「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Tokinaレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

トキナーopera 50mm F1.4 FFは大きなレンズだが高級レンズに匹敵する光学性能【海外の評価】

Mobile01がトキナーの交換レンズ「opera 50mm F1.4 FF」のレビューを掲載しています。

  • 直径8cm、全長10.8cm、重量950gの一眼レフ用レンズだ。外装はマットなプラスチック製鏡筒でフォーカスリングはゴム製だ。全体的に高級感のあるクオリティだ。
  • 製造国はベトナムだ。
  • 無限遠を使った解像テスト
    ・中央は絞り開放から絞った時と遜色ないパフォーマンスを発揮する。F1.4~F1.8だと少し甘いが、F2.8まで絞ると許容範囲となり、F8まで絞ると中央から一貫したシャープネスとなる。
    ・四隅も非常に良好だ。絞り開放だと周辺減光は顕著だが解像性能に目立った低下は見られない。
  • オートフォーカスはそれほど高速では無い。大口径レンズだから仕方のないことだが、ハイエンドレンズはこれより高速なモデルもある。
  • 玉ボケは均質的で絞り羽根による影響は目立たない。
  • 絞り開放では軸上色収差によるパープルフリンジが僅かに目立つものの、F2.8まで絞ると大きく改善する。
  • ゴーストは小絞りを使った際にいくらか発生するがとても良好な逆光耐性だ。
  • 周辺減光はF1.4で目立ち、F2.8まで絞ると大きく改善する。
  • 歪曲補正は問題無い。

大きく重いレンズだが、パフォーマンスはとても良好だ。オートフォーカスは動く被写体に十分とは言えない速さだが、静止した被写体や歩く程度の動作であれば問題無い。パープルフリンジも注意すべきポイントだが、問題が発生する状況は限られている。

全体的に見て、パフォーマンスはキヤノンのLレンズ、ニコンの金環、ソニーGMに匹敵する良好なパフォーマンスだ。価格を考慮すると検討すべき価値のあるレンズである。

Mobile01:Tokina opera 50mm f/1.4 FF實測 追求卓越散景

とのこと。

他のレビューサイトでも指摘されているように、パープルフリンジは少し目に付くようですが良好な解像性能を発揮するレンズとなっているようです。作例はEOS 5D Mark IV(3000万画素)を使用していますが、無限遠の解像性能はF1.4から全く問題ないように見えます。同じような価格帯にシグマ50mm F1.4 DG HSMが存在するものの、防塵防滴仕様で悪環境に強い点は考慮すべきポイントと言えるかもしれません。

opera 50mm F1.4 FFのレビュー・作例を集めているページはコチラ

opera 50mm F1.4 FF Nikon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
opera 50mm F1.4 FF Canon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

トキナーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Tokinaレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.