PERGEAR カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

PERGEAR 12mm F2は良好な中央解像だが像面湾曲の影響が強い

Radojuvaが「PERGEAR 12mm F2」のレビューを公開。F2から良好な中央解像や良好な操作性を評価。その一方で像面湾曲が強く、絞りを開けた状態での周辺や四隅のパフォーマンス低下を指摘しています。

手ごろな超広角レンズだが

Radojuva:Обзор PERGEAR 12mm 1:2 HD.FMC

レンズの紹介:

  • 複数のマウントに対応したAPS-C用広角レンズだ。今回はソニーEマウント用をレビューしているが、他にニコンZ、富士フイルムX、マイクロフォーサーズに対応している。なぜかキヤノンEF-Mマウントは存在しない。
  • このレンズは手ごろな価格の超広角レンズである。開放F値がF2と明るい点で興味深い。
  • 主な仕様:
    ・金属外装
    ・電子接点なし
    ・APS-C用
    ・フィルター径:62mm
    ・絞り羽根:10枚
    ・絞り:F2~F22
    ・最短撮影距離:0.18m
    ・最大撮影倍率:1:14
    ・重量:300g
    ・レンズ構成:9群12枚(2枚の非球面・2枚の高屈折レンズ)
    ・中国製

ビルドクオリティ:

  • 12mmとしては一般的なF2.8よりも明るい「F2」のレンズである。
  • 箱には前後のキャップに加えて金属製フードが付属する。
  • 説明書はレンズに含まれていない。
  • 全体的にレンズは良好な作りだ。総金属製である。
  • 興味深いデザインだが、少し不格好だ。フォーカスリングには3本のネジがあり、外観を損なっている。
  • 絞りリングはフォーカスリングと異なる奇妙なデザインだ。
  • 62mmのフィルター径は超広角レンズとしては小さめである。
  • レンズフードはねじ込み式だ。
  • フォーカシングで全長が2~3mm伸びる。
  • レンズの画角は12mmよりも狭く、13mmに近い。例えばサムヤン「12mm F2」は明らかに広い画角をカバーしている。

携帯性:

  • 300gの重量がある。
  • とてもコンパクトなレンズである。

操作性:

  • 絞りリングは誤操作を防ぐには十分タイトだ。
  • 絞りリングにクリックは無い。このため、動画撮影に適している。
  • 金属製フォーカスリングはあまり幅広くないがリブ付きだ。滑らかで指一本での操作が可能である。
  • フォーカスリングは120度の角度で最短撮影距離から無限遠まで移動する。
  • リングにはピント距離と被写界深度の表示がある。
  • 絞り値の表示にはF5.6・F11が無い。

オートフォーカス:

  • 記載なし。

マニュアルフォーカス:

  • 僅かなブリージングが発生する。最短撮影距離で画角が小さくなる。
  • 無限遠にはオーバーインフがある。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • F2から中央は良好なシャープネスである。
  • F2.8以降で優れた中央シャープネスとなる。
  • F2では周辺や四隅のシャープネスが大きく低下する。
  • F11~F22で周辺や四隅が改善するものの、回折の影響が見られる。
  • コントラストは良好だ。

像面湾曲:

  • 像面湾曲の影響が見られ、フラットな被写体をパンフォーカスで撮影するのが難しい。
  • F11まで絞ると問題なくなる。

ボケ:

  • 非球面レンズによる玉ねぎボケが見られる。

色収差:

  • 中央は良好に補正されている。
  • 隅では顕著な色収差が見られる。

球面収差:

  • フォーカスシフトは見られない。

歪曲収差:

  • わずかな樽型である。

周辺減光:

  • F2で目に付く光量落ちが発生する。
  • ピント距離で光量落ちは変化しない。
  • F5.6以降で光量落ちが大きく改善する。

コマ収差:

  • 影響は少ない。

逆光耐性:

  • F11~F22まで絞ると美しい光条が発生する。
  • 明るい光源では多種多様なフレアが発生する可能性がある。

総評

手ごろな価格のAPS-C広角単焦点だ。中央はF2から実用的なシャープネスを備え、円形フィルターが使える点でとても満足のいくレンズとなる。しかし、低価格の代償としていくつか大きな問題がある。より高性能な12mmが必要な場合は、高価だがサムヤン「12mm F2.0 NCS CS」を選ぶと良いだろう。

  • 長所
    ・低価格
    ・大口径
    ・金属外装
    ・小型
    ・滑らかなフォーカスリングと絞りリング
    ・ピント距離と被写界深度表示
    ・非球面レンズ2枚
    ・10枚絞り
    ・低歪曲
    ・F2から良好なシャープネス
  • 短所
    ・電子接点なし
    ・実際の焦点距離は13mmに近い
    ・ねじ込み式レンズフード
    ・非常に簡素化された箱や付属品
    ・歪曲や光量落ちの補正データが無い
    ・一般的な現像ソフトに対応プロファイルなし
    ・F2で周辺や隅の画質が低い
    ・大きな像面湾曲
    ・逆光耐性

とのこと。
実売2万円を切る手ごろな価格の超広角レンズですね。開放から良好な中央シャープネスを発揮するものの、像面湾曲の影響が強く、パンフォーカスを得るのが難しいようです。特に明るさを活かした夜景・星空などの撮影には適していない模様。中央をクロップして使うマイクロフォーサーズや、絞って風景撮影で使う場合はコストパフォーマンス良好と感じるかもしれません。

とは言え、明るいAPS-C広角単焦点の選択肢はそう多くなく、似たり寄ったりの社外製レンズしかありません。敢えて言えばサムヤン12mm F2が優れた性能を発揮するようですが、価格は少し高くなるので注意が必要です。

購入早見表

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-PERGEAR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER