「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon EOS Ra EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合

キヤノンイギリスが「EOS Ra」のリーフレットをフライング掲載 正式発表間近か?

Canon Watchがキヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」シリーズについて噂情報を発信しています。どうやら天体撮影用モデル「EOS Ra」について特ダネを入手した模様。

キヤノンイギリスがフライングでリーフレットを公開した。これはすぐに非公開となってしまうだろう。キヤノンはまもなく天体撮影用モデル「EOS Ra」をリリースする。

テキストによると、EOS RのHα輝線透過率を4倍まで高めたモデルだ。このため赤外線を反射しやすい被写体は実際よりも赤くなるため適切なカラーバランスをることが出来なかったり、色むらが発生する可能性がある。一般的な被写体を撮影するのはおススメ出来ないカメラだ。カメラの操作性は基本的にEOS Rと同じだ。操作はEOS Rの説明書を参考にしてほしい。

この兆候を見るに、新しいEOS Rはすぐ登場するだろう。2019年に登場するかどうかはすぐに分かるはずだ。

とのこと。実際に確認してみると確かにキヤノンイギリスのウェブサイトにてEOS R天体撮影用バージョンが公開されていました。6月、そして昨日噂されていたEOS Raの情報は正しかったみたいですね。既にリーフレットが完成しているという事は公開間近なのでしょうか?Hα輝線の透過率を高めている他、ライブビュー時に30倍の拡大機能を搭載。天体へのピント合わせがより正確に操作可能のようです。

リーフレットは多言語に対応していますが、その中に日本語は無し。中国語なども記載が見当たらないのでヨーロッパ向けのPDFですね。

スポンサーリンク

「2019年にEOS Rシリーズが登場する」と噂されていたカメラがEOS Raだけなのか気になるところ。噂の高解像モデルは2020年前半になるだろうと発信しており、ハイエンドEOS Rもインタビュー記事を読む限りでは2021年ごろとなりそうです。EOS RやEOS RPは9月下旬にAF改善ファームウェアアップデートが告知されており、新型機種の代わりに既存機種の強化でテコ入れがあるようです。

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canon, EOS Ra, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.