「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon Canon関連の情報 PowerShot G5 X Mark II カメラ コンパクトカメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

ePHOTOzineがPowerShot G5 X Mark IIのISO感度別作例を公開

ePHOTOzineが正式発表されたばかりのキヤノン「PowerShot G5 X Mark II」のISO感度別サンプルイメージとハンズオンを公開しています。

  • G5 Xから大きな変化があり、内蔵EVFがポップアップ式となり、バリアングルモニタの代わりにセルフィー対応チルトモニタを導入した。
  • ソニーRXシリーズのように積層型センサーを使用しており、2000万画素のフル解像で最大30fpsのRAW連写が可能だ。
  • レンズはG5 Xと同等の光学4.2倍では無く、光学5倍のズームレンズに更新されている。広角端でF1.8と明るく、望遠端でもF2.8を維持している。マクロは最短で5cm、測距点は31点だ。
  • カメラは持ちやすく使いやすい。ボディは金属・プラスチックパーツで構成され、前後のラバーグリップを備えた良好な作りだ。
  • 操作レイアウトは明瞭で見やすく、タッチ操作による操作も可能だ。
  • メニューシステムは一眼カメラEOSシリーズと同じものとなっているので、既存EOSユーザーならば慣れ親しんだ操作性のはずだ。
  • ファインダーは明るくハッキリとした見え具合で、236万ドットと適度な解像性能を備えている。ユニット下部には視度調整ダイヤルもある。

ePHOTOzine:Canon Powershot G5 X Mark II Hands-On Review

センサーと処理エンジンはG7 X Mark IIIも同じとなっているので、今回のISO感度別作例はそのままG7 X Mark IIIにも当てはめることができそう。

従来の裏面照射型CMOSから積層型CMOSへと切り替わっていますが、高感度ノイズ耐性はなかなか良好なようですね。ISO1600~3200でもノイズがそこまで目立たず、ノイズリダクションとディテール保持が適度なバランスで維持しているように見えます。

ISO6400~12800はディテールの低下が見られるものの、低感度と同じような色再現を維持しており画質が破綻していません。レンズの明るさもあって使いやすそうなカメラに仕上がっている模様。これがRAW出力でどれほど画質を維持しているのか気になるところですが、少なくともJPEGメインの人にとっては面白い1台となりそうです。

Camera Jabberでもハンズオンを公開しており、やはりISO3200が最大値と評価しています。)

PowerShot G5 X Mark II
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
PowerShot G7 X Mark III ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
PowerShot G7 X Mark III シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canon, Canon関連の情報, PowerShot G5 X Mark II, カメラ, コンパクトカメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.