「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンRFマウントレンズは2019年に7本登場し、3年のうちに15本のRFレンズが計画されている?【噂】

Canon RumorsがCR2の格付けでキヤノンミラーレスに関連する噂情報を発信しています。

スポンサーリンク

キヤノンはRFレンズの開発に注力している?

キヤノンの2019年ロードマップのうちカメラについてはまだハッキリとしていないが、レンズについては明らかになってきている。

キヤノン自身が2019年にEFレンズは登場しないと述べているが、少なくとも一本のEF-MレンズといくつかのRFレンズを期待している。そして、キヤノンはEOS R発表時にF2.8ズームレンズシリーズを開発中と言及している。

2019年には最大で7本のレンズが発表されると言われているが、2020年まで出荷開始されないかもしれない。

噂されているRFレンズ

  • RF16-35mm F2.8L(もしくは似た製品)
  • RF24-70mm F2.8L(もしくは似た製品)
  • RF70-200mm F2.8L(もしくは似た製品)
  • RF105mm F1.4L
  • RF85mm F1.8 IS STM
  • RFマクロレンズ
  • RFキットレンズ(Lレンズではない)

広角単焦点も開発中だが、情報提供者によると2019年のロードマップに無いと述べているが、常に予定が変わる可能性はある。

EOS R用のLレンズではないキットレンズは2019年前半に登場が期待されているエントリークラスのEOS Rと同時に発表されると予想している。

他にいい知らせがあるとすれば、キヤノンは30~36か月の間に少なくとも15本の新しいRfレンズをリリースしようと計画中であると言われていることだ。

とのこと。

既に話題となっているキヤノンのフルサイズミラーレス用交換レンズの特許出願に

などといったものがありました。マクロレンズが「100mm F2.8 マクロ」となり、キットレンズが「24-70mm F4」となるのかもしれませんね。

個人的にはF4の広角ズームが欲しいところですが、ロードマップ通りだとするとF2.8ズームが先っぽいですねえ。コンパクトな24-70mm F4と純正100mmマクロに期待したい。

F2.8ズームは28-70mm F2のようにぶっ飛んだスペックとなるのか、オーソドックスなF2.8ズームとなるのか気になるところですね。

スポンサーリンク

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31
フルサイズα 最大4万円 -2019/9/30 2019/10/15
APS-C α 最大1.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
ソニーRX 最大1万円 -2019/9/30 2019/10/15
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/30 2019/10/11
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/30 2019/10/11
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 2019/10/15

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.