Yongnuo カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

Yongnuo「YN42.5mm F1.7 II」は魅力的な価格設定のクリエイティブなレンズ

スポンサーリンク

radojuvaがYongnuoのマイクロフォーサーズ用レンズ「YN42.5mm F1.7 II」のレビューとサンプルギャラリーを掲載。初期型と比べてAFが静かになり、意匠にも改善が見られるとのこと。互換性は要確認らしい。

互換性は要確認だが魅力的なレンズ

radojuva:Обзор YONGNUO YN42.5mm F1.7M II (42.5 F1.7 STM, вторая версия)

  • レンズの紹介
    ・マイクロフォーサーズ用の中望遠レンズだ。
    ・F1.7の明るさを備え、小型軽量でステッピングモーター駆動のAFに対応している。
    ・非常に低価格である。
    ・明らかな欠点は互換性だ。動作する機種と動作しない機種がある。
    ・2019年に登場したYN 42.5mm F1.7の後継モデルである。2020年に夏の終わりに正式発表された。
  • I型との違い
    ・I型から1年後にリリースされている。
    ・ボディデザインが異なる。
    ・AF/MFスイッチが小さくなっている。
    ・前玉付近のフレームが異なる。
    ・ラベルのデザインが変更されている。
    ・最新カメラで動作するように最適化されている。
    ・フォーカスリングの遊びが無くなっている。
    ・タイトだが快適なフォーカスリングだ。
    ・AFが遥かに静かに動作する。
    ・少し高価だが、あまり変わらないかもしれない。
    ・光学設計は同じだ。
  • 主な仕様
    ・42.5mm F1.7
    ・0.3m~∞
    ・52mmフィルター
    ・ステッピングモーター(インナーフォーカス)
    ・AF/MFスイッチ
    ・金属マウント
    ・8群9枚 EDレンズ2枚
    ・絞り羽根 7枚
    ・最小絞り値 F22
    ・最大撮影倍率 0.15倍
    ・146g
  • ビルドクオリティ
    ・レンズには保証書・説明書・QCカード・乾燥剤・キャップが付属する。
    ・プラスチック製だがしっかりとしている。
    ・フォーカスリングはプラスチック製だ。
    ・絞り羽根は不規則な7枚羽根だ。作動音が少し聞こえる。動作の遅延はわずかで支障はない。
    ・カメラによってはレンズを認識しなかったり、AF/MFスイッチが利かなかったりする。
  • 携帯性
    ・わずか135gだ。パナソニックの42.5mmとほぼ同じである。
  • 操作性
    ・AF/MFスイッチを搭載している。
  • オートフォーカス
    ・ステッピングモーター駆動である。
    ・フォーカス速度は高速に近い平均的な性能だ。非常に快適である。
    ・十分静かだが、STMらしいノイズが少し聞こえる。I型と比べると遥かに静かだ。
    ・インナーフォーカスである。
    ・フォーカスブリージングがあり、最短撮影距離では画角が狭くなる。
  • マニュアルフォーカス
    ・バイワイヤ式のフォーカスリングである。
    ・ピント全域を移動するには3回転必要だ。
  • 手ぶれ補正
    ・一部のオリンパスカメラではボディ内手ぶれ補正が機能する。
  • 解像性能
    ・中央は絞り開放から良好だ。
    ・四隅はF2.8~F4で許容範囲内に収まる。
  • 像面湾曲
    ・記載なし。
  • ボケ
    ・玉ボケの形状は不均一だ。
    ・非球面レンズを使用していないので玉ボケの内側は滑らかだ。
  • 色収差
    ・十分に補正されている。
    ・全体的な色収差はこのようなクオリティのレンズとしては一般的だ。
    ・軸上色収差が見られる。
    ・玉ボケの縁取りに色づきが見られる。
  • 球面収差
    ・記載なし。
  • 歪曲収差
    ・影響は小さい。
    ・補正しやすい歪曲収差である。
    ・実写で歪曲収差に気が付きにくい。
  • 周辺減光
    ・F1.7の無限遠で最も目立つ。
    ・最短撮影距離で減光が改善する。
    ・F2.8-F4で減光はほぼ解消する。
    ・減光は後処理で簡単に補正可能だ。
  • コマ収差
    ・記載なし。
  • 逆光耐性
    ・レンズフードには対応していないが、逆光耐性は良好だ。
    ・逆光耐性は良好だが、厳しい環境では小さな虹が発生する。
    ・光条は目立たない。

総評

初代の不具合がいくつか修正されている。その結果、ハイクオリティでバランスの取れたレンズとなっている。ただし、LUMIX G2では動作しなかった。公式ウェブサイトに記載されている対応カメラのリストをよく確認しておこう。

約100ドルとなる可能性があり、非常に魅力的な価格設定だ。きちんとしたクリエイティブなレンズであり、アマチュアフォトグラファーにとって面白い選択肢となるだろう。

長所:低価格・小型軽量・静かなSTM・インナーフォーカス・接写性能・便利なAF/MFスイッチ・F1.7・良好な光学性能

短所:互換性・フードが無い・絞り羽根の形状・絞り羽根の動作音・手ぶれ補正なし・ピント距離表示なし・歪曲や周辺減光の自動補正不可

とのこと。
日本でもI型がAmazonで流通していますね。YONGNUOは2020年2月にマイクロフォーサーズシステム規格に賛同しており、開示されたマウント情報からAFに対応しているものと思われます。

互換性はオリンパスやパナソニックほど完璧では無いものの、対応リストのカメラと組み合わせる限りでは快適に利用できそうです。

  • オリンパス:E-M5 Mark II・E-M10 Mark III/Mark IV・E-PL10/9・PEN-F
  • パナソニック:G100・GH5・G9・G99・G8・GX7 Mark III・GF10・GF9・GF8

実際に作例を確認してみると、この価格帯のレンズとしてはしっかりと写っているように見えます。オリンパスの45mm F1.8やパナソニックの42.5mm F1.7と比べると遥かに安く、互換性の問題さえクリアできればコストパフォーマンスの高いレンズに見えます。

問題は互換性のリスクを考慮して差額を良しとするかどうかですが…。それでも飲み代を1~2回我慢すれば買えてしまう価格設定は魅力的ですねえ。今のところ国内Amazonでは確認できませんが、そのうち流通し始めるはず。

YN42.5mm F1.7の最新情報を集めるページはコチラ

YN42.5mm F1.7
*今のところAmazon以外で出品を見たことがありません。
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon PREMOA icon

関連レンズ

サイト案内情報

Yongnuo関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Yongnuo, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER