FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 GFX GFX 50S 噂情報

9月2日の富士フイルム発表会で登場するもの・登場しないもの【噂】

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。次の大きな発表は9月2日であり、GFXのカメラとレンズの登場は濃厚で、噂のXF33mmF1.4はまだ分からないと言及しています。

Fuji Rumors:Fujifilm Announcement September 2: What We Expect (Fujifilm GFX50SII and More) and What Not

FujiRumorsでは、9月2日に発表があることをお知らせした。意外にも多くの読者が「何が出るんだろう?」とコメントしている。「9月2日に何が起こるのか、何が起こる可能性があるのか、何が起こらないのか」について、以下にまとめてみた。

何が起こるか

確実なのは以下の通りだ。

  • FUJIFILM GFX50SII
  • フジノン GF 35-70mmF4.5-5.6

この2つのカメラについて、FujiRumorsはすでに重要なスペックをすべてリークしている。他に多くのサプライズはないだろう。

想定されること

しかし、まだ何かあるかもしれない。
さて、噂の新製品に関するタイムラインを見てみると、2021年に噂されていたいくつかの機材が登場するかもしれない。

  • フジノン XF33mmF1.4

富士フイルムが9月2日をGFXの純粋な発表の場とし、XF33mmF1.4を後で別個に発表して適切な知名度を与えようとするのか、それとも一度にすべてを発表してしまうのか見極める必要がある。

もし誰かこの答えを知っている人がいたら、私に匿名で気軽に連絡してほしい。

来ないもの

様々な情報が出回っているが、FUJIFILM X-H2は2022年に登場する。
・8K UHD/DCI
・2500ドル未満
・新型センサー&プロセッサを搭載する最初のXカメラ

また、多くの人からXF150-600mmが9月2日に来るのかと聞かれたが、あれは2022年に予定されていると聞いている。9月2日に発表されるとしたら驚きだ。

とのこと。
噂の手ごろな価格のGFXカメラ・レンズの登場は濃厚のようですが、APS-C Xシリーズの「XF33mmF1.4」はまだ分からない模様。今のところ2021年に登場と噂されており、年末までに発売するならば9月~11月には発表されるとは思いますが…。

以前から噂されているようにX-H2は来年みらいですね。現行のX-Trans CMOS 4とX-Processor 4は2018年の「X-T3」から使い続けているので、4年後にX-H2でセンサー・プロセッサを一新するのは理にかなっていると言えるでしょう。正直に言うとAPS-Cで8Kに対応するほど高画素にする必要があるのか、画質に影響がないのか気になるところ。

噂のまとめ

GFX

  • GFX 50S IIが登場する(8月27日ではない)
  • GFX 50S IIの発売日は9月である
  • GFX 50S IIの販売価格は3999ドルだ
  • GFX 50S IIはGFX100Sと同じボディであり、手ぶれ補正を搭載している
  • GF35-70mmが2021年後半に登場する
  • GF35-70mmはキットレンズとして手に入れる場合に実質500ドルとなる
  • GF35-70mmの開放F値はF4.5-5.6だ
  • GFX 50S II+35-70mmレンズキットで4499ドル
  • GF35-70mmには絞りリングが無い
  • GF35-70mmは沈胴機構である

X-H2

  • 2022年に登場
  • 8K動画(匿名情報)
  • 新型センサー搭載
  • 新型プロセッサ搭載
  • 2500ドル以下

参考:Gマウントレンズ一覧

ロードマップ

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, GFX, GFX 50S, 噂情報
-