「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon Canonレンズ Canon標準レンズ EOS Kiss M EOS ミラーレス一眼 カメラ デジタルカメラ総合 レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

EOS Kiss MとEF50mm F1.8 STMの組み合わせはアリか?ナシか?

投稿日:

EOS Mには大口径レンズが足りない!

ついに”Kiss”を冠するモデルがEOS Mシステムから登場しましたが、まだまだレンズラインナップに穴がありますね。特に大きなボケを作りたい時に”必要な大口径レンズ”が不足しています。

しかし、キヤノンは純正のマウントアダプター「EF-EOS M」でEFレンズを使用できる環境を整えてくれました。EFレンズには50mm F1.8 STMと言う安くて大口径と言うことで有名なレンズが存在します。

そこで今回は「EF50mm F1.8 STMはEOS Kiss Mで使えちゃうレンズか?」どうかを確認してみたいと思います。

EF50mm F1.8 STMとは?

キヤノンでは有名なフルサイズ一眼レフ用の大口径標準単焦点レンズ。

実勢価格はなんと1.5万円(税込)。フルサイズに対応する”50mm F1.8”としてはとても安いレンズです。仕事帰りの居酒屋を何度か晩酌に変えるだけで買えそうな価格ですね。巷では”撒き餌レンズ”と呼ばれています。

ボケ量/価格を考慮するとコストパフォーマンスはとても良好。

画角は狭くなりますがAPS-Cの一眼カメラでも使用可能。当然ながら「マウントアダプターEF-EOS M」を経由するとEOS Kiss Mでも使用することが可能です。

絞り開放の描写は少し癖があるものの、絞ることで描写がキュッと引き締まります。「大口径単焦点とはなんぞや?」を理解するのに打って付けの一本と言えるかもしれません。

EF50mm F1.8 STM専用ページはコチラ

EOS Kiss Mと組み合わせる

マウントアダプタEF-EOS M

「一眼レフ用」のEF50mm F1.8 STMを「ミラーレス」のEOS Kiss Mに装着するためにはアダプターが必要です。

用意したのはキヤノン純正の「マウントアダプターEF-EOS M」。

新品で9千円ほどですが、レンズが入っている訳でもないので状態の良い中古品を安く取り寄せるのもアリ。これをゲットしてしまえば「EF40mmF2.8 STM」やシグマ「30mm F1.4 DC HSM」なども装着可能です。

シグマなど社外製レンズは正式に対応していないものの、手持ちの「70mm F2.8 DG MACRO Art」や「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」は正常に動作しました。

EF-EOS M 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

マウントアダプターEF-EOS MとEF50mm F1.8 STMを合体。

フードも装着すると少し全長が長いレンズとなりますね。とは言えまだまだ許容範囲内の大きさ。

どちらもプラスチック製外装のため軽量なレンズです。EOS Kiss Mとの組み合わせで重心がレンズ側へ大きく偏ることはありません。

さっそくEOS Kiss Mに装着。

フードを外した状態だとコンパクトにまとまっていると感じます。レンズ前玉が鏡筒内に引っ込んでいるのでレンズフードの必要性は低いかもしれませんね。元が軽量なレンズですのでマウントアダプター込みでも特にフロントヘビーとは感じません。

ガタツキは無くしっかりとカメラ側へマウントされています。

フードを装着すると少し嵩張りますが、プラスチック製のため重量や重心に大きな変化はありません。

フード無でも遮光性は問題ありませんが、フォーカシングで内筒が少し伸びるため内筒への衝撃保護を優先して装着しておきたいところ。

オートフォーカス

一眼レフ(手持ちのカメラだとEOS Kiss X9やEOS 80D、6D Mark II)に装着した場合と同程度のオートフォーカス速度です。

EOS Kiss Mのポテンシャルをもってすればもう少し速くても良さそうですが、EF50mm F1.8 STMの駆動速度が頭打ちとなっているようです。

近距離で激しく動く被写体でもなければサーボAFで十分食いつくレベルなのでストレスフリー。

マニュアルフォーカス

フルタイムマニュアルに対応していますが、バイワイヤ式(電子制御)のフォーカス駆動なので限定的なフルタイムマニュアルです。

サーボAF作動中やオートフォーカス前の待機状態(AFモード)ではマニュアルフォーカスは動作しません。これは一眼レフと同じ仕様ですね。ワンショットAF後の半押し中や一時的なMF切替時などで動作します。

自動でフォーカスアシストが作動しピーキングで快適なマニュアルフォーカスが楽しめます。

実際に撮ってみる

実写で問題なく動作し、オートフォーカスや連写も一眼レフと遜色ない使い勝手で使用可能。

フルタイムマニュアルでピーキングを使えたり、瞳AF(ワンショットAF限定)が使えるので一眼レフより快適かもしれません。

咄嗟のシャッターチャンスに素早くフォーカシングできる程度のフォーカス速度は出ていました。

シャボン玉が多くなるとピント面がシャボン玉に引っ張られます。これはどちらかと言うとKiss Mのパフォーマンスの問題ですが…。

フォーカス駆動は静止画ならまず問題無いパフォーマンスですが、動画撮影では駆動音を拾いやすいので向いていませんでした。

フルサイズ一眼レフで「標準単焦点」として使うより、最大撮影倍率が高くなります。このため、小さい植物のクローズアップにも適しています。

大口径レンズのため、シャッタースピードを稼ぎやすい点もグッド。風で揺らぐ植物もサーボAFで正確に追従が可能です。

フォーカスエリアの選択肢が少ないため、細部にピントを合わせるときはフルタイムマニュアルで追い込みたくなります。

接写すると補正しきれていない球面収差が目立ちます。被写界深度外へ向かってジワーっと滲むようにボケていますね。

個人的に好みのボケ質ですがコントラストが少し低下しています。シャキッと写したい場合は2段ほど絞ると良いかもしれません。

撮影距離が開くにつれボケが硬くなってゆきます。

個人的には「接写~1m」くらいまでの撮影距離でボケが綺麗と感じます。

シャープネスは開放で少し甘いですが、絞ることでAPS-C2400万画素でも問題の無い解像性能となります。

このレンズで解像性能を求める人は少ないかもしれませんが、絞ると四隅まで安定しています。

個人的に悪く無い描写かなと思いますが、日中にF1.8~F2あたりを使用するとEOS Kiss Mのシャッター速度上限である1/4000秒に突き当たります。ミラーレスでは一般的となっている高速電子シャッターに対応していないのはちょっと残念ですね。日中にF1.8を使うと思ったらNDフィルターが必要となる可能性があります。

アリか?ナシか?

points

  • アダプターとセットで買っても安い
  • EOS Kiss Mに装着して問題無いサイズと重量
  • EOS Mで貴重な50mm大口径レンズ
  • 接写時の柔らかい描写
  • 程よいフォーカス速度と精度
  • 絞ると全域でシャープ
  • 日中はシャッタスピードの上限により絞り開放を使い辛い

EOS Kiss Mで導入したいレンズの一つ

アリかナシかで言えば「大いにアリ」。買わない理由が見つからない。

EOS Mのレンズラインナップを補うに余りあるパフォーマンスを発揮してくれるはず。現状でEF-M50mmが存在しないためマウントアダプターを導入してでも買っておく価値はあります。

フルサイズ対応一眼レフ用レンズなので、EOS 6Dなど一眼レフカメラにも使えたり、専用アダプター経由でソニーEマウントカメラでも動作したり(非公式)と幅広く使うことが可能です。

光学性能は「絞り開放からシャープなレンズ」と言う訳ではありませんが、絞ることで十分シャープな描写のレンズです。

購入早見表

EOS Kiss M

ブラック ボディ 楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
ズームキット 楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
高倍率キット 楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
ダブルレンズ 楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
Wズーム 楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
ホワイト ボディ 楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
ズームキット 楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
高倍率キット 楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
ダブルレンズ 楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
Wズーム 楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo

EF50mm F1.8 STM

EF50mm F1.8 STM 楽天市場 Amazon キタムラ
Yahoo

サイト案内情報

EOS Kiss M関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canon, Canonレンズ, Canon標準レンズ, EOS Kiss M, EOS ミラーレス一眼, カメラ, デジタルカメラ総合, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー