「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Nikonレンズ Nikon広角レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ニコン NIKKOR Z 35mm f/1.8 SはS-Lineに相応しい優れたレンズ【海外の評価】

更新日:

LesnumeriqueがニコンのZマウント交換レンズ「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

使って楽しい優れたレンズ

  • 鏡筒の評価はとてもシンプルだ。とても頑丈で信頼性がある。デザインの仕上がりは実にエレガントだ。
  • フォーカスリングのグリップ性や滑らかさは非の打ちどころがない。
  • 370g、86mmの全長はZ 7と組み合わせてた時にバランスが取れている。FE35mm F1.4や35mm F1.4 DG HSMよりも小さいが、AF-S 35mm F1.8Gと比べて特に小さいと言う訳ではない。
  • 中央フレームの絞り開放はシャープネスが低い。改善するためには少し絞る必要がある。レンズのポテンシャルが発揮されるのはF2.8以降であり、F2からパフォーマンスが伸び始めるのは少し残念だ。
  • 四隅の絞り開放はさらに甘いがピークのパフォーマンスはZ 7の4500万画素を持ってしても優れている。フレーム全体で一貫したパフォーマンスとなるのはF5.6-F11の間だ。回折の影響はあるが最小絞りまで実用的である。
  • 光学補正が適用されていると歪曲の兆候は無い。
  • 周辺減光は絞り海部で目立つ。4段階の自動補正を適用可能だが、F2.8まで絞ると急速に減少し、F4で無視できる程度となる。
  • 玉ボケは絞り開放の四隅で猫目状に変形し、玉ねぎボケの兆候が見られる。
  • 大口径とZ 7の手振れ補正により低照度のパフォーマンスが高い。
  • オートフォーカスは静かでとても高速だ。欠点があるとすればレンズと言うよりZ 7の問題だろう。

強み:良好なビルドクオリティ・優れた光学性能・防塵防滴・静かで高速なAF

弱み:古い35mmと比べてサイズの利点が無い・光学性能のピークがF2.8以降

NIKKOR Z 35mm F1.8 Sは使って楽しい優れたレンズだ。S-lineに相応しく、欠点を指摘するのは難しい。

とのこと。

Lesnumeriqueはやや辛口なレビューサイトですが、全体的な評価はとても良いようです。解像性能の傾向は他のレビューサイトと同様、中央はF2.8から、四隅のピークはF8前後となっていますね。4500万画素のNikon Z 7を使用したレビューですので、2400万画素のZ 6ならば開放の甘さは緩和されそうです。

NIKKOR Z 35mm f/1.8 Sのレビュー・作例を集めているページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Nikonレンズ, Nikon広角レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価