Nikon Nikon関連の情報 カメラ ディスコン ニコン 一眼レフ 機材の噂情報・速報

ニコンDX Fマウントシステムは終了間近か?

ニコンFマウントのDX・FX用レンズが続々と生産終了する中、ついに「D500」が生産終了となり、DX機は残すところ「D7500」のみ。しかしD7500も入手が難しい状況となっています。

ニコンDX Fマウントの終焉は近い?

すでにニコン「D500」のディスコンが話題となっていますね。このカメラは2016年に登場した本格的なスポーツタイプのAPS-C一眼レフです。10コマ秒の高速連写や高ISO感度ノイズに強い2000万画素CMOSセンサーなどを搭載し、さらに「D5」と同じ強力なAFセンサーを搭載していることで話題となりました。売り出し価格は高めでしたが、最近では比較的手ごろな価格だったと記憶しています。

D500
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
D500 16-80 VR レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

公式ウェブサイトに掲載している現行のニコンFマウントカメラは5台。そのうち3台はフルサイズ(FX)モデルで、残り2台がAPS-C(DX)「D500」「D7500」です。「D5600」「D3400」などのエントリーモデルは既にディスコン。ここでD500も打ち止めとなり、残すところD7500のみ。

とは言え、そのD7500も現在は納期未定となっており、このまま消えてゆく可能性がありそう。D500と同じ2000万画素CMOSセンサーを搭載したミドルクラスの一眼レフカメラで、D7xxxシリーズとしてはボディの簡易化(シングルSDカードスロット・バッテリーグリップ非対応)が少し気になるモデルでした。

DX用の交換レンズもディスコンが続いており、既に標準ズームレンズや望遠ズームレンズのラインアップがありません。現在残っているのは広角ズームといくつかの高倍率と単焦点レンズのみ(下部にリストを掲載)。これらもAPS-C Zマウントレンズが充実することで徐々にディスコンになるものと思われます。

ミラーレスZマウントの台頭

よく考えてみると、D500の売り出し価格(約20万円)に少し足すことで10コマ秒以上の連写が可能な「Z 6」「Z 6II」を入手することが出来ます。レンズはまだまだ不足していますが、手ごろな価格の交換レンズが増えてきているので面白い移行先になるのかなと。DX Zカメラの「Z 50」でも10コマ秒の高速連写に対応しています。

もちろん、D500と同じ使い勝手のAFを期待するには次世代機の登場を待つ必要があり。Z fc(スペック的にはZ 50とほぼ同じ)を使った身としては「D500ユーザーの乗り換え先に最適」とは口が裂けても言えません。現時点でD500から移行を検討するなら同社で「Z 6」、(カメラの操作や高速連写、レンズラインアップを考慮して)他社で「α6600」「X-T4」「E-M1 III」あたりでしょうか?

理想としては「D5とD500」のように、いくつか共通するスペックを備えた「Z 90」が登場するとD500ユーザーに最適な乗り換え先となりそう。もちろん高価でしょうけども…。「Z 9」の人気を受けて、ミラーレスシステムの拡充に勢いをつけて欲しいところですねえ。

Z 50 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す    
Z 50 16-50 VR レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す    
Z 50 ダブルズームキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す    
エアクロモール 月額6900円レンタル
Z 6
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す    
Z 6 24-70レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す    
Z 6 FTZアダプタキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す    
Z 6 24-70+FTZアダプタキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す    

参考:公式サイトに残っているDXレンズ

アダプター経由でDX Zカメラに使えそうなレンズだけ残っている印象あり。既にZ 18-140mmが登場し、レンズロードマップ上にはZ 12-28mmも存在します。

ニコン関連記事

-Nikon, Nikon関連の情報, カメラ, ディスコン, ニコン 一眼レフ, 機材の噂情報・速報
-,