FUJIFILM関連の情報 Xシリーズ 一眼 カメラ 噂情報

富士フイルム X-T5は4000万画素 非積層型CMOSセンサーを搭載する?

Fuji Rumorsが富士フイルムX-H2に関する噂情報を発信。新規ソースから「X-T5は4000万画素 X-Trans CMOS 5 HRを搭載する」という情報を受け取った模様。

Fuji Rumors:Fujifilm X-T5 to Feature 40MP Non-Stacked Sensor (No 26MP Stacked Version Planed)

新規ソースからの情報だが、それは私が信頼できるソースから言われたのと同じように信頼している。以下が情報だ。

富士フイルム X-T4は、X-H2 HRで使用されるものと同じ4000万画素の非積層型センサーが搭載される。富士フイルムは、X-T5の積層型バージョンをリリースする予定はなく、したがって富士フイルムX-T5sもない。

もし、積層型センサーのX-T5Sを待つのは時間の無駄なので、この際、富士フイルムX-H2Sを買うのが良いかもしれない。

とのこと。
Fuji Rumorsが新規ソースのネタをこのように発信するのは珍しいですね。Fuji Rumors自信も、ひょっとしたらそのような可能性を考えていたのでしょうか?

普及する第五世代のX-Trans CMOSセンサーがどのようなものになるのか以前から気になっていましたが、Fuji Rumorsでは登場が予告されているX-H2のX-Trans CMOS 5 HRが濃厚と感じているようですね。従来の2600万画素センサーからすると大幅な解像度向上となりますが、高ISO感度やセンサーのスキャンレートにどのような影響があるのか気になるところ。第三世代・第四世代はセンサーが統一されていましたが、第五世代では状況が一変するかもしれませんね。エントリー・ミドルクラスのX-TxxシリーズやX-Exシリーズも同様のセンサーを搭載するのでしょうか?個人的には2600万画素程度の解像度・ファイルサイズを維持して欲しいと思うのですが…。今後の追加情報に期待。

富士フイルム X-H2S 最新情報まとめ

X-H2S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

ポイント

太字は確定的な情報

X-H2

  • X-H2S登場後に発表される
  • X-H2Sよりも安く、2500ドル以下
  • 4000万画素 CMOSセンサー
    ・X-Trans CMOS 5 HR
    ・積層型ではない
  • ロゴ以外のデザインはX-H2Sと全く同じ

X-T5

  • X-H2と同じ4000万画素センサーを搭載する

その他

  • XF8mmF3.5:2023年
  • XF30mmF2.8 Macro:2022年
  • XF56mmF1.2 II:2022年
  • GF20-35mm:2022年
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年

(Via XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

関連記事

-FUJIFILM関連の情報, Xシリーズ 一眼, カメラ, 噂情報
-,