Nikon Nikon Z Nikon Z 5 Nikon関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

ニコンZ 5のボディサイズはコストを抑える為に敢えて大きくなった?

DPReviewが正式発表されたばかりのニコン製エントリーミラーレス「Z 5」の特徴をDPReviewがまとめて紹介しています。ボディサイズが上位機種「Z 6」並みとなっているのは、コストダウンのためらしいとのこと。

DPReview:What you need to know about the new Nikon Z5

  • ニコンZ 5はエントリーレベルのフルサイズミラーレスカメラだ。見た目や操作性はZ 6によく似ており、同じ機能を数多く搭載している。では、何が違うのか?そしてなぜ安いのか?詳しく見ていこう。
  • ニコンZ 5は、EXPEED 6プロセッサと2400万画素CMOSセンサーを組み合わせている。イメージセンサーは我々がZ 6(そしておそらくα7 III)で見てきたのと同じ裏面照射型CMOSセンサーではない。Z 5のセンサーは、おそらくニコン「D750」のセンサーと密接に関連していると思われる。これは一般的な高感度で画質が優れている可能性が高いことを意味するが、非常に高いISO感度では、Z6に分があるはずだ。
  • エントリーモデルながら、最速シャッタースピード「1/8000秒」を実現し、明るい環境での絞り開放撮影を可能としている。さらに、メカニカル、電子先幕モードに加え、「サイレント」撮影モードも搭載している。サイレントモードでは、シャッターは完全電子制御で、文字通り無音で撮影可能だ。
  • 完全電子シャッターは機械的な動作がないため、振動を最小限に抑える必要性が高い「マクロ」や「超望遠撮影」に適している。欠点は、動く被写体を撮影する際に歪みが発生する可能性が高くなることだ。
  • Z 5のオートフォーカスシステムは、Z 6とZ 7と完全に同じではないにせよ、非常によく似ており、ファームウェアを介してこれらモデルに追加された機能を備えている。人間と動物の瞳検出に対応し、一眼レフカメラの「3Dトラッキング」のように動作するトラッキングモードを得ている。Z5の273点のオートフォーカスはカバー率が縦横ともに90%だ。
  • Z 5の最大連写速度4.5fpsはこのクラスでは問題ないが、本格的なスポーツやアクション撮影には十分ではないだろう。
  • APS-Cエントリーモデルである「Z 50」とは異なり、Z 5は5軸手ブレ補正を搭載している。これもZ 6やZ 7と同等の最大5段補正を実現している。
  • VR対応のFマウントレンズをFTZアダプター経由で装着した場合、そして近日発売予定のZ 70-200mm F2.8 SのようなZシリーズのレンズを装着した場合、手ぶれ補正システムは3軸となり、ピッチとヨーの補正をレンズに任せ、ロールはボディが担当する。
  • Z 5は、エントリーモデルとしては異例の大きさと重さであり、上位モデルと全く同じ大きさと重さである。これは、コストを抑えて製造するために意図的に決定したものだと聞いている。
  • Z 6と比較して、人間工学的に大きく変わった点は、上位モデルの上部にある小さなステータス液晶の代わりに、露出モードダイヤルがファインダーの右側に移動したことだけだ。
  • Z5の背面に搭載された3.2型104万ドットの液晶ディスプレイは、Z 6やZ 7と同じものだ。これらのモデルと同様、タッチ操作に対応しており、腰の高さまで傾けて撮影や動画撮影が可能である。
    (訳注:Z 6やZ 7は210万ドット液晶だったと思います。)
  • Z 6とZ 7がすべてマグネシウム合金のボディシャーシを使用しているのに対し、Z 5は背面と上部にプラスチックを使用し、わずかに節約している。構造が異なるにもかかわらず、Z 5はZ 6・Z 7と同じ程度の防塵・防滴性を備えていると聞いている。
  • また、Z 5はZ 6・Z 7と同じ電子ビューファインダーを共有しているのも良いニュースだ。360万ドットのクアッドVGA EVFは、我々のお気に入りファインダーの1つである。競合モデルのように、100fps以上のリフレッシュレートには対応していないが、細かく、鮮明なディテールと優れたコントラストを備えている。
  • Z 5はSDカードに対応したデュアルスロットを採用している。XQD・CFexpressと比べて手頃な価格のメモリーカードである。
  • Z 5とZ 6をスペック面で比較すると、主な差別化ポイントは動画だ。ニコンはZ 6を現在の最上位機種の動画カメラとして肉付けしているが、Z 5の動画機能はかなり絞り込まれている。4K動画を最大30pで撮影可能だが、「1.7倍のクロップ」がある。
  • 全体的に、Z 5はクラスをリードするカメラでは無いが、価格の割にはしっかりとした機能を備えている。FHD動画はクロップなしで記録可能(最大60p)、Z 6に搭載されている「N-Log記録」や「Pro-Res Raw」のようなプロフェッショナル機能はあまり見られない。
  • Z 5はフォーカスピーキングやゼブラストライプなどの機能を備えている。また、マイクとヘッドフォン用のソケットも備えている。
  • Z 5は定評のあるEN-EL15バッテリーの新しい「C」タイプが搭載されている。カメラ内充電('B'タイプと'C'タイプのみ)を必要としない場合は、以前のバージョンと互換性がある。新しい「C」タイプのバッテリーは、容量が若干増加しており、リアモニターで470枚、EVFで390枚の撮影が可能だ(CIPA調べ)。また、オプションのUC-E25ケーブルを介したUSB給電にも対応している。
  • Z 5はZ 6やZ 7と基本的に同じボディを持っているが、新しい24-50mmキットズームを使うことで、全体的なサイズと重量を抑えることができる。24-50mmは、収納時の長さがわずか51mmで、重さは195gだ。以前のZシリーズのズームのようにシャープであれば、日常のカジュアルな写真撮影には妥協する価値があるかもしれない。
  • ニコンはこのレンズを「防塵防滴」と表現しているが、完全な耐候性はない。24-50mm F4-6.3は、Z5とのキットで1699ドル、または単体で399ドルで発売される。

とのこと。
連写や動画機能を割り切って使えばコストパフォーマンスの高そうなモデルですね。イメージセンサーの正体がイマイチ不明であり、高感度画質はZ 6と比較して悪いと考えておいたほうが良さそう。

ボディサイズが大きいのはコストカットの意味合いが含まれているそう。Z 6やZ 7とパーツを共有するためでしょうか?お陰様で低価格ながら充実したファインダー仕様となっている模様。

Z 5 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
Z 5 24-50レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

参考:最新レンズロードマップ

関連カメラ

関連記事

サイト案内情報

Nikon Zシリーズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Nikon, Nikon Z, Nikon Z 5, Nikon関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~