FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 Xシリーズ 一眼 カメラ 海外の評価

FUJIFILM X-T5は愛されたデザインに最先端を詰め込んだカメラ

PhotographyBlogが富士フイルム「X-T5」のレビューを公開。X-H2と比べてしまうとバッファなど一部スペックで見劣りするものの、富士フイルムらしいカメラに仕上がっていると評価。

PhotographyBlog:Fujifilm X-T5 Review

(機能紹介などが多いので総評のみ抜粋)

  • 2022年は、X-H2、X-H2S、そして新型のX-T5と、3台のフラッグシップAPS-Cカメラを発表し、富士フイルムにとって大きな1年となった。
  • X-H2 / X-H2S は富士フイルムのユーザーが慣れ親しんできた伝統的なダイヤルや操作系をほとんど排除していたが、X-T5は定番のISO、シャッタースピード、露出補正ダイヤルをカメラ上部に備え、長年知られてきた操作性の高いアプローチに回帰した。
  • 操作性こそ違えど、より高価なX-Hと全く同じ静止画画画質を実現している。
  • X-H2と比較した場合、X-T5は8K動画撮影に対応していない。これは富士フイルム側の技術的な問題ではなく、純粋にマーケティング上の判断であるように思われる。
  • X-T5はバッファがかなり小さく、より遅いメモリーカードを使用し、低スペックのEVFを持ち、フルサイズのHDMIや3.5mmヘッドホンソケットを持たず、外部冷却ファンや縦位置グリップをサポートしていない。
  • 4000万画素の解像度、1.6億画素のピクセルシフトモード、クロップなしの4K 60p、より多くの被写体を認識できるようになったAI駆動のAFシステム、改良されたEVF、さらに高性能になったボディ内手ぶれ補正、より長いバッテリーライフなど、多くの点でXTシリーズの大きな進歩を象徴している。
  • X-T4のバリアングル液晶ではなく、3方向チルト液晶に戻し、スチル重視の性質にマッチすると富士フイルムは述べている。
  • 新モデルに縦位置グリップのオプションがないのは、マーケティングの結果である。
  • X-T5は同様のスペックのX-H2より200ポンド安いだけで、比較的小さな価格差しかない。

全体として、X-T5は、より競争力のある価格帯で、先代モデルで愛されたデザインとX-H2の最先端スペックを組み合わせることに成功しており、PhotographyBlogの最高評価にふさわしい製品であると言える。

とのこと。
X-H2との性能差や価格差を指摘しつつ、総合評価では満点と高い評価となっています。バッファや動画性能の差を考慮しても、小型軽量で富士フイルムらしいコントロールレイアウトが好印象だった模様。連続撮影や本格的な動画撮影であればX-H2のような操作性とボディが必要になってくると思うので、割り切ったスタイルとしてはX-T5がちょうど良いと感じるのかもしれません。

富士フイルム X-T5 最新情報まとめ

FUJIFILM X-T5 ボディ ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
FUJIFILM X-T5 ボディ シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
FUJIFILM X-T5 レンズキット ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
FUJIFILM X-T5 レンズキット シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連カメラ

関連記事

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, Xシリーズ 一眼, カメラ, 海外の評価
-,