FUJIFILMレンズ レンズ 噂情報

富士フイルムXF18-120mm F4が5月31日に発表される?

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。ロードマップ上の「XF18-120mm」が5月31日に発表されると述べています。いよいよ高倍率のF4ズームが誕生しそうですね。

Fuji Rumors:RUMOR: Fujinon XF18-120mm f/4 Announcement on May 31

富士フイルムが公式に予告したことや、我々がFujiRumorsで噂したことのすべてが、5月のX Summitで登場するとは限らない。

X-H2高解像モデルやXF56mm F1.2 IIの正式発表はないだろう。
しかし、XF18-120mm F4は登場する。

とのこと。
XF18-120mmは昨年のX Summitで登場が予告され、Fuji Rumorsにて「F4通し」であると言われています。それ以外はどのようなレンズとなるのか不明ですが、側面のデザインを見る限りではパワーズームを備えた動画に強いモデルに見えます。噂の「X-H2S」と組み合わせを想定しているのかもしれませんね。31日発表だとすると、あと数日のうちにより具体的な噂情報が登場するかもしれません。追加情報に期待。

噂のまとめ

太字は確定的な情報

X Summit

  • 2022年5月31日

X-H2S

  • 2022年にフラッグシップカメラが登場
  • 先に積層型モデルが登場し、その後に高解像モデル
  • 2種類の縦位置グリップが存在する。
    ・片方は非常に高価
  • 新型センサー搭載
    X-Trans CMOS
    積層型+裏面照射型
    ・空冷ファンは搭載されない
  • X-H2sのセンサーは2600万画素(積層型BSI)
  • 新型プロセッサ搭載
  • 動物/物体の被写体検出AF
    鳥類
    動物

    鉄道
    飛行機
    バイク
  • 最大40fpsの高速連写
  • P/A/S/Mモードダイヤル
  • GFX100Sのようなコントロールレイアウト
  • 6K
  • 4K 120p
  • X-H2Sはバリアングルモニタを搭載
  • D-Pad搭載
  • X-H2SはCFexpressとSD UHS-IIカードに対応
  • 2500ドル以下
  • 外付けのアクティブ冷却ユニットが存在する。

X-H2

  • X-H2S登場後に発表される
  • 4000万画素 CMOSセンサー
    ・積層型ではない

その他

  • XF150-600mmF5.6-8:2022年
    インナーズームタイプ
  • XF18-120mm:2022年
  • GF20-35mm:2022年
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年

(Via X Summit PRIME 2021XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

フジフイルム関連記事

-FUJIFILMレンズ, レンズ, 噂情報