「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

FUJIFILMレンズ FUJIFILM中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

フジフイルム XF90mmF2 R LM WRはシャープでほぼ完璧なボケ描写のレンズ【海外の評価】

更新日:

Admiring Lightがフジフイルムの交換レンズ「XF90mmF2 R LM WR」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

シャープでボケ描写も良好

  • 幅広いフォーカスリングと専用絞りリングを備えた金属外装のレンズだ。レンズはガタツキ無くしっかりと組み立てられている。
  • 唯一批判すべき点があるとすれば、リニアモーター駆動のフォーカスレンズだ。電源が入っていない場合、エレメントが固定されていないため鏡筒内で勝手に移動する。
  • フォーカスリングは幅広く、抵抗感は優れている。他のレンズと同じくオーカスバイワイヤ式制御だがマニュアルフォーカスは簡単だ。
  • 絞りリングも同様に優れている。フジフイルムの素晴らしい絞りリングは宝くじのように大当たりを引き当てるしかない。90mmの絞りリングは大当たりだ。出来れば他のレンズも同じような絞りリングにしてほしい。
  • このレンズは2本目の防塵防滴仕様な単焦点だ。
  • サイズは小さくないためカメラバッグのスペースを必要とする。グリップのあるカメラで使いたいところだ。
  • オートフォーカスは高速かつ静かだ。暗所でも僅かな速度低下しか見られない。注目すべきは接写性能だ。マクロレンズでは無いが、多くのポートレートレンズに欠けているパフォーマンスである。C-AFを使用しても連写速度が低下していないことに驚いた。
  • 手振れ補正を搭載していないため、屋内ではISO感度が上がりやすく、ファインダー像が安定しない。
  • このレンズはとてもシャープだ。F2からほぼフレーム全域がシャープである。フレーム端や四隅は少しソフトだが、まだ良好だ。F4まで絞るとフレーム全域でシャープとなる。端的に言えば被写界深度の調整のみで絞り値を操作すればいいだろう。
  • このようなレンズにとって重要なボケはほぼパーフェクトだ。ボケは滑らかで均一、玉ボケは均等で縁取りは無く滲んでいる。非球面レンズを使っていないため玉ねぎボケの傾向は無い。前ボケ・後ボケともに滑らかだ。
  • 絞り開放から明瞭でコントラストの損失は無く色鮮やかだ。常にコントラストが高いため、ボケても高コントラストな背景には注意が必要だ。
  • 驚くべきことに色収差も非常に良好な補正だ。倍率色収差は極僅か、軸上色収差も非常に良好だ。
  • 歪曲は皆無だ。
  • 周辺減光はとても良好だがF2で少し暗くなる。実写では問題とならないだろう。
  • 逆光耐性は狭い画角とレンズフードのためかフレアの問題に遭遇することは無かった。

長所:理想的な画質・F2からフレーム全体でとてもシャープ・際立ったボケ描写・鮮やかな発色とコントラスト・極めて良好な色収差補正・高速で静かなオートフォーカス・優れた接写性能・良く減衰されたフォーカスリングと絞りリング・防塵防滴・価格

短所:大きく重い・手振れ補正無し

欠点が2つあるものの、他のポイントは全て良好だ。この最高の90mmを手にするためならば、価格設定は安いくらいである。

とのこと。

光学的な欠点を指摘しておらず、とても良好なレンズとして高く評価していますね。他のレビューサイトでも特に目立つ欠点が無い優れたレンズとして紹介されています。

各所の作例を確認すると確かにボケ描写が綺麗なレンズですね。特に撮影距離が開いた場合にも後ボケが滑らかで騒がしくならない点が良い。確かに「ほぼぱパーフェクト」と言うことができる描写と感じました。

価格は新品で10万円をやや下回り、中古で7~8万円台と言ったところ。換算135mm画角の大口径レンズと考えると特に高くない価格設定ですね。

XF90mmF2 R LM WRのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

サイト案内情報

フジフイルム関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-