Tamronの情報 Tamronレンズ カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

タムロンは近いうちにソニーEマウント用「18-300mm Di III-A」を投入する?

Sony Alpha Rumorsが信憑性の低いソニーEマウント用レンズの噂情報を発信。タムロンがAPS-C用の「18-300mm」を近いうちに投入すると述べています。確かに関連した特許はいくつか出願していますね。

Sony Alpha Rumors:WILD RUMOR: Tamron 18-300mm APS-C E lens to be coming soon?

タムロン「11-20mm F2.8 Di III-A RXD」が発売された。そして、またすぐに別のAPS-Cズームレンズが手に入るかもしれない。ある関係者から聞いた話だ。

「近い将来、ソニーAPS-C用のタムロン18-300mmが登場するだろう。私は既にサンプルの個体を見ている」

素晴らしいトラベルレンズとなりそうだ。

とのこと。
SARはこの情報を「Wild Rumor」と冠しているので、信憑性は低そうですね。ソニーAPS-C Eマウントの高倍率ズームレンズは以下の通り。

最も新しいレンズで「E 18-135mm」が2018年に登場していますが、光学倍率が10倍を超えるレンズは今のところ2本の「18-200mm」のみ。しかも中身(光学設計)は同じはずなので、実質的に1種類のみ。しかも2012年に登場した古いレンズです。
APS-C αの需要が高まる中、(今回の噂は信憑性が低いものの)そろそろ新しい超高倍率ズームの登場を期待したいところですねえ。

実際、タムロンは昨年にフルサイズ用の高倍率ズームレンズ「28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD」を投入しており、APS-C用もそのうちリリースするのではないかなと思うのです。APS-C用「18-300mm VC」「18-400mm VC」を想定した特許も出願しており、意識しているのは間違い無さそう。

噂のまとめ

FE 24-70mm F2.8 GM II・FE 70-200mm F2.8 GM II

  • 次に登場する新レンズ
  • 大幅にコンパクトとなる

FE 28-75mm F2.8

  • 詳細不明
  • 2か月以内に登場するかもしれない

FE 28mm F1.8 G

  • 10群13枚
  • 最短撮影距離:0.28m
  • XDリニアモーター
  • 絞り羽根:9枚
  • フィルター径:67mm
  • サイズ:φ74.7×85.2mm
  • 重量:395g
  • 2か月以内に登場するかもしれない

FE 100mm F1.4 GM(信憑性低)

  • クアッドXDモーター
  • スーパーED+XAレンズ3枚・SEDレンズ1枚
  • ナノARコート II
  • フィルター82mm
  • 重量875g

TAMRON 18-300mm Di III-A(信憑性低)

参考:ソニーAPS-C EマウントAFレンズ

SONY

SIGMA

TAMRON

Tokina

SAMYANG

Carl Zeiss

VILTROX

YONGNUO

サイト案内情報

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Tamronの情報, Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER