TTArtisan レンズ 海外の評価

TTArtisan Tilt 50mm F1.4は優れたビルドクオリティながらライバルが手強い

Sony Alpha Blogが銘匠光学「TTArtisan Tilt 50mm F1.4」のレビューを公開。手ごろな価格でしっかりとした作りと操作性ですが、解像性能はライバルのAsrHori 50mm F1.4に及ばないと指摘しています。

Sony Alpha Blog:TTArtisan 50mm F1.4 Tilt

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • ビルドクオリティはとても良好だ。

携帯性:

  • 記載なし。

操作性:

  • フォーカスリングと絞りリングは十分なトルクを備えている。
  • 絞りリングはクリックレスだ。
  • ティルト機構はロック式だ。ネジを緩めて任意の位置まで傾け固定する。
  • 鏡筒を1回転15度で操作できる銀色のノブを搭載している。

フォーカス:

  • フォーカスブリージングは小さい。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • α7R IVでテストした。
  • 中央は絞り開放で平凡だ。とても良好な結果を得るにはF2.8まで絞る必要がある。
  • 隅はF1.4で悪く、F2.8で良好となり、F5.6で非常に良好だ。
  • 全体的にF1.4はソフトである。シャープネスを改善するにはF2~F2.8まで絞る必要がある。
  • ポートレートの撮影距離でもF1.4は非常にソフトだ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 玉ボケは非常に良好だ。
  • 玉ねぎボケの兆候は見られないが、F2まで絞るとボケが角ばり始める。
  • 後ボケは柔らかく綺麗だ。
  • 発色は良好~非常に良好だ。

色収差:

  • F1.4で目に付く。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 歪曲収差は大きい。

周辺減光:

  • F1.4で強めの周辺減光が発生する。
  • レンズを傾けるとさらに目立つ。
  • F5.6まで絞ると改善する。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は平凡だ。
  • F16まで絞ると光条が得られる。

競合レンズ:

  • 他の選択肢としてAstrHori 50mm F1.4 Tiltがある。
  • TTAritsanはビルドクオリティやティルト機構の操作性が良好だ。
  • AsrHoriはTTAritsanよりもシャープネスが遥かに良好だ。TTAritsanとしては残念な結果である。
  • 後ボケはTTAritsanが少し良好だが、玉ボケはAsrHoriのほうが良好だ。
  • 発色はTTAritsanが良好だ。
  • 歪曲収差や周辺減光は同程度だ。
  • 色収差と逆光耐性はAsrHoriが少し良好だ。
  • ティルト機構はTTAritsanが良好だ。

AsrHoriはよりシャープで、色収差や逆光耐性が良好である。しかし、ティルトの使い勝手はTTAritsanが良好だ。そしてTTArtisanは発色やボケが良い。

作例集

総評

エルゴノミクスが良好なティルトレンズだ。柔らかい後ボケを活かした物撮りに適しているが、一般的な50mm F1.4としてはあまり良好なパフォーマンスではない。主なライバルはAsrHoriで、遥かにシャープだがチルト機構は使い辛い。

  • 長所
    ・チルト機構が非常に良好
    ・チルト効果が楽しめる
    ・価格
    ・柔らかい後ボケ
    ・とても良好な玉ボケ
    ・とても良好な発色
    ・クリックレスの絞りリング
    ・ビルドクオリティ
  • 平凡
    ・F2.8のシャープネス
    ・歪曲収差
    ・周辺減光
    ・逆光耐性
    ・重量
    ・色収差
    ・F2の玉ボケ
    ・チルトしない場合の光学性能
  • 短所
    ・F1.4のシャープネス
    ・隅のシャープネス

とのこと。
(円安の状況下でも)手ごろな価格で入手できる大口径のティルトレンズ。一般的な50mmティルトレンズよりも遥かに大口径であり、浅い被写界深度をティルト機構で自在に操ることが出来るのは面白そうですね。今のところライバルはAsrHori 50mm F1.4 Tiltくらいで、Lensbabyのようなチルト機構のAsrHoriと比べて、TTArtisanはキヤノンやニコンのようにしっかりとしたティルト機構を実現しています。光学性能はAsrHoriほどではないものの、ティルトを楽しみたいのであればTTArtisanは面白い選択肢と言えるでしょう。ダブルガウスタイプらしい光学性能(開放付近は球面収差やコマ収差の影響が強そう)のように見えるので、絞り開放で柔らかい描写が得られ、シャープな結果を得たい場合はF8くらいまで絞ると良好な結果を期待できそう。

銘匠光学 TTArtisan Tilt 50mm F1.4 最新情報まとめ

TTArtisan Tilt 50mm F1.4(簡易検索)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

レンズの仕様

レンズの仕様
発売日 2022年10月14日 初値 ¥35,100
マウント E/L 最短撮影距離 0.5m
フォーマット 35mm判 最大撮影倍率 不明
焦点距離 50mm フィルター径 62mm
レンズ構成 6群7枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F1.4 テレコン -
最小絞り F16 コーティング 不明
絞り羽根 12枚
サイズ・重量など
サイズ φ70×68mm 防塵防滴 -
重量 452g AF MF
その他 電子接点なし・8度ティルト・90度回転
付属品
-

関連レンズ

関連記事

-TTArtisan, レンズ, 海外の評価
-