Nikon Nikonレンズ Nikon関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 ニコン 一眼レフ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

ニコンは2021年に2台の一眼レフといくつかのFマウントレンズを投入する?

Nikon Rumorsがニコンの内部プレゼンテーションと思われる情報を発信しています。どうやら2021年に2台の一眼レフと複数のFマウントレンズが登場するみたいですね。G型レンズのリニューアルとなるか?

まだまだ一眼レフは続く?

Nikon Rumors:Recap of recent Nikon presentation: two new Nikon DSLR cameras and “several” F-mount lenses coming in 2021

以下は最近のニコン内部におけるプレゼンテーションのまとめだ

  • Z 7IIは12月上旬から中旬に出荷開始、2回目の出荷は1月中旬となる。
  • 2021年12月31日までに8本の新しいZマウントレンズのリリースがある。合計24本。
  • 新レンズは単焦点レンズの400mmS・600mmSを含む。
  • 今後登場する100-400mmは非常にシャープな大型レンズになると思われる。
  • 2本の新しいマイクロレンズ(60mm・105mm)
  • Webカメラユーティリティは無料で優れたアプリだ。
  • 確認済:2021年にいくかの新しいFマウントレンズを投入する。
  • 2021年に2台の一眼レフが投入される。
  • 一眼レフの開発は止まっていないが、研究開発費の大部分はミラーレスである。Fマウントをシャットダウンする準備が出来ていない。
  • 一眼レフのほうがまだ売れているが、60日以内にミラーレスが上回ると期待している。
  • Zカメラは引き続きファームウェアアップデートがあり、マイナーから大規模なファームウェアアップデートを実施予定だ。
  • SnapBridgeが改善され、メモリーカードよりも遥かに簡単なファームウェアアップデートが実施できるようになった。
  • 研究開発は引き続き瞳AFにつぎ込まれている。今でもいくつかの動物で動作するが、今後のアップグレードは動物瞳の追従AFに焦点を当てている。

とのこと。
キヤノンは完全に軸足をミラーレスへ移したように見えますが、ニコンはまだ一眼レフ向けの新製品を投入し続けるみたいですね。既にD850後継モデルは噂されていますが、さらにもう1台のカメラボディが登場するとのこと。順当にいけばD500後継でしょうか?今さらエントリーモデルを投入するとは思えないですし…。

Fマウントレンズもいくつか登場するようです。既にラインアップは充実しているため、古くなったG型レンズのリニューアルかもしれませんね。もしくは120-300mm F2.8のように高単価を狙える大型レンズか。

どちらにせよ、ミラーレスの開発も急務であるように感じます。Z 7現ユーザーですが、ソニーαやキヤノンRの最新世代のAFと比べるといくらか見劣りするところがあり、もう少し改善が必要かなと思うのです。コントロールレイアウトやレンズのライン内アップも然り。

とは言え、個人的に旧D850ユーザーなので後継モデルは気になるところ。D780のように一眼レフとミラーレスのハイブリッドのような使い勝手となるのか、ガチムチの一眼レフカメラとなるのか。

サイト案内情報

ニコン関連情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Nikon, Nikonレンズ, Nikon関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, ニコン 一眼レフ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER