Nikonレンズ Nikon標準レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

ニコン「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」交換レンズレビュー 外観・操作性・AF編

このページではニコン「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」の外観・操作性・AFに関するレビューを掲載。従来の50mm F1.8と比べるとかなり高価ですが、ハイグレードレンズらしい貫禄を備えています。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2018年12月 7日 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:9群12枚(EDレンズ2枚、非球面レンズ2枚、ナノクリスタルコートあり)
  • 開放絞り:F1.8
  • 最小絞り:F16
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.4m
  • 最大撮影倍率:0.15倍
  • フィルター径:φ62mm
  • レンズサイズ:φ76.0×86.5mm
  • 重量:415g
  • ステッピングモーター駆動
  • 防塵防滴
  • ナノクリスタルコート

ニコン初のフルサイズミラーレス「Z 6」「Z 7」と共に発表され、遅れること数か月後に発売されたZマウント用の50mm F1.8です。一眼レフ用の50mm F1.8と比べると、大きく重く、そして高価となっていますが、「S-Line」に属するグレードの高いレンズであることが示されています。

実際、レンズはインナーフォーカス駆動を採用し、防塵防滴仕様で堅牢性はバッチリ。ステッピングモーター駆動により静音性・高速性に優れ、動画撮影にも適しています。競合他社とは一線を画す高級路線の50mm F1.8です。

50mm F1.8 S

レンズは9群12枚と複雑な光学設計を採用し、EDレンズ2枚と非球面レンズ2枚を使用しています。さらにナノクリスタルコートも使用している模様。モダン設計の50mm F1.4並に贅沢なレンズですね。

レンズ構成を見る限り、基本はガウスタイプのレンズですが前後に補正レンズで挟み込んでいます。対称型の光学設計で、ニコンZマウントらしいコンセプトのレンズに仕上がっている模様。

価格のチェック

価格設定はAF-S 50mm F1.8Gの倍以上。正直に言うと高いです。とは言え、モダンな光学設計の50mm F1.8としては高くもなく、安くもなく。「ニコンのZマウント用最新設計を味わえる」と考えるとお手頃感はあります。「Zマウントとは何ぞや?」を味わってみたいのであれば買う価値があるはず。

NIKKOR Z 50mm f/1.8 S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay

外観・操作性

箱・付属品

ニコンZシリーズらしいデザイン。Fマウントのゴールドを基調としたデザインに慣れていると少し違和感を覚えるかもしれません。

以前のように縦長ではなく、倒れにくい横長スタイルを採用しています。

  • レンズ本体
  • レンズフード
  • レンズポーチ
  • 説明書
  • 保証書

同梱品は過不足ありません。レンズの価格設定を考慮すると問題無いでしょう。

外観

所々に金属パーツを使用した頑丈な外装。Fマウント用レンズのようにプラスチッキーな印象はありません。(以前にレビューしたAF-S 58mm F1.4Gなどは価格からは想像もできない程プラスチッキーでした)。

レンズマウント付近とフォーカスリングは金属製。フォーカスリング前後はプラスチック製です。

マウント付近にはS-Lineを示すロゴやAF/MFスイッチを搭載し、ピント範囲や製造国がプリントされています。ちなみに製造国はタイ。

ハンズオン

全長は86.5mm、重量は415gです。50mm F1.8としては比較的大きいものの、許容できないサイズ感ではありません。複雑な光学設計・インナーフォーカス・防塵防滴仕様を考慮すると妥当なサイズ感と言えそう。

とは言え、一眼レフ用「AF-S 50mm F1.8G」と比べるとかなり大きく、重い。特に重量はなんと倍以上。ただし、ボディが軽いのでシステム全体の重量としては同程度です。

レンズ全長は長いものの、お散歩用レンズとして使う分には携帯性が良好。レンズフードを装着すると少し長いと感じるかもしれません。

前玉・後玉

レンズ構成から確認できるように、標準単焦点レンズとしては珍しい凹タイプの前玉です。凸タイプと比べるとレンズ周辺をメンテナンスしやすいの個人的には好み。

「S-Line」はナノクリスタルコートが標準採用されているものの、NIKKOR Z 24-70mm F4 Sのようにフッ素コーティング処理されていません。水滴や汚れの付着が想定されるシーンではプロテクトフィルターを装着しておくと良いでしょう。

フィルター径はNIKKOR Z 35mm F1.8 Sと同じく62mmを採用。

金属製レンズマウントは4本のビスで固定されています。マウント周囲には防塵防滴用のゴム製シーリングを確認。カメラ装着時に緩すぎたり、硬すぎることはありません。

レンズ後玉はマウント付近で固定されています。このため、センサーとレンズの間で空気が出入りする可能性は低く、防塵防滴に一役買っているものと思われます。

後玉はレンズマウントよりもセンサー側に突き出した形状。ミラーレス用らしく、バックフォーカスをかなり切り詰めていることが分かります。競合他社の安い50mm F1.8でここまでバックフォーカスの短いレンズは無いはず。

ただし、レンズキャップを装着せずにレンズを垂直に立てると後玉を傷つける可能性が非常に高い。カメラに装着する際、うっかり硬いものにぶつけ無いよう気を付けたいところ。

フォーカスリング

幅4cmの金属製フォーカスリングはとても滑らかに回転します。抵抗量は程よく、快適なマニュアルフォーカスを楽しめる動作。レスポンスは良好で遅延は感じられません。

ピント移動速度はリングの回転速度に応じて変化します。素早く回転させると、全域の回転角は90度ほど。ゆっくり回転させると全域を移動するのに2回転以上必要となり、近距離から無限遠まで高精度なピント合わせが可能となります。

レンズフード

プラスチック製花形フードが付属。フードの内側には反射を防止するための切り込み加工が施されています。ボタン式のロック機構やフィルター操作用の窓はありません。

レンズの逆光耐性が良好のため、前玉の保護性が必要なければレンズフードを装着する必要はないかも。

装着例

初期のNIKKOR Zレンズ3本(24-70mm F4・50mm F1.8・35mm F1.8)はサイズや重量が統一されているのでスタイリッシュに見えます。

Nikon Z 7との組み合わせでバランスは良好。特にフロントヘビーとは感じませんが、フードを装着すると全長が少し長くなります。カメラグリップとレンズの間の空間は広く、厚めのグローブを装着していても問題ナシ。

AF・MF

フォーカススピード

ステッピングモーター駆動のオートフォーカスは滑らか、そして高速に動作します。他社のレンズ繰り出し式「50mm F1.8」と比べると遥かに快適。

ニコンZマウントはF5.6まで実絞り測距となるため、低照度で絞った状態の場合はAFが低下しやすいので注意が必要です。

ブリージング

皆無ではありませんが、近距離と無限遠における画角差は大きくありません。通常の撮影距離であればほぼ無視できるレベル。

精度

特に大きな問題は見られません。ただし、至近距離ではフォーカスシフトの影響があるため、絞り開放で測距した後に絞るとピントが後方へ移動するので注意が必要。通常であれば実絞り測距となるので、問題はないはず。

MF

幅広いフォーカスリングは滑らかかつ均質な動作で特に不満は無し。

ニコンの50mm F1.8は一味違う

肯定的見解

ココがポイント

  • 金属パーツを使用した頑丈な作り
  • 防塵防滴仕様
  • 贅沢な光学設計
  • インナーフォーカス
  • ナノクリスタルコート
  • 滑らか動作で使いやすいフォーカスリング
  • 高速で静かなAF
  • ブリージングが目立たない

ニコンZシステム始動に相応しい、ハイグレードなS-Lineの50mm F1.8。F1.4の明るいレンズでは無いものの、頑丈な鏡筒に堅牢な防塵防滴仕様は長く愛用できるレンズに仕上がっています。

特筆すべきはオートフォーカス。繰り出し式でレスポンスの悪い50mm F1.8と比べると遥かに快適であり、滑らかな動作は動画撮影にも適しています。カメラ側のAF性能が向上することで、さらに使いやすくなるはず。

批判的見解

ココに注意

  • 50mm F1.8としては非常に高価
  • 比較的サイズが大きく重い
  • フッ素コーティングの記載なし

従来の50mm F1.8とはグレードが異なるので、欠点と言える欠点はフッ素コーティングの記載が見当たらないことくらい。ついでに言えば、ソニーやキヤノンのように、フォーカスリング以外のコントロールが欲しかったところ。(例えばFnボタンやコントロールリングなど)

総合評価

管理人
満足度は90点。
従来の50mm F1.8を知っている人からすると許容できない価格設定かもしれませんが、価格だけの価値はあるビルドクオリティだと思います。少なくともZ 6やZ 7との相性は良好。より手ごろなミラーレスに装着するレンズとしては割高と感じるかも。
安い50mmが使いたい場合はFTZ経由でAF-S50mm F1.8Gをチョイス。もしくは手ごろな価格のサードパーティ製レンズの登場に期待。

購入早見表

NIKKOR Z 50mm f/1.8 S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Nikonレンズ, Nikon標準レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER