SIGMAの情報 SIGMAレンズ レンズ 管理人レビュー

シグマ24-70mm F2.8 DG DN Art レビュー【ボケその2】

【広告】フジヤエービックで「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」アウトレット82,800 円(税込)

シグマのフルサイズミラーレス用交換レンズ「24-70mm F2.8 DG DNレビューページにボケテストの結果(その2)を追加しました。

スポンサーリンク

ボケ その2

絞り値による推移

24mm

スライドショーには JavaScript が必要です。

接写時は本当にボケが柔らかく、ズームレンズとしては非常に良好。接写時はピント面が若干ソフトな傾向となりますが、コントラストはしっかりとしているので解像感は出るはず。

1段絞るとピント面甘さが少し緩和します。F2.8と比べて使いやすそうな描写。F5.6まで絞ると甘さが全くなくなり、ピント面がとてもシャープとなります。ボケは相応に小さくなりますが、まだまだ滑らかで好感の持てる描写です。

70mm

スライドショーには JavaScript が必要です。

24mmと比べて撮影距離を長くすることができ、ピント面は比較して開放からシャープさのある描写です。やはりボケは滑らかで綺麗、ズームレンズらしからぬ写り。

広角側と違って僅かに軸上色収差が発生しています。フルサイズで気になる良では無いものの、高画素機でクロップしたり、APS-Cセンサーカメラを使う場合には少し絞ったほうが良いかもしれません。1段も絞れば改善します。

面白いことに、後ボケに青い色ずれが見られます。(普通は前ボケに紫や青の色ずれ)

35mm

スライドショーには JavaScript が必要です。

どちらかと言えば24mmに近いボケ。ピント面を含めて少し柔らかい描写となるので、画を引き締めたいのであれば1段絞ると良い感じ。

70mm

スライドショーには JavaScript が必要です。

このレンズは標準大口径ズームとしては珍しく、11枚の絞り羽根を搭載しています(多くのレンズは9枚羽根)。絞っても形が崩れにくく、綺麗な描写を維持しているように見えます。これはシグマの長所と考えて良いはず。

前後ボケ比較

ボケが騒がしくなりそうなシチュエーションを選んでストレステスト。厳しい撮影条件ながらボケ描写に顕著な粗は見られません。

と言っても、開放からコントラストや発色が良いので、場合によって騒がしくなることも。そのような場合は単焦点レンズでも騒がしくなるものですが…。

一般的にボケが非常に騒がしくなるシチュエーション。このレンズでも若干騒がしく見えますが、色収差が抑えられ、ボケの縁取りも僅かなので健闘しているように見えます。前ボケ・後ボケ共に大きな問題はありません。

望遠側と比べると広角側のほうが柔らかいボケのように見えます。広角接写時は四隅が少し甘いたかもしれません。

玉ボケは四隅まで良好な状態を維持しています。玉ボケ内側の描写も綺麗。今回の作例では確認できませんが、小ボケ領域の玉ボケは四隅で僅かに騒がしくなることがあります。おそらくコマ収差が影響しており、ピント面直後・直前の四隅には注意した方が良いでしょう。

その他作例

雑感

ズームレンズとしては間違いなく綺麗なボケ。F2.8標準ズームにボケ描写を求めているのであれば、検討すべき一本。

大部分の軸上色収差は良好に補正され、気になるカラーフリンジはありません(望遠側の四隅は少し目に付く可能性あり)。撮影距離が近いとピント面が若干甘くなるものの(特に四隅)、絞りを調整することで改善可能。多少絞ったとしても、11枚の絞り羽根により綺麗なボケ描写を維持しています。非球面レンズは綺麗に研磨され、玉ボケに大きな影響お及ぼしていない点もGood。

基本的にピント距離が無限遠側に移動したとしても綺麗なボケ描写となっています。ただし開放からコントラストが高く、接写ほど柔らかさのあるボケではないので、色や輝度のコントラストが高いと少し騒がしく感じるかもしれません。(それでも他のズームレンズと比べて滑らかと感じますが)

新品・中古レンズを探す

シグマ 24-70mm F2.8 DG DN 交換レンズ徹底レビューページはコチラ

24-70mm F2.8 DG DN Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
24-70mm F2.8 DG DN Leica L
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
LAOWA 最大1万円 -2020/1/13 2020/1/13
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Nikon 最大4万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SIGMAの情報, SIGMAレンズ, レンズ, 管理人レビュー

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.