E-PL10 Olympus関連の情報 PEN カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

オリンパス PEN E-PL10 最新情報まとめページ

このページではマイクロフォーサーズのカメラボディ「PEN E-PL10」について最新情報を収集しています。

最新情報

  • 2019-11-05:Adobe Camera Raw最新版でこのカメラのRAWファイルに対応した模様。
  • 2019-10-17:オリンパスが「PEN E-PL10」を正式発表しました。
  • 2019-10-15:間もなく登場と噂され始めているので専用ページを作成しました。

データベース

購入早見表

PEN E-PL10 ボディ
ブラウン 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ホワイト 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
PEN E-PL10 14-42mm EZレンズキット
ブラウン 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ホワイト 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
PEN E-PL10 EZダブルズームキット
ブラウン 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ホワイト 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

海外の評価

DPReview

  • マイクロフォーサーズはAPS-Cと比べて小さく、特に沈胴式標準ズームレンズと組み合わせることでポケットサイズで簡単に携帯できるのが強みとなる。「LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.」のような広角ズームでも手持ちVlogに十分な軽量性を確保できる。
  • 一部の重要なカテゴリで競合より秀でているが、他のカテゴリでは見劣りする。主な強みはボディ内手ぶれ補正を搭載していることとバッテリーライフだ。
  • センサーの解像性能が低く、コントラスト検出AFのみ、USB充電非対応などはとても残念なポイントだ。
  • 小型で持ち歩きやすく、ローエンドモデルとしては驚くほどしっかりとした作りのカメラだ。グリップサイズは完璧でコントロールダイヤル、シャッターボタン、電源ボタンに簡単にアクセスできる。
  • 大部分のボタンは親指の真下にあるので誤操作しやすい。
  • 特に十字ボタンが小さい。
  • コントロールダイヤルは一つだけだが、このクラスのカメラとしては一般的だ。
  • ユーザーインターフェースは良いところと悪いところがある。初心者フレンドリーのインターフェースだが、より高度な撮影モードでの撮影には不向きだ。
  • 背面モニターは自撮りに対応しており、タッチ操作でシャッターやAFエリアの操作が可能だ。ただし、下向きに展開するのでカメラを三脚などに固定していると干渉してしまう。
  • ショートカットメニューは便利だが、メインメニューは経験の浅いユーザー向けに改善する余地が残されている。
  • 豊富でクリエイティブなArtフィルターを利用可能だ。
  • ライブコンポジット機能はとても良好に動作する。
  • A/S/P/Mモードを利用可能だが、コマンドダイヤルが一つだけなので露出補正を操作する場合は切り替えながら操作する必要がある。
  • オートモードだと仕上がりがi-Finish固定となるのでプログラムオートを使うのがおススメだ。ただし露出補正ボタンが無効となっているので、「明るさの変更」スライダーを使う必要がある。
  • WiFiとBluetoothを備えている。Image ShareアプリでカメラのQRコードを読み取るだけでWiFiとBluetoothを同時にセットアップ可能だ。リモートコントロールはiOS・Androidどちらも接続が不安定だ。
  • バッテリーBLS-50はCIPA規格で350枚の撮影が可能だ。これはクラス平均を上回っており、フラッシュを使用しなければさらに良好な撮影枚数を期待できる。ただしUSB充電非対応は残念だ。予備バッテリーを用意するか、嵩張る充電器を携帯する必要がある。
  • 競合と同等の解像度では無いが、画質はとても良好だ。初期設定だとパンチのある発色では無いがどの撮影モードでも彩度を上げるのは簡単だ。ホワイトバランスに問題は無く、全てのモードで色温度を調整できるのは注目に値する。
  • JPEG出力のノイズレベルは低感度でも高感度でも悪く無い。これはノイズリダクションが強くディテールを潰しているためだ。設定をオフか低にすると、ノイズリダクションの効果を抑えることが出来る。
  • 露出設定はいくらか特殊な傾向が見られた。
    オートモードではシャッタースピードが速くなりがちで、ISO感度が上がりやすい。これにより手ぶれのリスクが軽減されるが、ノイズ量が増加してディテールが低下する。
    その一方、プログラムオートではシャッタースピードが上がらず、小絞りを使う傾向がある。
  • オートフォーカスはS-AFで高速かつ正確だ。C-AFではピントが前後する場合がある。追従時の顔検出も素晴らしいとは言えない。
  • C-AF+TRは被写体を良好に追従するが、被写体が動くとピントが前後する。デュアルピクセルCMOS AFを備えたEOS M200などはより良好な被写体追従が可能である。
  • 4K 24p・30pの動画撮影に対応しているが、4Kを利用するにはモードダイヤルを動画に設定する必要がある。それ以外のモードで動画を利用する場合はFHDとなる。
  • 4Kを利用するとクロップが発生し、電子手ぶれ補正を組み合わせることでさらにクロップ率が増加する。センサーシフト式だけでも似たような効果を得られるので設定を変更する価値がある。
  • 4K・FHDの画質はディテール豊富とは言えないが、ソフトな描写でもない。ローリングシャッターの影響が見られるものの、それほど悪くはないはずだ。ただし、パンニング中の手ぶれ補正が過剰地味となる。
  • 動画は撮影モードに関係なく、常に自動露出となる。撮影前に露出補正を適用するか、撮影中に仮想ボタンで調整することもできる。
  • カメラにはマイク・ヘッドホン端子が存在しない。

魅力的なエントリークラスのミラーレスだ。低価格だがしっかりとした作りで好印象の質感だ。。キットレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」と組み合わせることでポケットサイズのシステムとなる。コンパクトなボディに3軸手ぶれ補正を搭載しており、静止画・動画どちらでも利用可能である。

簡単操作に対応しているが、高度な手動操作が難しくなっている。さらにメニューシステムが初心者フレンドリーとは言えず、ユーザーが成長してもカメラがそれに応えるほどの自由度が無い。ワイヤレスアプリは信頼性が低く、USB充電に対応していないのは残念だ。

画質はとても良好である。大部分の人が満足のいくJPEGカラーであり、ノイズレベルは低感度・高感度どちらも低く抑えられている。オートフォーカスは高速で顔検出と被写体追従は十分だろう。4K動画の画質も良好だが、4K時にはクロップが大きく、追従AFが良く無い。

全体的に見て、日常生活の写真や動画撮影に適している。おススメするかと言うと、おそらくそうでもない。キヤノンEOS M200はレスポンスと信頼性が高く、初心者フレンドリーの優れたインターフェースを備えている。さらにより高度なAFシステムを搭載している。大画面の富士フイルムX-A7も見逃せない。

DPReview:Olympus PEN E-PL10 review

PEN E-PL9・E-PL8との違い

発売日・初値

E-PL10 E-PL9 E-PL8
発売日 2019/11 2018/3/9 2016/11/18
希望小売価格 オープン オープン オープン
初値 ¥77,220 ¥65,664 ¥75,000
  商品ページ 商品ページ 商品ページ
  仕様表 仕様表 仕様表

イメージセンサー

E-PL10 E-PL9 E-PL8
センサーサイズ 4/3型Live MOS 4/3型Live MOS 4/3型Live MOS
センサー形式 表面照射型 表面照射型 表面照射型
有効画素数(万画素) 約1605万画素 約1605万画素 約1605万画素
最大記録画素 4608 × 3456 4608 × 3456 4608 × 3456
アスペクト比 4:3
3:2
16:9
1:1
3:4
4:3
3:2
16:9
1:1
3:4
ローパスフィルター なし? なし? なし?
手振れ補正(補正段数) 3軸3.5段 3軸3.5段 3軸3.5段
光学IS連携(補正段数) - - -
除塵機能 SSWF SSWF SSWF

プロセッサー

E-PL10 E-PL9 E-PL8
画像処理エンジン TruePic VIII TruePic VIII TruePic VII
RAW出力形式 12bitロスレス 12bitロスレス 12bitロスレス
記録メディア SDXC UHS-I SDXC UHS-I SDXC UHS-I
メディアスロット 1 1 1

露出

E-PL10 E-PL9 E-PL8
測光方式 324分割ESP
中央重点
スポット
スポット ハイライト
スポット シャドー
324分割ESP
中央重点
スポット
スポット ハイライト
スポット シャドー
324分割ESP
中央重点
スポット
スポット ハイライト
スポット シャドー
測光範囲 EV -2~20 EV -2~20 EV -2~20
露出モード AUTO
P/A/S/M
バルブ
タイム
SCN
Art
AP
AUTO
P/A/S/M
バルブ
タイム
SCN
Art
AP
AUTO
P/A/S/M
バルブ
タイム
F.story
SCN
Art
水中
カスタム1~4
常用ISO感度 200-25600 200-25600 200-25600
拡張ISO感度 100 100 100
露出補正 ±5EV ±5EV ±5EV
フリッカー低減 - - -
DR補正 対応 対応 対応

オートフォーカス

E-PL10 E-PL9 E-PL8
AF方式 コントラスト コントラスト コントラスト
測距点(位相差) - - -
測距点(コントラスト) 121点 121点 81点
クロスセンサー - - -
F8対応 - - -
カバーエリア 不明 不明 不明
測距輝度範囲 不明 不明 不明
測距エリアモード オール
シングル
グループ 9点
追尾AF
オール
シングル
グループ 9点
追尾AF
オール
シングル
グループ 9点
追尾AF
顔検出 対応 対応 対応
瞳検出 対応 対応 対応
追従特性カスタマイズ - - -
被写体検出機能 - - -
縦/横位置切替 - - -

ドライブ

E-PL10 E-PL9 E-PL8
シャッター速度 60~1/4,000秒 60~1/4,000秒 60~1/4,000秒
電子先幕シャッター 60~1/320秒 60~1/320秒 60~1/320秒
電子シャッター速度 60~1/16,000秒 60~1/16,000秒
SCNモード限定
-
フラッシュ同調 1/250秒以下 1/250秒以下 1/250秒以下
高速連続撮影 AF/AE固定 約8.6コマ秒(メカ)
約14.1コマ秒(電子)
約8.6コマ秒(メカ)
約14.1コマ秒(電子)
約8.5コマ秒(メカ)
高速連続撮影 AF/AE追従 約4.8コマ秒(メカ)
約6.1コマ秒(電子
約4.8コマ秒(メカ)
約6.1コマ秒(電子)
約3.7コマ秒(メカ)
連続撮影枚数 RAW 14コマ
(4.8fps)
RAW 13コマ
(8.6fps)
RAW 14コマ
(4.8fps)
RAW 13コマ
(8.6fps)
RAW 20コマ
(3.7fps)
RAW 16コマ
(8.5fps)
特殊連写 - - -
低速限界設定 - - -
プリ連写機能 - - -

ファインダー・モニター

E-PL10 E-PL9 E-PL8
ファインダー方式 - - VF-4対応
ファインダー解像度 - - -
視野率 - - -
アイポイント(mm) - - -
最大ファインダー倍率 - - -
視度調整範囲 - - -
リフレッシュレート - - -
備考 - - -
モニター形式 TFTカラー TFTカラー TFTカラー
モニター解像度(ドット) 約104万ドット 約104万ドット 約104万ドット
モニターサイズ 3.0型 3.0型 3.0型
可動方式 チルト
上80度
下180度
チルト
上80度
下180度
チルト
上80度
下180度
タッチパネル 対応 対応 対応

動画

E-PL10 E-PL9 E-PL8
映像記録方式 MPEG-4AVC/H.264 MPEG-4AVC/H.264 MPEG-4AVC/H.264
音声記録方式 LPCM LPCM LPCM
記録形式 MOV MOV MOV
AVI
4K 4K UHD
30p/25p/24p
IPB
102Mbps
4K UHD
30p/25p/24p
IPB
102Mbps
-
FHD 60p/50p/30p/25p/24p
IPB
52Mbps
60p/50p/30p/25p/24p
IPB
52Mbps
30p
IPB
26Mbps
ハイスピード HD 120fps -
連続撮影制限 約29分 約29分 約29分
外部出力 モニターモードのみ モニターモードのみ
タイムラプス動画 対応 対応 対応
動画撮影機能 ムービーエフェクト
ムービーテレコン
アートフィルター動画
ムービーエフェクト
ムービーテレコン
アートフィルター動画
ムービーエフェクト
ムービーテレコン
アートフィルター動画
動画プロファイル - - -

作画機能

E-PL10 E-PL9 E-PL8
HDR撮影 対応 対応 対応
多重露光 2枚 2枚 2枚
インターバル撮影 ~999枚 ~999枚 ~999枚
高解像撮影 - - -
ブラケット AE/Focus AE/Focus AE/ISO/WB/Flash/HDR
その他特殊撮影 デジタルシフト
ライブバルブ
ライブコンポジット
パノラマ
デジタルシフト
ライブバルブ
ライブコンポジット
パノラマ
デジタルシフト
ライブバルブ
ライブコンポジット
パノラマ
フォトストーリー
ボディ内RAW現像 対応 対応 対応
仕上がり設定 9種 9種 9種
プロファイル調整機能 シャープネス
コントラスト
彩度
諧調
H&S
シャープネス
コントラスト
彩度
諧調
H&S
シャープネス
コントラスト
彩度
諧調
H&S
ホワイトバランス オート
プリセット6種
ワンタッチWB
色温度
オート
プリセット6種
ワンタッチWB
色温度
オート
プリセット7種
ワンタッチWB
色温度
デジタルフィルター 16種 16種 14種

インターフェース

E-PL10 E-PL9 E-PL8
デジタル端子 USB 2.0
Micro-B
USB 2.0
Micro-B
USB 2.0
独自端子
特殊端子 - - AP2端子
シンクロ端子 - - -
HDMI端子 D D D
外部マイク端子 - - -
ヘッドフォン端子 - - -
リモコン端子 - - RM-UC1
ワイヤレスリモコン - - -
WiFi 802.11b/g/n 802.11b/g/n 802.11b/g/n
Bluetooth Ver.4.0 Ver.4.0 -
NFC - - -
GPS - - -
環境センサー - - -
テザー撮影 - - -

電源

E-PL10 E-PL9 E-PL8
バッテリー BLS-50 BLS-50 BLS-50
縦位置グリップ - - -
USB充電 - - -
USB給電 - - -
撮影可能枚数
静止画
約350枚 約350枚 約350枚
撮影可能枚数
動画
約80分 約80分 約90分
ボディ材質 プラスチック プラスチック プラスチック
ボディサイズ 幅 117.1 117.1 117.1
ボディサイズ 高 68 68 68.3
ボディサイズ 奥 39 39 38.4
質量(メディア・バッテリー含) 約380g 約380g 約374g
質量(ボディのみ) 約332g 約332g 約326g
防塵防滴 - - -
動作温度 0~+40℃ 0~+40℃ 0~+40℃

サイト案内情報

PEN E-PL10関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-E-PL10, Olympus関連の情報, PEN, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~