FUJIFILMレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

XF23mmF1.4 R LM WRは非の打ち所がないパフォーマンス

ePHOTOzineが富士フイルム「XF23mmF1.4 R LM WR」のレビューを公開。絞り開放から全体的にシャープで、諸収差も良好に補正していると高く評価しています。

ePHOTOzine:Fujifilm Fujinon 23mm f/1.4 R LM WR Lens Review

外観・構造:

  • 付属のレンズフードは本体のバヨネットにしっかりと固定できる。
  • 対応するフィルターは58mm径だ。
  • 10群15枚のレンズ構成には2枚の非球面レンズと3枚のEDガラスを使用している。
  • 防塵防滴仕様だ。
  • レンズマウントは金属製だ。ボディにしっかりと装着でき、遊びは無い。

携帯性:

  • F1.4らしく直径のあるレンズだ。それでも重量は375gと手ごろである。
  • レンズフードを装着すると重量は404gだ。

操作性:

  • 幅広いフォーカスリングは電子制御で滑らかに回転する。誤操作を防ぐための適切なトルクが効いている。
  • 絞りリングは1/3段ごとに動作し、精度と感触は完ぺきだ。クリックは滑らかだが、完全な無音ではなく、解除する手段は無い。

フォーカス:

  • AFはリニアモーター駆動で静かに正確に動作する。
  • わずか0.04秒で被写体に合焦する。
  • 最短撮影距離は0.19mで、最大撮影倍率は0.2倍だ。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は非搭載だが、いくつかのボディで手ぶれ補正を利用可能である。

解像性能:

  • 中央はF1.4からF16まで優れた結果だ。
  • フレーム端はF1.4からF11まで優れた結果である。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 騒がしい背景でも心地よい描写である。

色収差:

  • 事実上ゼロであり、ほとんど問題になることは無い。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • +0.01%の糸巻き型だ。

周辺減光:

  • 光量落ちは控えめだ。
  • F1.4で-1.2EVである。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性はとても良好だ。

総評

最高級の23mm F1.4だが、非の打ち所がないパフォーマンスを考慮すると正当化できる。
スタイリッシュで美しいレンズだ。

  • 長所
    ・全体的に優れたシャープネス
    ・目に見える色収差がない
    ・穏やかな周辺減光
    ・逆光耐性
    ・歪曲収差がほぼゼロ
    ・F1.4
    ・防塵防滴
    ・良好なビルドクオリティ
    ・最短撮影距離
  • 短所
    ・少し高価

とのこと。
古いXF23mmF1.4 Rの後継モデルとして登場した最新の23mm F1.4ですね。強力な光学設計に加え、防塵防滴仕様による耐候性や、リニアモーター駆動による高速AFなど、全体的な強化が施されています。

ePHOTOzineは比較的甘めのレビューが多いので気を付ける必要があるものの、その中でもこのレンズはべた褒めに近いテスト結果となったようです。特にこれと言って欠点が無く、価格を許容できれば満足のいく広角レンズに仕上がっている模様。
高解像レンズらしくボケは少し硬めに見えますが、色収差(この場合は軸上)の影響が少ないのは間違い無さそう。絞り開放から快適に使うことが出来そうです。

富士フイルム XF23mmF1.4 R LM WR 最新情報まとめ

XF23mmF1.4 R LM WR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-FUJIFILMレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価