防滴には非対応
    ・別売りのレンズフードが高価

とのこと。
DCWではお馴染みの、いまさら感のあるレンズをざっくりレビューするシリーズの記事ですね。チェック項目は僅かですが、ラボテストで解像性能や色収差のチャートテストを実施している模様。大方のレビューと同じく、中央はシャープで、周辺部や絞らないとやや甘いようです。絞り開放のパフォーマンスが必要であれば、LEICA DG 15mm F1.7や17mm F1.2 PROのほうが良い選択肢となるかもしれません。

ちなみに私も2018年ごろにシルバーモデルを所有していました。質感のよい金属外装に加え、いぶし銀のようなシルバー塗装が好印象。解像性能の傾向はDCWの評価と同じで、周辺部まで意識する場合は2~3段は絞ったほうが良い結果を得ることができます。個人的には絞った際に発生するど派手な光条が好み。そのうち買い戻したいと考えているものの、所有している15mm F1.7と焦点距離やF値、携帯性が被ってしまうのが悩ましいところ。

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 最新情報まとめ

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

レンズの仕様

レンズの仕様
マウント MFT 最短撮影距離 0.25m
フォーマット 4/3 最大撮影倍率 0.08倍
焦点距離 17mm フィルター径 46mm
レンズ構成 6群9枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F1.8 テレコン -
最小絞り F22 コーティング ZERO
絞り羽根 7枚
サイズ・重量など
サイズ φ57.5×35.5mm 防塵防滴 -
重量 120g AF STM
その他 スナップショットフォーカス
付属品
レンズキャップ

関連レンズ

関連記事

-未分類
-,