Nikon Nikon Z Nikon Z 5 Nikon関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

ニコン「Z 5」はこの価格帯としては高画質で汎用性の高いカメラ

IMAGING RESOURCEがニコン「Z 5」のレビューを公開。この価格帯としては優れたユーザーエクスペリエンスを備えたカメラとして高く評価しています。連写速度や4K動画時の大きなクロップが妥協点となりそうですね。

優れたエントリーモデル

IMAGING RESOURCE:Nikon Z5 Field Test

  • Z 5は3機種目となるフルサイズZカメラにして、最初のエントリーモデルである。いくつかの点でZ 6やZ 6IIと同じ機能を備え、いくつかの妥協を持ち込みつつ、1400ドルと手ごろな価格設定を実現している。
  • 外観のデザインや形状、サイズは上位機種であるZ 7やZ 6と非常に似ている。ただし、上位機種のようなサブ液晶モニタが無い。これがどれほどコストカットに繋がっているのか不明だが、個人的にサブ液晶モニタはあったほうが良いと思っている。とは言え、無くても困らない。
  • その一方で、Z 6やZ 7にはないデュアルカードスロットを実現している。上位機種はXQDのシングルスロットだったが、Z 5はSDカードのデュアルスロットだ。XQDほど高速書き込みに対応していないが、デュアルカードスロットを評価するユーザーは多いはずだ。
  • 上位機種と同じ3.2型のチルト式タッチパネルを搭載している。機能的には同じだが、解像度は104万ドットと低下している。それでもこの違いは目立たず、非常にシャープな見栄えである。
  • ファインダーは360万ドットの優れたOLED電子パネルを搭載。良好な発色とコントラストを得ることが出来る。ファインダーは大きくシャープな見栄えだ。光学ファインダー派だが、Zカメラの電子ファインダーは素晴らしいと感じる。
  • Z7やZ 6と同じサイズであり、一眼レフのD780よりもかなり小さい。コンパクトボディながらしっかりとしたグリップを備え、「NIKKOR Z 70–200mm f/2.8 VR S」のような大きいレンズと組み合わせてもバランスが取れている。
  • 一部のコントロールは省略されているが、重要な操作性は維持しており、優れたユーザーエクスペリエンスを実現している。低価格にも関わらず、多くの点で高品質なカメラだ。
  • イメージセンサーは2430万画素のフルサイズCMOSを搭載。これはZ 6とほぼ同じ解像度だが、新しい裏面照射型CMOSセンサーではない。強力な低照度性能や読み出し速度のセンサーではないが、様々な状況で見事な画質だ。
  • カメラ出力のJPEGはとても心地よい色である。最小限の調整で優れたJPEG出力が可能だ。特に低ISO感度では解像性能も良好である。
  • 高感度ISOの画質もかなり良好だ。ただし、ノイズリダクションはディテールを損ない、処理し過ぎているように見える。
  • Z 5の価格を考慮すると、RAWファイルの柔軟性やダイナミックレンジはとても優れている。Z 6ほど優れた高感度ISOではないが、確かに良好だ。
  • オートフォーカスはZ 6と同じ273点の像面位相差AFシステムを搭載。水平・垂直で約90%のエリアをカバーしている。瞳検出に対応しているが、機能はオートエリア時のみ限定だ。AFカバーエリアが広いので動く被写体を追いかける際に便利である。
  • 追従AFは特に明るい場所での撮影に適している。低照度では少し苦戦する可能性があるが、全体的には良好だ。
  • Z 6と同じEXPEED 6プロセッサを搭載しているが、連写速度は大幅に低下している。毎秒わずか4.5コマだ。これはZ 6と明確な違いの一つである。おそらく、センサーの読み取り速度やXQD非対応などが関係しているのかもしれない。とは言え、安定したパフォーマンスを発揮し、良好に動作する。
  • 動画機能には大きな違いがある。4K UHDが利用可能だが、Z 5は大きなクロップ(×1.7)が必要となる。FullHD 120pやRAW動画、4:2:2 10BitやN-logにも非対応だ。しかし、×1.7クロップの4K UHDは少なくとも明るい環境で綺麗な画質となる。低照度でも問題は無いが、優れているとは言えない。
  • 動画撮影時のAFはとても優れている。
  • FullHD時の動画は本当に良好だ。クロップが無く、広い画角での撮影が可能であり、低照度でも良好な画質となる。大部分のユーザーはFullHDで十分と言えるだろう。120fpsに対応しないのは残念だ。
  • 動画撮影時のボディ内手ぶれ補正は良好に動作する。
  • ユーザエクスペリエンスはZ 5の強みと言える部分だ。メニュー操作は簡単で、撮影現場で簡単に設定を変更できる。静止画・動画用に計12種類のショートカット機能を登録可能だ。内蔵の無線通信機能も使いやすく、スマートフォン用アプリもしっかりとしている。
  • 最新EN-EL15cバッテリーを使用しており、USB-Cポート経由で充電が可能だ。
  • キットレンズには最も新しいZレンズ「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」が付属する。最短かつ最軽量のフルサイズ用レンズだ。沈胴式のズーム機構を採用しているため、格納時は非常にコンパクトである。ズーム操作時もコンパクトサイズを維持している。ズームレンジは少し狭いが、小型軽量デザインとのトレードオフと言えるだろう。キットレンズとして購入した場合、約300ドルだ。この価格のレンズとしては優れたパフォーマンスを発揮する。

価格の割に良いカメラだ。高画質の写真撮影が可能であり、多目的に使えてバランスが良い。画質に加え、AFも優れている。連写速度や動画機能はイマイチだが、全体的にとても優れた撮影体験が可能となるエントリーモデルだ。

長所:素晴らしいカメラデザイン・見事な画質・信頼性の高いAF

短所:連写速度が遅い・4K時の大きなクロップ

とのこと。
比較的手ごろな価格設定のフルサイズミラーレスですね。イメージセンサーはやや古さを感じるものの、それでも画質はとても良好なようです。D750世代の画質に不満を感じなければ問題は無さそう。オートフォーカスはレビューサイトによって低照度時の性能低下を指摘しているものの、IMAGING RESOURCEでは特に言及していません。「NIKKOR Z 70–200mm f/2.8 VR S」を組み合わせていたらしく、明るいレンズを使えば大きな問題とはならないのかも?
連写速度や4K動画のクロップは確かに影響を受けやすいポイントですので、自身の使い方に合致するかどうかよく検討したいところ。幸いにも、ニコンが絡んでいるレンタルサービスで非常に手頃な価格でZ 5を借りることが可能です。購入前に実機を借りてじっくり使ってみるのも一つの手と言えるでしょう。

Z 5 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
Z 5 24-50レンズキット
エアクロモール 月額9,900円レンタル
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
Z 5 24-200 レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
Z 5 24-70 限定セット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連カメラ

関連記事

サイト案内情報

Nikon Zシリーズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Nikon, Nikon Z, Nikon Z 5, Nikon関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER